OEM・ODM戦略

突然襲ってくる不安の正体

こんにちは、寺田です。

せどりをされている方は、

モノレートをみてしっかりと売れる商品だと

わかって仕入れたのだけれども、

なかなか売れないために、

来月の支払いをどうしたらいいか?と頭を悩ませている

あるいは、

新規の商品を見つけるべく

ヤフオクやメルカリを血魔の子になって

探しているかもしれません。

こうした時期を僕も経験しているのでわかりますが、

「クリスマスが終わった後に突然襲ってくる不安」

というのが転売にはあります。

来年も同じようにうまくいくだろうか?

来年はあの商品がもう売れないかもしれない。。。

こんな不安が常に頭から離れず、

その不安を払拭するため、

今日も店舗に通っているかもしれません。

僕も経験したからこそ、わかるのですが、

その不安の正体を知っています。

その不安の原因は、「自分の商品」を持っていないからなんです。

これはせどりに限らず、中国輸入の相乗り販売然りですが、

他人の商品をひたすら転売している限りは

この不安は尽きません。

だからこそ、OEMODMをマスターして

自分のプライベートブランド商品を持つ必要があります。

ですが、

プライベートブランド販売をはじめようとするのは、

少々ハードルが高いように感じるかもしれません。

これは中学校まで野球しかやってこなかった男の子が

高校に入っていきなりサッカー部に入るのと同じです。

野球には、野球、サッカーにはサッカーの

身につけなければいけないスキルが違うのです。

だからハードルを感じてしまうのです。

ですが、

プライベートブランド販売を諦めるのは早計。

プライベートブランド販売に必要な能力は、

いくらでも後付けが可能ですし、

せどり、中国輸入などの転売を

一通り経験しているのであれば、基礎的な作業だったり、

物販に対するマインドセットはある程度身についているんです。

それに加えて、そのプライベートブランド商品を持つために

必要な力を身につけることこそ、

最短最速で、あなたが「脱転売」を達成して、

自由を手にする近道なんですね。

では、

これからあなたがやるべきことは何か?

どのような力を身につける必要があるのか?

あなたがプライベートブランド販売を実践するために

必要な4つの力についてこの最新の動画でお伝え

させていただきます。

今すぐ動画を視聴する

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top