fbpx

Amazon販売

アマゾンスポンサープロダクト広告を極める!商品ターゲティング広告について徹底解説

アマゾンスポンサープロダクト広告を極める!商品ターゲティング広告について徹底解説

こんにちは、寺田です。

アマゾンで商品を探していると

『スポンサープロダクト』という記載が

あることはご存知でしょうか?

おそらく、

アマゾンで欲しい商品を検索すると

1番上に広告で表示されている商品ページが

いくつか出てくると思うのですが、

それがまさに『スポンサープロダクト』という

アマゾン内の広告になります。

買う側の立場の場合はなんとなく

表示されているので、

あまり気にしないかもしれませんが、

これからアマゾンで売る側になったとき

このスポンサープロダクトを上手に活用できるか?

という点も1つの重要なポイントになってきます。

これまで僕の『寺田式転売スクール』では、

アマゾンのスポンサープロダクトについて

複数回に渡って基礎から応用までお届け

してまいりました。

▼動画の再生リストを確認する▼

 

こちらの動画(再生リスト)をご覧いただくことで、

物販専門の広告代理店の従業員レベルくらいまで

スポンサープロダクトを使えるようになります。

(なかには、難しい部分も含まれていますので、

まだ販売の目処が立っていない方はざっくりと

概要を掴んで頂ければ問題ございません)

そして、今回あなたにお届けさせていただく内容は、

このアマゾンスポンサープロダクトの機能である

『商品ターゲティング』広告についてお届けさせていただきます。

▼商品ターゲティング広告について徹底解説▼

最近アマゾンの商品ページの下に関連する他の商品が

表示されています。

この部分がスポンサープロダクトの商品ターゲティング広告で

表示される部分です。

この機能を使いこなすことによって、ライバル商品の商品ページを

指定して広告を打っていくことができますので、

ライバル商品よりも差別化されているのであれば、

じわじわとライバルのパイを奪っていくことができるようになります。

つまり、あなたが差別化をしっかりと行った商品を

市場に投入できたならば、より確実に勝てる状態を作れるということです。

ですので、

これからアマゾンで販売を加速させていこうとするあなたにとって

使いこなせるようになることで1つの武器となる広告ですので、

最後までご覧いただき、広告手段の1つとして検討してみてくださいね!

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top