fbpx

OEM・ODM戦略

Amazon SEO×SNS集客を完全攻略するための4つのステップと注意点

Amazon SEO×SNS集客を完全攻略するための4つのステップと注意点

 

今回の動画はSEO×SNS集客を完全攻略するための4つのステップと注意点をお伝えしていきます。

自分のオリジナル商品、amazonのSEOを上げていく際に最近話題であるSNSを使っての集客です。今回の動画では最新のSEOに対してSNS集客を活用していくことによって例え初心者の方でも最短最速でこの月収30万~100万円を早く突破していくための「sns集客の攻略法」という部分ついてその4つのステップと注意点ということで詳しく解説をしていきたいと思います。

動画での解説講義

 

■事前に用意するもの

①LINE公式アカウント
②facebookビジネスアカウント
③Instagramビジネスアカウント 
④クーポンキャンペーンのランディングページ(LP)

なかなかよくわからない文字・用語も多いと思うので順番に解説をしていきます。

①LINE公式アカウントの作成LINE公式アカウントとは?

⇒旧LINE@、ショップ向けのLINEアカウント

【利用料金】
⇒フリープランで良い。基本LINEってのは1対1ですが1対他という形で配信が可能なもの。LINE登録してくれたらとかっていう形で寝ている時にLINEから案内が来るみたいなものがすぐ作れます。利用料金はプランが何かありますがまずフリープランで良いです。

<LINE Business IDの作成>
1.[LINE公式アカウントの解説](無料)をクリック 
2.[未承認アカウントを開設する]をクリック
3.アカウント作成をクリック、必要事項を記入。
ログイン情報:作成したいLINEビジネスIDまたは様ご自身の個人のlineのアカウント(どちらでも良い)
アカウント名の入力:ブランド名
業種:取り扱いしている商品

②facebookのビジネスアカウントの作成

1.facebook for Businessよりfacebookページを作成
2.ページを作成をクリックfacebookページの作成画面に記入していきます。
ページ名:ブランド名 
カテゴリ:ショッピング・小売り
詳細:ショップの簡単な紹介

③Instagramのビジネスアカウント

⇒スマホでの操作が必要。スマートフォンにInstagramダウンロード。
三>「設定」>「アカウント」>「新しいプロアカウントを追加」
「カテゴリ選択」:ショッピング小売り>電話またはメール認証「Facebookとリンク」:facebookにログイン
プロフィールを入力し完了

④クーポンキャンペーンのランディングページ(LP)の作成

クーポンキャンペーンのランディングページ(LP)クーポンの配布を案内するためランディングページというものを作成していきます。
<LP作成方法> 
ペライチなどの初心者向けツールを使う(無料で利用可能)もしくはクラウドワークスや専門の業者にLPを発注する(10万円前後+サーバー代・ドメイン代)⇒初心者はペライチがおすすめ!ペライチにて、プロモーションコード(クーポン)配布をLINE公式アカウントで行う内容を記載したランディングページを制作。LINEを追加していただくとプロモーションコードなど渡しますよ、というものを作ります。

AmazonSEO×SNS集客を完全攻略するための4つのステップここから具体的な内容になっていきます。

①Amazonにてプロモーションコードの発行
②LINE公式アカウント>あいさつメッセージにてプロモーションコードの案内メッセージを作成
③ランディングページを作成
④Facebook広告をセット

①Amazonにてプロモーションコードの発行Amazonプロモーションコード発行するためのコンテンツを貼り付けておきますのでご覧ください。

②LINE公式アカウントで挨拶メッセージにてプロモーションコードの案内のメッセージを作成。
⇒LINE公式アカウント>トークルーム管理>あいさつメッセージにてAmazonのプロモーションコードを案内するメッセージを作成。
【ポイント】
プロモーションコードと共にプロモーションコードの使い方と2StepURLを送付。
■2Step URLとは?
検索キーワードを含んだURLを生成することで検索キーワードを含んだデータの状態で購入してもらうためのURL。ただただ商品ページのリンクを貼り付けておくだけではAmazonのSEO上もったいないです。キーワードをSEOであげたいのであれそのキーワードをそのURLの中にまこ混ぜ込むことによってそのリンクから購入したらそのキーワードから購入されたことになるというもが2StepURLとなります。
※amazon.comの部分をco.jpに変更。最後にこの「?openExternalBrowser=1」という文字列を付け加えることによって2StepURLができます。あるいは、外注しエクセルマクロで作って配る(要外注)

③ランディングページを作成
・初心者向け⇒ペライチで作成(オススメ)
・中級者向け⇒レンタルサーバーとドメインを契約後LPを外注
※レンタルサーバー・ドメインはエックスサーバーがおすすめ
【ポイント】
 LINE公式アカウントの友達追加のリンクを入れる⇒LINE公式アカウント>友だちを増やす>WEBサイトにボタンを設置する

④Facebook広告をセット 
⇒facebook広告ではfacebookとInstagramに同時配信することができます。facebook for Business>広告を作成をしていただく。
【ポイント】 
facebook広告配信する前に用意すべき広告画像というものがあります。
画像サイズ:1080×1080px
画像アスペクト比:1:1 
ファイルタイプ:jpgまたは.png
※初心者の方へは「ウェブサイトへのアクセスを増やす」という項目を選んでいただければと思います。
説明:画像の上の部分に入る文章
メディアを選択>事前に用意した画像を選択
見出し:広告の見出し
ボタンラベル:初心者におすすめは[申し込む]または[詳しくはこちら][登録する]のいずれかが良いと思います。

■ウェブサイトのURLペライチなどで作成したURLを掲載オーディエンス:どのような属性の人に配信をしたいか(ターゲット)を選択できる。
【ポイント】
あなたの商品の購入者層に合わせてセットする⇒Amazonや楽天のレビュー分析時に購入者層を特定する
例:ベビー用品
・女性
・年齢28歳から40歳
・地域:日本
・詳細ターゲット
 子どもがいる人>父親/母親>子どもが生まれたばかりの人(0~12ヵ月)
このようにより具体的にターゲット層は明確にしていきます。
■期間
・この広告を継続的に掲載
・この広告の掲載終了日を選択⇒期限を区切る場合は「この広告の掲載終了日を選択」>Amazonプロモーションコード有効期間を終了日に設定すると良い

■1日の予算
任意。1日最低106円から出稿が可能。
※1ヶ月の予想売り上げの1%から5%の範囲で設定すると良い

■+α
・中級者向け・ランディングページにfacebook広告のピクセルを埋め込みオーディエンスを抽出する
・LINE公式アカウントでステップ配信を組んで、他の自社商品にクロスセルを狙う
※現在はLINE公式アカウントからステップ配信機能が提供されているのでLステップは原則不要
・LINE公式アカウントにてタイムセール時などに一斉配信
・google広告
・Twitter広告も検討

よくある質問

Q:商品がまだ決まっていない段階SNS集客を実践するべきなんですか?

A:No.まずは商品開発に集中する。まずは商品開発商品が作れないというところもありますのでまずはしっかり商品を作るというところに集中していきましょう。

Q:まだ数商品しか出品していないのですがSNS集客は実施すべきですか?

A:まったくのNoではないがまずはモール内の攻略と商品ラインナップを増やすことを優先することを推奨。SNS集客とはあくまでもプラスαの要素でありますので絶対にやっていかないと取り入れていかないといけないのかっていうとそういうわけではないということです。

Q:現在amazonの販売だけなのですが楽天やヤフーショッピングを攻めるかSNS集客を頑張るか?どちらを優先すべきか?
A:横展開で売り上げを増やせるので楽天やヤフーショッピングの攻略を優先することを推奨SNSを使わなくても基本的には楽天やヤフーショッピング、アマゾンなどはそこが集計をしてくれているのでそこまで頑張らなくてもいけるというところはあります。どうしても自社ショップとかになってくるとこれが頼りになってきますがまずは楽天ヤフーショッピングの方の横展開を優先されるということで問題ないかと思います。

■まとめ

ちょっと難しいなと感じたかもしれません。なので最優先で取り入れるべきではないんですけれどもより自分の商品はいつでもブランディングをしていく、もっと世の中の人に知ってもらうためにはSNS集客というやり方もあるということです。覚えておいて損はないことではありますがまずはしっかりそのモール内でのブランディング、自分のオリジナル商品をしっかりまずは増やしていく・作っていくというところを最優先にしていただければなと思います。

 

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top