fbpx

中国輸入

Amazon新規出品5665エラー解決最新傾向と解決策!

Amazon新規出品5665エラー解決最新傾向と解決策!

今回のテーマは「Amazon新規出品5665エラー解決最新傾向と解決策!」についての解説です。

カタログ作成において「5665エラー」というものがあり、カタログを作る際にブランド名を入れると”エラー表示”をしてカタログが作成できないというお悩みを持つ方がおられます。

ですので、今回は5665エラーの最新部分、そしてその対応策といった所について詳しく解説をしますので、ぜひ最後までご覧頂ければと思います。

動画での解説講義

よくある質問

まず「よくある質問」として、以下のような質問を受けることがあります。

Q.Amazonではブランド登録しないと販売することが出来ないのですか?

質問1つ目は「Amazonではブランド登録しないと販売することが出来ないのですか?」という質問をよく頂きます。

Amazonにおいて、「商品のブランド名などを先に登録しないと自分の商品ページを作成・販売できない」と勘違いされがちですが、そんなことはありません。

A.「Amazonブランド登録をしなくても問題なく販売が可能」

Amazonブランド登録をしなくても、自分のブランドを勝手に作成・販売することは可能です。

「ブランド登録なしでも販売できるか?」に関しましては、以下の動画で詳しく解説をしておりますので、こちらをご参考にされて下さい。

Amazonブランド登録をする前とした後の違いと共通点

次に「Amazonブランド登録をする前とした後の違いと共通点」について解説をしていきます。

ここではブランド登録する前と後で何が変わるのか、「何ができて、何ができないのか?」という所をご説明します。

まず「カタログ作成でブランド名を入力する必要があるのか」についてですが、これはブランド登録する前と後どちらでも必要です。

またブランド登録をしている場合、「ブランド名が入った紙タグやパッケージは必要か」についてもどちらも必要となります。

「商標が必須か」については商標はなくても販売することは可能ですが、ブランド登録をするには商標が必須となります。

そして、ブランド登録という所ができますと、「ブランドストア作成」「Amazonブランド広告」「Amazon Vine」などが使えるようになるメリットがあります。

5665エラーはいつ表示されるのか?

次に「5665エラーはいつ表示されるのか?」についてですが、「Amazonの商品ページ作成時にブランド名を入力したタイミング」で起きます。

どのようなエラーがでるか?

「どのようなエラーがでるか?」に関しては、上記の画像のようなエラーが出てきます。

データを入力するとこのようなエラー表記が出る場合があり、実はすでに5665エラーについて解説している動画コンテンツがあります。

ですので、もし5665エラーが発生した場合は、以下の動画をご参照下さい。

解除手順

①テクニカルサポートへ
エラー内容を伝える

②ブランド名と商品画像を送付

【ポイント】商品またはパッケージに「恒久的な状態」で印字

5665エラーの解除手順としましては、まず1つ目に「テクニカルサポートへエラー内容を伝える」、2つ目に「ブランド名と商品画像を送付する」となります。

ここでのポイントですが、商品またはパッケージに「恒久的な状態(ずっと続く状態)で印字をしておく」という所です。(「断定的に」の反対の意味)

つまり、自分のブランドがシールなどで剥がれるようなものではなく、「印字」などで擦ってもブランド名が消えることがない状態にしておく必要があるとAmazonの規約にあります。

5665エラーを解除する商品画像の詳細手順
  • 商品とパッケージの画像で、いずれかにブランドマークが表示されているもの
  • 画像は、手に持ったり、テーブルに置いたりされた商品とパッケージを表示します
  • ブランドマークは恒久的に貼付される必要があります

次に「5665エラーを解除する商品画像の詳細手順」ですが、上記のものがAmazonで5665エラーの際に「画像を送る時にポイントとなる情報」です。

ここでタグに関するご紹介ですが、「紙タグはアパレルの洋服を買った時に付いてくるタグのことです。

後は洋服の首の所についている「布タグ」などがあります。

他にもこういった商品自体に「刻印」されているもの、「印字」されているものもあります。

あとは商品自体ではなくても、パッケージの方で「袋系」「箱系」という形でブランドロゴが印字されたものがあります。

商品によって多少違いがありますが、いずれかの方法で「自分のブランドロゴ」がしっかりと商品に使われています。

そして、それが”恒久的な状態で使用されています”ということを証明しなければいけないということです。

解除の傾向
  • アパレル全般、ベビー関連の衣類→紙タグ or 布タグ
  • スポーツ用品→布タグ or 商品に印字
  • シューズ&バッグ→商品に印字 or 裏地に布タグなどにて印字

5665エラーの解除の傾向としましては、上記のような形が多いです。

  • 部品など商品に印字しづらいもの→パッケージ or OPP袋に印字

【注意】
紙タグだけでは5665エラーの
解除ができない場合がある

あと、部品など商品自体に印字しづらいものは「パッケージ(箱)」「OPP袋」などにブランドロゴを印字するということになります。

注意点としまして、「紙タグだけでは5665エラーが解除できない」という場合があります。

【対処方法その1】布プリントで布タグを作成しサンプル商品に縫い付け or アイロンプリントをする

その場合は対処方法1つ目として「布プリント」で「布タグを作成して、サンプル商品に縫い付ける」または「アイロンプリントをする」というものがあります。

自分のブランドの解除をするためだけであり、”ブランドがエラーになっているだけ”なので、エラーを解除するための対処法としてお考え下さい。(解除されればOK)

※プリンターが自宅にない場合はコンビニのプリンターを使う

【対処方法その2】刺繍業者にオリジナル刺繍を依頼する

対処方法の2つ目ですが、「刺繍業者にオリジナル刺繍を依頼する」というやり方があります。

例えば「ワッペン」のような自分のブランドロゴが分かるものを刺繍するような形です。

【グレーな対処方法】
クラウドワークスにて画像の
デザイナーに
Photoshopで
ブランドロゴが印字されている
合成画像を作ってもらう

→本発注にて帳尻を合わせる

あとグレーな対処法としては、クラウドワークスなどに依頼をしてロゴが印字しているような状態に”合成画像”を作るということです。

実際にAmazon側には”写真を送る”ということですので安価で出来ますが、グレーではありますがこういった手法もあります。

本来であれば全ての商品に印字している必要があるのですが、元々ロゴを印字する予定でないのであれば、とりあえずサンプルの方で印字をしておく形にすることも可能です。

エラーが出るとページが作れないので、エラーを通すためにサンプルの方でして本発注の方でしないとして、何とかエラーを解除していくという形になります。

まとめ

解除は商品によって対応が異なる

  • アパレル全般、ベビー関連の衣類→紙タグ or 布タグ
  • スポーツ用品→布タグ or 商品に印字
  • シューズ&バッグ→商品に印字 or 裏地に布タグなどにて印字
  • 部品など商品に印字しづらいもの→パッケージ or OPP袋に印字

今回は「Amazon新規出品5665エラー解決最新傾向と解決策!」をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

5665エラーは1回仮に画像を送ってダメだったとしても、もう1回修正を出せば対応してもらえますし、何回もリトライできますのでご安心下さい。

最近は紙タグだけでは写真撮影の仕方などもあるかと思いますが、一発で審査が通らないことがありますので、通らなかった場合は「布プリント」などで掻い潜る形となります。

なぜこのような形になるかは分かりませんが、ちゃんとクリアは出来ますので、”この5665エラーを解除できない人は基本的にいない”と覚えておいて頂ければと思います。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top