中国輸入

中国輸入ビジネス:Amazonで稼げる商品をリサーチする方法!

中国輸入ビジネス:Amazonで稼げる商品をリサーチする方法!

この動画ではAmazonで販売するための売れる商品を見つけるリサーチについてお話していきます。 

実際にフリマアプリでももちろん販売するのですけれども、Amazonでも販売していった方がいいわけです。

Amazonで販売するやり方はちなみに有在庫での販売です。無在庫ではなく有在庫です。

Amazonで売れる商品を見つけてそこで今度は仕入れ先っていうのがタオバオ、アリババで見つけて実際に商品を仕入れて販売していくというやり方になります。

こういったAmazonの販売っていうのは色々やり方はあります。

相乗りとか商品の自分のページを作って販売するということです。Aという商品とBという商品を組み合わせて販売する、というやり方です。そしてOEMという自分のオリジナルの商品を販売してやっていくというこの3つのやり方があるのですけれども、

 

よくある販売の他の高額塾とかだと相乗りでどんどん販売していこう、というのがよくあります。相乗り販売っていうのは1つの売れている商品に大量に出し合うというやり方です。

 

これだとただ単にAという商品というのは誰でも見つけることができるので、要はその商品に誰でも群がって価格競争が起きます。確かに売れるスピードは速いかもしれませんが、

 

 

商品の仕入れ先をリサーチして自分の手元に届いて販売する、ってなったときには既に価格が崩壊しているという、こういった事例が多いです。

 

これは別に言わずに、相乗りでどんどん稼げますよと言っている高額塾があります。これにはちょっと騙されないようにしてほしいなと思います。

 

今、この中国輸入でのAmazon販売っていうのは自分のオリジナルページ、自分の商品ページを作って、相乗りを防いで販売していく、というやり方が非常に重要になってきますので、そのやり方をまずは実践していくということです。

 

その上で、まずはリサーチということです。それについて解説していきます。

 

Amazon販売ということなのですけれどもAmazonでも同じように売れる商品を見つけていきましょうということです。

 

自分の知識だけで見つけていくというのはどうしても困難なので、Amazonで売れているパワーセラー、そして商品のリサーチです。

 

特にAmazonの場合はフリマアプリと同じようにノーブランドっていう形で検索はしていくのですけれども、パワーセラーの見方が全然違います。

 

Amazonにパワーセラーがちゃんと居まして、そういったセラーさんが売っている商品を自分が同じようにその商品を仕入れて販売していくというこういったやり方が非常に重要になってきます。

 

同じようにリサーチの仕方はパワーセラー、既にその商品を販売しているセラーさんの商リサーチ、そして商品リサーチがあります。

 

商品リサーチっていうのは例えばトレンドの商品、例えばPPAPとかそういったこれから新しく入るワードとかが世の中にあります。

 

そういったキーワードから実際にそういった商品をリサーチするというやり方がありますが、基本的にはセラーリサーチというのをやっていくということです。

 

同じように一番最初は「ノーブランド」で検索かけていただいて、色んな商品がでてきます。色んな商品がでてきた中で次に何でもいいので商品を選びます。

 

商品を選んだらそこで販売しているセラーが見つかります。

 

このセラーが見つかったときにそのセラーがパワーセラーかどうかを見極める必要があります、ということです。

 

パワーセラーであるか?ということです。

 

このパワーセラーって今ここで言ってますけれども、パワーセラーの条件って何ですかということです。

 

パワーセラーの条件っていうのは、Amazonには評価っていうのがあってそのセラーに対する評価数の数値が高ければ高いほどそれだけ実際に商品を販売しているということなのです。

 

僕が定評している評価数は累計の評価数でとりあえず100を超えているのが1つ前提になってます。

 

100以上、そして100以上であれば全然いいです。300もあれば長い期間販売している、そのセラーが販売している商品、要はそれだけ長く販売しているということは絶対にそのセラーが販売している商品の中のどれかが売れているということじゃないですか。

 

そしてAmazonの場合だと、この評価1もらうのにどれだけ購入してもらえればいいのかというと、最低でも20個くらい売れて初めて評価1個つくという形なのです。

 

Amazonの場合って中々評価が付きにくいのに評価が100以上、300とかもしくは1000とか全然あります。評価数が1000とか居ます。

 

そういった評価数が高ければ高いほど長い期間販売していて、しかも売れている商品があるからそれだけ評価が付くということです。

 

単純に評価が100ということは累計で×20すると2000点以上は最低でも商品を販売してきたということになってきます。

 

これが1つパワーセラーの条件ということになります。ここを見ていただければなと思います。

 

このパワーセラーの商品を見つけました。パワーセラーが見つかりました。

 

このセラーが販売している商品、を実際に自分が商品Aっていうのが見つかりましたと、今度その商品を実際に仕入れの対象になった場合、これにA+Bという形で付属の商品を付けて自分のページで販売するという形になってきます。

 

このような形で商品を見つけていく流れとしては

 

「ノーブランド」でとりあえず一番最初のとっかかりとして検索してもらって、

商品を選びます。

 

セラーが見つかって、パワーセラーが販売している商品っていうのが出てきます。

 

そのパワーセラーが販売している商品が出てくる商品AとかB、Cっていっぱい出てくると思います。

 

その商品を今度更に検索をここのときにかけていただくと他の色んなセラーがまた出てくるのでそこから芋づる的にどんどん商品を広げていくことができます、ということです。

 

例えばA+Bという商品があったときにこのAがノートだったとします。このパワーセラーが販売している商品がノートだったとします。

 

このノート自体は誰でも見つけられるものだったとします。これ自分がページを作ったとしてもみんな相乗りしてくるわけです。

 

例えば自分が2000円していましたとすると、自分も同じようにページを作ってやると当然ライバルがどんどん同じ商品ということで相乗りしてくるのです。

 

そうすると、もっと自分の方が安くした方が当然売れ行きも上がるわけなのです。安くしてくる人たちが絶対にでてきます。

 

出てきたらこれが1800円とかになって利益がどんどん薄くなってきてししまって、結果的に利益が稼げなくなってしまいます。

 

このノートだけを販売していると当然相乗りされるので、Bという商品を新たにAに付け加えてセット販売していきます。

 

セットにする商品っていうのはAの商品に関連する商品、付加価値を生むような商品っていうのが非常に望ましい、ということです。

 

例えばこのBという商品がボールペンというのが付いてます、とそうすると、ノートを書くのにペンというのが必要になってきます。

 

なので、このボールペンをセットにして自分も2000円で販売したらどうですか。

 

方や、ノートだけで2000円で販売しているセラーさんと、自分は同じノートだと仮定して同じノートにボールペンも付いて2000円だとどっちの方がお得感がありますかということなのです。

 

そうすると当然こっちの方がA+Bという販売の仕方の方が当然売れますよねということなのです。

 

そうすると、Aという商品とBという商品が初めてそろってこの商品が相乗りするということができるのですけれども、Bという商品が何なのか分からなければ、正直ただのボールペンとしか書いてないのであれば相乗りのしようがないわけです。

 

もちろん写真をのっけていただいてもいいのですけれども、Bという商品を組み合わせることによって、要は相乗りするのが面倒くさくなるわけです。

 

Aという商品も探さないといけないし、Bという商品も探さないといけないということで、非常に相乗りされづらくなるので、

 

自分も価格競争なく、自分だけが独占して販売し続けられるのがこのセット販売ですので、こういった商品を見つけたらこういったAとBという風な組み合わせにして販売していくことを大前提にリサーチしていただければと思います。

 

それではAmazonの画面を使って実際にリサーチしているところを見ていきましょう。

 

実際にAmazonを使って見ていきたいと思います。

 

先程言ったように、一番最初に何も言葉が思いつかないのであれば、かつ中国輸入の商品でないといけないので、「ノーブランド」と検索していただくと、ノーブランドの、要は中国輸入の商品っていうのが見つかります、ということです。

 

こういった形で色んな商品が出てくるわけですけれども、例えばこういった商品を見たときに、何でもいいです。

 

重要なのはこれを販売しているセラーさんです。これを販売しているセラーさんはこの方です。他にも19人のセラーさんがこの商品を販売しているということです。

 

例えばこのセラーさんを見ていこうと、そのセラー名をクリックするとこのようなセラーの商品管理画面の形になります。

 

重要なのはここです。まず一番最初に見ていただきたいのは評価履歴というところです。

 

この評価履歴を見たときにこれでいくと、全評価が605です。605ということは単純にこれまでの累計で12000アイテムを販売してきたと言っても過言ではないくらい、もしくはそれ以上全然販売していると思います。っていうのが非常に重要です。

 

これで100以下であればまずそんなにセラーの歴としては浅いということなので省きます。こういったパワーセラーを中心に見ていただければと思います。

 

特にこの30日間の評価数っていうのも非常に重要で、30日間に24個ついているということになっています。30日間で24個ついたということは単純に、24×20なので約500アイテム販売しているということです。

 

500アイテム販売していて、かつ販売している商品の売値の相場が分かれば、だいたい1000円くらいだったとして、そうすると1000×500という形です。約500万くらいの売り上げがあるっていうのがなんとなく予想できるということです。

 

例えばこうやって販売しているパワーセラーさんということで、特にセラーページの中で、1ページ目に出ている商品は非常によく売れている商品になってきます。

 

後ろに行けば行くほどあまり売れてない商品になってきます。

 

なので、7ページありますけれども、まずこの1ページ目にある商品というのが販売しているセラーさんの主力商品になってきます、ということです。

 

ここで販売している商品の中で、なるべく単価が高いやつから扱っていけばいいかなとおもいますので、例えばこういった分かりやすいので、これで調べようかなと思いますけれども、これでいくとカオナシの商品ということです。

 

例えば1つ見つければ「カオナシ コスプレ」と検索していただくと、このようなカオナシのコスプレが他にもいっぱい出てきますということです。

 

他のセラーはこれを見る限りではあまり何も付けてない人の方が多いように思います。要はこのカオナシのコスプレという商品だけ、Aという商品だけでしか販売していないので、当然こうなると相乗りが発生してくるということです。

 

このカオナシのコスプレに対してこのまま販売しても相乗りされてしまうわけなので、カオナシのコスプレに例えば何かを付け加えると、例えば先程見た中でいくと、この商品です。

 

カオナシにベネチアマスクが付いているというものです。これでいくとカオナシのコスプレにベネチアマスクが付いてないとこのセラーには、要はこの販売ページには相乗りできないということです。

 

結果的に見ると、ベネチアマスク付きのコスプレを販売しているセラーっていうのは一人だけになってきます。相乗りはされていないということになってきます。

 

これでいくと3680円でコンスタントに売れているというのが分かります、ということです。

 

これでいくと、まだこの商品が売れているのかいまいち分からないと思いますけれども、まずはこのカオナシの商品とベネチアマスクが付いてないと販売できないよ、という部分で相乗りを防止していく、ということです。

 

なぜコンスタントに売れているのかというところなのですけれども、これでいくとモノレートっていうのを見ていきます。

 

ここで、Googleの拡張機能でキーパっていうのがありますので、キーパっていうのを入れていただくと、商品ページの画面でこういったグラフを見ることができます。

 

キーパに関してはまた別の動画を見ていただければと思います。

 

まず、この商品ページの例えば見ると、モノレートっていうのを見ていきます、ということです。

 

モノレートを見ていくと非常にこういったグラフの波形が現れます。

 

これでいくとランキングが上位になってくるのですけれども、おもちゃとかだと3万位以内であればコンスタントに1か月で5~10個売れています。

 

今はちょっと時期がずれているので6万位とかですが、現時点でのランキングを見ても仕方がないのです。

 

これでいくと、今でいくと6万位くらいになってましたが、モノレートとかの実際に波形を見ると平均で3万5000位なので年間を通してでいくと、コンスタントに5~10個売れているのかなと予測ができます、ということです。

 

そして一人だけで販売しているということなので、商品として扱う分には十分かと思います。

 

こういった形で本来であればこういうものだと非常に相乗りされてしまうのですけれども、こういったカオナシで相乗りしてしまってここで販売してしまうと利益が出ないのかなと思います。

 

どこよりも安いので販売してもあまり意味がないということです。やっぱり相乗りされずに販売していくには自分のページを作る、こういったのが非常に重要なわけです。

 

自分だけしか販売できないとなると売値を落とすことなく、コンスタントに売り上げを作っていくことができます。

 

ということですで、ぜひAという商品を見つけたら+Bという商品、

 

このBという商品は相乗り防止のため、かつその商品となるべく関連性のあるものっていうのが非常に望ましいですので、こういった形でAmazonの売れる商品のリサーチをしていただければと思います。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top