fbpx

Amazon販売

AmazonSEO 商品ページのクリック率(CTR)とユニットセッション率を向上させて売上をUPさせるための8つのポイント

AmazonSEO 商品ページのクリック率(CTR)とユニットセッション率を向上させて売上をUPさせるための8つのポイント

今回のテーマは「AmazonSEO 商品ページのクリック率(CTR)とユニットセッション率を向上させて売上をUPさせるための8つのポイント」についてです。

AmazonSEOとして商品ページの「クリック率(CTR)」と「ユニットセッション率(販売率・転換率)」の2つを上げることが重要で、ここで商品の売上がUPしていきます。

初心者の方が「AmazonSEO 8つのポイント」を学ぶことによって、商品の売上を最大限に上げる方法が分かりますので、ぜひ活用して頂ければと思います。

動画での解説講義

ポイント①:タイトルのつけ方に関する規約を守ること

まず「タイトルのつけ方に関する規約を守ること」についてですが、Amazonのタイトルはとても重要で、AmazonSEOに特に左右される部分となります。

AmazonSEOでは「タイトルに入っているキーワード」がかなり重要で、特に「左に入っているキーワード」が重要視されています。

タイトルの最初に「ブランド名」を入れていくのですが、その次に「重要なキーワード」を入れていくという流れです。

タイトルのつけ方に関する規約を守る
  • タイトルは原則50字以内
  • スペースは半角スペースのみ利用できる
  • 英数字、ハイフンは半角での入力(半角カタカナは利用不可)
  • セール、OFF率、激安、送料無料、限定予約、入荷日などの文言は不可
  • タイトルの構成「ブランド名+キーワード+商品の仕様」

Amzonタイトルは50文字以上入れられますが、AmazonSEO的には50文字以上は良くないので、「原則50文字以内」を基本として下さい。

また、スペースでは必ず「半角スペース」を使い、英数字やハイフンも全角ではなく「半角での入力」が必要です。(半角カタカナは不可)

あとは”使ってはいけないキーワード”として「セール」「〇〇%OFF」などの煽るような文言は禁止になっていますので、タイトルに入れないようにしましょう。

そして、タイトルの構成ですがプライベート商品の場合、ブランド名が最初に来て、「財布 メンズ」とキーワードを入れていきます。

最後に「財布 メンズ 本皮」「財布 メンズ ブラック」などの商品の仕様まで記載して、全体のキーワードを50文字以内にすることが大切です。

狙ったキーワードだけを入れるようにして、あれもこれもとキーワードを入れすぎてしまうと“AmazonSEO的に良くない状態”となるのでご注意下さい。

上記の画像ような形で「ブランド名」「キーワード」「仕様」と設定すると非常に綺麗になりますので、こちらの画像のタイトルを参考にして頂ければと思います。

ポイント②:タイトルに売れるキーワードを入れること

次に「タイトルに売れるキーワードを入れること」についての解説ですが、タイトルは「ブランド名」「商品名」「キーワード」が基本です。

商品名の部分は「財布 メンズ」という形になりますが、自分が1番に狙うキーワードを入れるようにしましょう。

つまり、AmazonSEOで上げたいキーワードの組み合わせのものを必ず最初に持ってくるということです。

この「タイトルに入れるキーワードの見つけ方」については、以下のコンテンツで解説をしておりますので、ぜひ合わせてご覧下さい。

ポイント③:検索されにくいキーワードは外す

次に「検索されにくいキーワードは外す」についてですが、例えば「サンダル クロックス」という商品があったとします。

ですが、ここで「エクスペディションシューズ」という商品名をタイトルに入れると“検索する人が全くいない”という状態”になります。

特にアパレル分野では”独特な商品名”が見つかることが多く、流行っているかどうかが分からない商品名がいくつか出てきたりします。

ここで一般的な「よく検索されるキーワード」に置き換えていくことが大切で、例えば「ボトルホルダー 水筒カバー」を”マグボトル用アクセサリー”などと表現してはいけません。

意味は理解できますが、「果たしてそのキーワードでどれだけの人が検索するのか?」という所がポイントです。

そもそも検索されないと「AmazonSEOで上位表示されない」という自体に陥るので、一般的に検索されにくいキーワードというのは避けるようにしましょう。

商品の外観を表すキーワード「財布 メンズ 本皮」など少し抽象度が高くなりますが、一般的に使われるキーワードを選び、あまり浸透していないキーワードは使わないようにして下さい。

よくある質問
Q:タイトルに入れるオススメのキーワード数はいくつか?

タイトルは「50文字以内」と入れられるキーワード数は限られてきますが、「2~7単語」(平均4~5単語)が多いです。

タイトルに入れるキーワード数に悩まれている方は1つの参考にしてみて下さい。

ポイント④:相場から逸脱した価格にしない

次のポイントは「相場から逸脱した価格にしない」という部分の解説になります。

例えば「トレーニングパンツ 5枚セット」となった場合、相場価格は「1800円~2750円」という価格帯になっています。

仮に「1000円以下」や「4000円以上」など価格が大きく異なる場合は、何か仕様が違う可能性が高いです。

ここで「トレーニングパンツ 10枚セット」が4000円であれば普通なのですが、同じ5枚組で相場が「1800円~2750円」という中で4000円で売るのは良くないです。

AmazonSEO的にも販売件数が伸びずに「売れない」という形になりますので、1000円など安すぎる場合も「大丈夫か?」とユーザーに思われてしまい利益が取れません。

ですので、相場の価格帯を外さないように「相場から逸脱した価格にしない」という部分を覚えておいて下さい。

ポイント⑤:1枚目画像の余白を減らす

次に「1枚目画像の余白を減らす」という部分ですが、まずはAmazonSEOで「クリック率」を上げていきたいです。

ですので、“クリックしたくなるような画像”をしっかりと提供していく必要があります。

例えば、こちらのリングのネックレスがありますが、この画像だと商品部分が小さくて見えません。

スマホでチェックする方が多いので、「商品がよく見えないな…」となってしまいます。

ですので、見せたい商品部分を拡大した状態にして、余白を減らしてリング部分を拡大した写真を掲載しましょう。

チェーン部分を見たい方は中々いないはずなので、デザインが分かる本体部分を拡大して写すことによってクリック率が上がります。

ポイント⑥:クーポンを活用する

ポイントの6つ目は「クーポンを活用する」となりますが、クーポンを付けることで”緑の帯”(クーポンバッジ)が出現します。

クーポンバッジは非常に目立つので、クリック率が向上するメリットがあります。

Amazon割引クーポンについては以下の動画で設定方法を解説していますので、クーポンを付ける場合はこちらの動画をチェックしてみて下さい。

ポイント⑦:タイムセールを活用する

ポイント7つ目は「タイムセールを活用する」という話をしていきます。

タイムセールは一時的に安くなり、「特集ページ」に組まれたりしますので、アクセスを呼びやすくなるという特徴があります。

タイムセールの場合は赤の帯(タイムセールバッチ)というものが付きますので、より「アクセス」「クリック率」「成約率」アップに繋がります。

画像のような「タイムセールページ」にも商品が表示されますので、特設ページからのアクセス、クリック率も見込めます。

タイムセールの設定方法に関しては、以下のコンテンツで解説しておりますので、こちらもぜひ参考にしてみて下さい。

ポイント⑧:Amazon’s Choiceを使う

ここでは「Amazon’s Choice」というポイントの解説をしていきます。

あくまでライバルとの兼ね合いになってきますが、「Amazon’s Choice」の帯が付くと、売れやすくなるのは間違いありません。

このバッジが付くと他社商品と比較して「転換率が高く、購入件数が高い商品」という証になりますので、より商品が売れやすくなります。

「Amazon’s Choice」の詳しい解説については以下の動画で解説していますので、ぜひこちらも参考にしてみて下さい。

まとめ

  • 規約に沿ってタイトルをつける
  • タイトルに売れるキーワードを入れる
  • 検索されにくいキーワードを外す
  • 相場から逸脱した価格にしない
  • 1枚目画像の余白を減らす
  • クーポン/タイムセールを活用する
  • Amazon’s Choiceを狙う

今回は「AmazonSEO 商品ページのクリック率(CTR)とユニットセッション率を向上させて売上をUPさせるための8つのポイント」をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

これらAmazonSEO8つのポイントを抑えている実績者の方は、非常にたくさんの収入を得ていますし、多数の実績者の輩出にも成功しています。

ですので、よりプラスであなたの売上と利益を伸ばすため、販売を伸ばしていくためにも「AmazonSEO 8つのポイント」を活用してみて下さい。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top