OEM・ODM戦略

残念ですが、ODM/OEMって自助努力じゃ稼げないですよ。

残念ですが、ODM/OEMって自助努力じゃ稼げないですよ。

寺田です。

突然ですが、

”ODM/OEM販売って難しいと思いますか?”

どうですかね?
ほとんどの人は”YES”って答えるでしょう。

自分では気づかなかったのですが、
最近こんな相談がきました。

「寺田さん、商品ページ作って販売してるのですが、
全然売れません。アドバイスいただけませんか?」

というわけで、
商品ページを拝見したのですが、、、

残念すぎるぐらいお粗末なページでして、
そもそも検索してもヒットすらしない。

いやー、そんなんで売れるわけないよね!と。

実店舗でいうと、
新商品の洋服をレジ裏に陳列してるぐらいのレベルです。

そりゃ誰も気づかねーw

申し訳ありませんが、
今のAmazonビジネスにおいて、
ただ出品しただけでは売れませんから。

出品したら売れるなんて5年ぐらい前の話ですよ。

商品ページを売れるようにするにはテクニックとノウハウが必要です。
いや、むしろ”情報”ですね。

はっきり申し上げますと、
自助努力ではもはや不可能です。
自分で身につけるのにかなりつぎ込まないと無理ですね。

だから、普通にやっては難しいわけですよ。
気合いでどうにかできるレベルでもなくなってきてるわけです。

ODM/OEM販売で必要な力として
大きなウェイトを占めるのが、

・リサーチ力
・販売力

この2つです。

その中でも、特に販売力。

売れる商品を見つけても、売る力がなければ終わりです。
逆に、この売る力を身につければ無敵。

「寺田さんってノウハウを出し惜しみなく出していて
本当にすごいです!ありがとうございます!」

と言われることも最近はございまして、
そう言っていただけて嬉しい限りなんですが、

実は重要なブラックボックスとなりうるコアの
部分は一切出しておりません。

そりゃ、誰が見てるかわからないのに出せるわけないじゃないですか。
顔が見えない人に教えるほどお人好しではないですよ。

きちんと対面で、
「やってやるぞ!」「稼いでやるぞ!」
と意気込んでる人に伝えたいと思っています。

普通にやっても稼げません。
もう一度言います。普通にやっても稼げません。

ピンときましたでしょうか?

普通じゃないことをしたら稼げるんです。
じゃあ、その普通じゃない方法とは何なのか?
どうすれば大量にモノが売れるのか?

その”秘密”はこちらに参加すれば全てわかります。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top