fbpx

中国輸入

【中国輸入OEM】せどりやメルカリは経験しておいた方が良いのか?ズバリお答えします

【中国輸入OEM】せどりやメルカリは経験しておいた方が良いのか?ズバリお答えします

今回の動画では、せどり、メルカリといった転売・物販ビジネス中国輸入ビジネスを行う上で先に経験しておいた方が良いのか?

そういった疑問にお答えしていく動画になります。

実際に中国輸入物販を行う前に、せどりやメルカリといった国内の転売ビジネスを経験した方がいいのではないかという不安の声をいくつか頂きました。

そんな不安を解消できるような動画内容になっておりますので、是非最後までご覧ください。

動画での解説講義

 

【中国輸入OEM】せどりやメルカリは経験しておいた方が良い?

中国輸入OEMを実践する前にせどりを経験するべきか?

そういった疑問の声をいくつか頂きます。

この疑問に関する答えとしては、必ずしもせどりは経験する必要はない。

そういった結論になります。

せどりの経験自体は、実際に物販の流れを掴めているということになるためメリットに繋がります。

実際に経験していることは自信にも繋がるでしょう。

自信があると、ライバルが多い場合や仕入れが安定しない時でも冷静に対処しやすいので経験していることは良いことです。

問題は全くの初心者が中国輸入OEMをする前にせどりを経験するべきなのか?

それに関しての答えは必ずしも行う必要はありませんが、経験することに対してメリットとデメリットが存在します。

せどりを経験するメリット

せどりを経験するメリットとしては、転売をする上で主な販売口になるAmazon関連のシステムに詳しくなれること。

一定の金額の仕入れをしているという経験を得ることができる点です。

せどりを経験しておくデメリット

せどりを経験しておくデメリットとしては、プライベートブランドに充てる資金が減少してしまうという点です。

せどりとプライベートブランドのビジネスを同時にやれば、資金が分散されてしまうので、本当にやりたいプライベートブランドのビジネスでの活動が制限されてしまう恐れがあります。

最悪の場合せどりの仕入れに資金を使ってしまい、資金不足で身動きが取れないといったことも考えられます。

最終的な目標がプライベートブランドのビジネスであれば、必ずしも急いでやる必要性は薄いです。

また、非正規商流から仕入れをしてしまうことで、真贋調査でアカウントが傷つく恐れがあります。

非正規商流と言うのはメーカーから直接仕入れをするのではなく、トイザラスや家電量販店から仕入れをして販売することを指します。

非正規商流を続けていると、Amazonから商品が本物か偽物かを判別する真贋調査の審査がはいってしまうことも。

審査が入ると商品が止められたり、アカウント自体が停止させられることもありえます。

最悪のケースですとアカウントの削除まで行われてしまうことも。

今は以前のようにアカウントの大量作成が難しく、本人確認もビデオ面談のような物を通して行われています。

結果的にアカウントの希少性が増しているので、将来プライベートブランドの販売を考えているならアカウントを大切に運用していくことも大事な問題といえます。

また、無在庫転売を実践している方は、知的財産権の侵害などでアカウント停止のリスクが非常に高いです。

今は上手くいっている方でも、後々のことを考えるとリスクが高すぎるといったデメリットがあります。

現在せどりを実践していない人は経験しておくべきか

結論としては無理にせどりを経験しておく必要はありません。

経験を積むというメリットだけであれば、座学で仕組みを学ぶだけでも充分と言えます。

セラーセントラルの見方に関しては別動画で上げているので、そちらを参照してください。

amazonの用語についても、動画をあげているのでそちらの方を確認して貰えればと思います。

 

現在せどりを実践している方

現在何年か継続してせどりをしている方もいると思います。

いきなりやめる必要はありませんが、理想としては半年から一年ほどの期間をかけてプライベートブランド販売に移行していくことを推奨しています。

私自身が実際せどり、転売からプライベートブランドへ切り替えるときに行っていた方法です。

徐々にせどりの仕入れ量を減らしていって、その分をプライベートブランドへと充てて行くやり方で切り替えていきました。

実際にせどりからプライベートブランドの販売への移行に成功した方もたくさんいます。

実例をあげるとせどりから中国輸入にシフトして200万の売り上げを達成した古市さんという方もいます。

小島さんもせどりから、中国輸入にシフトして成功した方の一人です。

柳田さんは現在でもせどりを行っていますが、プライベートブランドの方で実績をしっかりあげた方です。

中国輸入でメルカリ転売は経験しておくべき?

中国輸入をしたいと考えている方の中には、メルカリ転売を経験しておくべきか迷っているという方もいるのではないでしょうか。

結論から申しあげると、経験しておく必要はあまりありません。

必ずするなということではないですが、大きなメリットは感じません。

メルカリ販売は単純転売のため、上限が限られておりシフトしていく必要があります。

メルカリはそもそも自分で取引をしてお客様に配送、梱包といった手間もあり忙しいです。

ですので物量を多くするとそれだけ時間を取られてしまうということになってしまいます。

メルカリ転売にかかりきりになると、新しい事業の開拓や、動画を見て学んだりといった時間がとれなくなりラットレースになってしまいます。

メルカリ転売のメリット

中国から実際に仕入れをするという、代行業者を通して仕入れをする経験を積むことが可能です。

それと実際に商品を販売するといったメリットも掴めます。

 

メルカリ転売のデメリット

あくまでも単純転売のため、商品力に限界があります。

単純に流しているだけなので、稼げる金額にも限界があります。

月商20万程度で実利益3万~5万。

大成功しても10万程度です。

仮に10万稼いだとしてもかなりの作業量になります。

販売商品が不良品であれば、利益がそのままお金になりますが仕入れをして販売の利益でメルカリで稼ごうと思うとかなり大変です。

これをやり続けると、時間の制約もありますしレバレッジが効かないというデメリットがあります。

そのため、長期的に売るにはメルカリでも他人が販売できない自分だけの商品を販売する必要があるという結論がでました。

実例を上げると今井さんご夫妻はプライベートブランドの販売をするときに、amazonで自分の商品が売れるか自信が持てませんでした。

ですので、まずは自分のメルカリ商品を販売したところ大盛況という結果になりました。

これはメルカリだから売れたわけではなく、商品そのものに力があったということです。

メルカリの場合amazonよりも始めるハードルが低いので、それで始めることができた上に売れるという自信を持ち実際にamazonで216万の売り上げを達成しました。

他にも中村さんという方もいます。

他者と差別化した商品をamazonと併用してメルカリで販売するという手法で販売していました。

メルカリの方でもバッチリ利益を上げています。

自分のオリジナル商品、替えの効かないオリジナリティの商品は力があるのでどの市場でも売れるということです。

そのため、大切なのは商品力ということになります。

ですからプライベートブランドの販売を行うというところに繋がっていきます。

メルカリについては不要品販売を経験しておけば充分ではないでしょうか?

売れるという感覚を掴むだけなら、家にある不要品を売るだけでも充分ですし、ついでに家の整理と資金を増やすことにも繋がります。

そこからお客様が欲しい商品を探すスキルを身に付けて、作成する方が将来の資産形成にもなりますのでおすすめです。

中国輸入、amazon販売の相乗り転売の経験は必要?

中国輸入でamazon販売の相乗り転売ですがこれは全く推奨しません!

相乗り販売は知的財産権の問題があるからです。

商標権の侵害も起きますし、amazonのアカウント停止に一番近い売り方な上に価格もどんどん下がるからですね。

そのため全く推奨しません。

一応メリットとしては、自社でカタログを作る必要がない。

どんどんライバルのページに相乗りするだけので、出品は楽です。

デメリットとしては、知的財産権の侵害で販売停止アカウントの閉鎖リスクが高いです。

相乗りのため販売をコントロールできないといった点もあります。

商標とられていなければいいのでは?そういった意見もあります。

それは一つの手としてはありですが、そもそも商標登録してない商品自体が少ない上に、財産権をクリアしている商品に同じような考えの方が群がってきます。

結果価格競争でどんどん値下げが起こってしまい、利益が取れない状態になってしまいます。

2021/05/10現在ではamazon市場ではデメリットがメリット大きく上回るので、全くオススメしません。

実際相乗り転売していた方もいらっしゃいましたが、中国輸入OEMへシフトして利益1000万超えた上杉さんという方もいらっしゃいます。

同じく高さんもプライベートブランドの販売へ切り替えて、成績を伸ばした人の一人です。

まとめ

結論から申し上げますと、せどり・メルカリ・相乗り転売は無理に経験する必要はありません。

ただ、すでに経験されていた場合はそれはそれで良いです。

ただ未経験の方がプライベートブランドをしたいけど、その前にワンクッション挟むべきかとなるとおススメしないということになります。

理由としては少し遠回りになってしまうので、であればメルカリで不良品販売からの中国のプライベートブランドの販売にダイレクトに進んだ方が最短最速で結果を伸ばしやすいです。

既に経験済みの方は、今から徐々にでもフェードアウトして、プライベートブランドの販売を取り入れていくという方法が良いと思います。

終わりに

今回のテーマはせどりやメルカリの相乗り転売を経験しておくかという質問に応えさせていただきました。

誰でも簡単に扱えてしまう商材は、どうしても飽和しやすい傾向があります。

そのため、次々に商品を見つけないと回転率が悪くなってしまいます。

この場合エネルギーをつかって疲れてしまい、先々の安定が見えない状態になってしまいます。

自分が働き続けなければ収入が安定せず、増えないといったことになってしまいます。

プライベートブランドの販売をとりいれることで、安定した収入と不労所得での収益化かで時間も作ることができる仕組みを同時に作成できます。

いち早くこの気付きを得ることで、是非そういった仕組みを構築する方向で進んでいけばよいのではないでしょうか。

是非次のステージに上がっていけるように頑張っていきましょう!

 

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top