Amazon販売

無在庫転売で簡単に稼げる方法はないんですか?

無在庫転売で簡単に稼げる方法はないんですか?

こんにちは、寺田です。

520日(日)名古屋で開催する

AmazonOEM1dayコンプリートセミナーですが、

まだ、若干の空きがあります。

今すぐセミナーに申し込む

さて、

僕は、現在、中国輸入をベースとしたOEM/ODM

を中心にネット物販をやっていますが、

こうして情報を発信していると、

「無在庫転売で簡単に稼げる方法はないんですか?」

ということを聞かれます。

おそらく、聞くのは忍びないけれども、

心のどこかであなたも1度は思った経験があるかもしれません。

結論から言うと、

「一瞬で良ければ稼げます。」

ただ、本当に一瞬ですので、

「無在庫転売で脱サラして自由を手に入れる!」

なんてのは不可能です。

「無在庫転売で自由を手に入れたブログ!」

みたいな情報を発信している人も結構いますが、

1年くらいで消えるか、

本人は無在庫転売で現在は稼いでないというのがおおよその実態です。

実は無在庫転売には、「賞味期限」があります。

この賞味期限とは具体的には、

そのプラットフォームが導入期であって、

プラットフォーム側の運営体制が整っていない時期、かつ、

一定数のアクティブユーザーがいる時期です。

この時期はプラットフォーム側の運営管理体制が

整っていないので、基本的には大量出品が可能です。

ですので、AmazonASINを大量に引っこ抜いて、

ASINから商品情報を取得し、

それをそのプラットフォームに合うように加工して、

1.4倍程度の価格を乗せて大量出品すれば、

一定数の割合で売れていきます。

2015年、2016年僕がメルカリの無在庫で

月商1000万円を達成した方法も基本的にはこのやり方です。

ですが、

最初にお話したように

「無在庫転売」には賞味期限があります。

だんだんとそのプラットフォームに参入者が増え、

商品競争力、価格競争力のない商品(正確には商品ページ)は、

淘汰されて、売れなくなっていきます。

さらに、プラットフォームが成長期、成熟期になると

規制を強化し始めます。

具体的には、

今の日本のAmazonのように、

出品商品点数を制限したり、セラーアカウント作成を複雑にしたり、

特定のブランドの出品制限をかけたり、、、

といったことです。

これによって、

せどらーや無在庫転売者が排除されていきます。

したがって、その頃になると、

OEM/ODMなどで戦略的にリサーチして販売された商品、

単純に横流しの転売のように利益を乗せて販売するのではなく、

それなりのロットを仕入れ1商品あたりのコストを

抑えたプライベートブランド商品か、

すでに、実店舗でも人気のある商品のいずれかしか、

そのプラットフォームでは売れなくなります。

しかもそれは、

出品商品点数を制限したり、セラーアカウント作成を複雑にしたり、

特定のブランドの出品制限をかけたり、、、という制限付きで。

つまり、この段階になるとほぼほぼ無在庫転売で

稼ぐことは困難で、

結局、商品力のある商品をOEM/ODMで市場で販売できる力、

1つの商品を大量に販売するプライベートブランド販売の力が

求められます。

逆に、仕入れの根本を握り、

市場のニーズをリサーチしてそのニーズに応える商品を販売できる

OEM/ODMの力、

1つの商品を大量販売できるプライベートブランド販売の力が

ある人はどのような状況になっても、

どのプラットフォームにいっても稼ぎ続けることができます。

つまり、3年、5年、10年あなたが稼ぎ続けたいと

思うのであれば、

OEM/ODMの力、プライベートブランド販売の力が

必ず必要なわけです。

仕入れの根本を握ることができれば、

ですので、今現在、あなたがもしOEM/ODM

プライベートブランド販売を実践している、もしくは、

興味があるのであれば、センスがいい方だと思います。

ほとんどの人は、

「賞味期限」のある目先の利益に飛びついて路頭に迷うなか、

あなたは正しい情報にたどり着く力があります。

だからこそ、僕はそんなあなたと真剣に向き合い、

より良いコンテンツ、より役立つ情報を

これからも提供していきたいと思います。

URL
TBURL

コメントを残す

*

Facebookでコメントする

Return Top