Amazon販売

商標権は取るべき!? 商標権取得3つのメリット

商標権は取るべき!? 商標権取得3つのメリット

今回は商標権を取得するべき3つのメリッについてご紹介いたします。

プライベートブランド販売をやっていくにあたって商標って必要なんですか?
とよく質問をいただきます。

これは必要です。
マストで取得してください。

なぜ必要なのか?商標を取ることでどんなメリットがあるのかをお伝えします。

商標権とは?

”商標権とは、商品又はサービスについて使用する商標に対して与えられる独占排他権で、その効力は同一の商標・指定商品等だけでなく、類似する範囲にも及びます。
商標として保護されるのは、文字、図形、記号の他、立体的形状や音等も含まれます。”
引用元:https://www.jpaa.or.jp/intellectual-property/trademark/

例えば、ナイキやユニクロなどのブランド名やサービス名がありますが、勝手に誰にでも使われないようにするために商標権を取得します。

お惣菜に”NIKE”なんて書かれてあったらブランドイメージ壊れますよね(笑)

私たちはAmazonで販売する際に「自分のブランドを守るための権利
勝手に他人にブランド名を使わせないようにするために商標権を取得します。

数年前まではAmazon販売において商標権は必要ありませんでしたが、
相乗りセラーの増加
自社ブランド化
によってAmazonも商標権取得を推奨しています。

Amazonブランド登録も商標権の取得が必須になっています。

Amazonのブランド登録についてはこちらの動画をご覧ください。

商標権を取得する3つのメリット

1.ブランド登録が可能になる

現在Amazonで自分のブランドで販売しようとするとAmazonブランド登録が必要になってきます。

Amazonブランド登録をすることで使える機能がいくつかあります。

  • スポンサーブランド広告が使えるようになります。

また、

  • 商品ページにビデオ掲載することも可能です。

他にも

  • 自分のショップのページ、ストアページを作ることができます。

  • Amazon Vineと呼ばれるレビュー獲得プログラムも利用できます。

このような利点が多くODM/OEM販売をするのであればマストになってきます。

2.相乗りセラーの排除できる

商標権を取得していれば、自分の商品ページに相乗りされても簡単に排除することができます。

それは相手が知的財産の侵害となるため、違反行為となります。

排除方法はいくつかありますが、テクニカルサポートに連絡するのが無難な方法です。

3.プライベートブランド化できる

商標権を取得することによって自分のブランドが法律で守られます。

プライベートブランドとして認知され、OEM/ODM商品を販売しているブランドとなりブランドの確立ができます。

プライベートブランドの例でいくとAnkerがあります。

数年前は小さなブランドでしたがここ最近で有名になったブランドです。
最近ではコンビニにも卸しています。

では、もし自分が商標権の侵害をしてしまったらどうなるのでしょうか?

商標権侵害のケース

  • 相乗りで販売
  • 他ブランドに酷似したロゴの商品
  • 他ブランド名とスペルが酷似 など

侵害した場合
10年以下の懲役
又は、1,000万円以下の罰金が課せられます。

自分のプライベートブランドを販売していれば何の問題もありません。

なのでAmazonもプライベートブランド販売を推奨しています。

今後はもっとPB販売が主流になるのではと思っています。

今までの

  • 単純転売
  • 相乗り販売
  • 大量出品

はAmazonの今後の方向性とはそぐわない稼ぎ方と言えます。

Amazonの向いているベクトルに合わせていくことがこれから稼いでいく上で重要です。
プライベートブランド販売で自分のブランドで販売していくことが求められます。
販売する際は商標権の取得を忘れずに行ってください。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top