Amazon販売

Amazon独占販売特別講座第一回:なぜ中国輸入Amazon販売をはじめるべきなのか?

Amazon独占販売特別講座第一回:なぜ中国輸入Amazon販売をはじめるべきなのか?

今回から全4回に渡って、Amazon独占販売特別講座を開始します。

この講座では、あなたがゼロの状態、あるいは、フリマアプリ転売までしかやったことがなかったとしても中国輸入Amazon販売をスタートさせ、かつ、OEM、ODM販売まで実践してもらうための講座になります。

この全4回の特別講座を受講していただくことによって、Amazon販売未経験、中国輸入未経験者であったとしても、どのように実践をすすめればいいか?ということがわかります。

そして、もしあなたがしっかりと実践してくれれば、すでに中国輸入ビジネスを実践している、あるいは、未経験であったとしても、寺田式転売スクールの内容をしっかりと学習しているということであれば、3ヶ月後に30万円、半年後に100万円を稼ぐことは難しいことではありません。

大げさな目標値ではなく、妥当な数字でこれくらい結果を出すことができます。

ですので、本日からAmazon独占販売特別講座をスタートしますが、僕のこの講座にしっかりとついてきて全4回、学習を進めてもらえれば、必ず稼がせることができますので、僕についてきてくださいね。

では、早速第1回目の受講をスタートします。

空前絶後の特別講座がスタート!第1回:なぜ中国輸入Amazon販売をはじめるべきなのか? 

LINEであなたの実践をサポートします。

今回の特別講座にあたって、あなたの実践をLINEで無料サポートしていきます。もし中国輸入Amazon販売で疑問点、不明点がありましたら、このLINEで質問をしていただけたら、原則24時間以内に返信して、あなたが稼いでもらえるよう僕自身も最大限の努力をしていきます。

ですので、いますぐLINEに登録して、僕とともに、実践を進めていきましょう。

友だち追加

中国輸入Amazon販売は稼げない。だからメルカリをはじめたのに!

多くの中国輸入ビジネスをはじめたばかりの人は次々にこの言葉を口にします。

Amazonでは価格競争が激しすぎて、すぐに値崩れしてしまう。だから、中国輸入Amazon販売は稼げない

だからこそ、新規出品でオリジナルページを作ったはいいが、全く売れず、FBA倉庫に在庫を抱えたままなんです。

 

と多くの中国輸入ビジネスに取り組む人からお声をいただきました。「簡単そうに思ったから」、「自分にもできると思ったからはじめたのに。」実はそんな簡単なビジネスじゃないという現実に苛まれ、「できることならやめてしまいたい」と思っている方もいるかもしれません。

初心者さんにとっては競争の激しく、弱肉強食の世界なのか?と恐怖を抱くかもしれませんね。

ですが、安心してください。

中国輸入Amazon販売を過度に恐る必要はありません。

僕がこの特別講座で紹介する手法というのは、

  • 1:やることが決まっている
  • 2:誰でも直感的なパソコン作業だけで実践できる
  • 3:ほんのちょっとの工夫とある「ドーピング」をするだけで

ほぼ確実にあなたがAmazonで新規出品した商品が売れて、

5割程度(しっかりと狙えば百発百中も可能)の確率でヒット商品になり、

2割程度(しっかりと狙えば百発百中も可能)の確率で大ヒット商品になり、

1商品だけで月商1000万円(利益30%から70%確保すること)が可能な手法が僕がこれからあなたに提供するAmazon独占販売なんです。

つまり、「みんなが稼げない」と思って投げ売りしているところに大金脈があり、他のひとは不良在庫を抱えたりするかもしれませんが、

あなたは「売れすぎて困るほど、売れてしまい、逆に在庫がきちんと補充できるのか?」と心配になるくらい売れてしまいます。

だから、あなたは売れない恐怖、在庫を抱える恐怖は一切取り払われ、嬉しい悲鳴をあなたは上げ続けることになることでしょう。

次回、重大発表があります。

このようにあなたが今まで見たことも経験したこともないような中国輸入Amazon販売の手法をお伝えするのが今回の特別講座ですが、次回あなたへ重大発表があります。

「寺田さん、重大発表といいながら、また大したことないんでしょ!?」

とたかをくくっているかもしれませんが、別に構いません。

そういう人をも、思わず飛びついてしまうような重大な発表をさせていただきます。ですので、次回第二回目は必ず視聴することを強くお勧めします。

では、また次回あなたとお会いできることを楽しみにしています。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top