Amazon販売

Amazonで自己発送を行う際の梱包・発送方法

Amazonで自己発送を行う際の梱包・発送方法

Amazonで自己発送の商品が売れた時の、梱包、そして発送の対応の仕方についてご説明していきたいと思います。

 

実際に、●のボリュームセーターが自己発送の方で売れていましたということで、こちらの画面の方で、商品の注文管理画面の方から、このように未出荷の画面が出てきます。

そして、未出荷で、このボリュームセーターの方が、実際に、売れていますということで、「納品書の印刷」というボタンを押すと、この商品の納品書を印刷することができます。

この様に、納品書が印刷されましたという形です。

こちらの上の方の、お客様の住所の方はそのまま切り離していただいて、下の分だけ、この部分だけを、袋の中に納品書として入れていただくという形です。

自己発送の場合、梱包の仕方はなんでもいいんです。

僕は、このように、非常に丈夫で、中身が見えないこういった袋を使っています。

URL関しては、こちらに載せておきますので、

こちらからご覧いただければと思います。

こういった袋を使うと、アパレルや、いろんな商品を梱包することができます。

もちろん、透明のOPP袋っていうのを使っていただいても結構です。

商品を袋に入れて、納品書の方を入れていきます。このように梱包します。

そして、お客さんの住所に関しては、ゆうメールであれば、ゆうメールのラベルにお客さんの住所を記載する。もしくは、パソコンで印刷して貼りつける。

他の運送会社をご契約の場合は、ヤマト運輸、佐川急便、それぞれの配送方法にしたがってください。

こういった厚みであれば、クイックポストでいけたりしますし、商品によっては段ボール、こういった箱を使って納品したりすることも発生しますので、それぞれの配送業者に合わてください。

 

また、動画ではお伝えしていませんが、出荷後は必ず発送通知ボタンを押してください。

集荷に関しては、発送業者によっては集荷に来てくれますので、お近くの配送業者の方に問い合わせいただけたらと思います。

以上が、自己発送のやり方になります。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top