fbpx

中国輸入

売れる!Amazonの商品紹介コンテンツ作成の作り方完全解説&ポイント3選

売れる!Amazonの商品紹介コンテンツ作成の作り方完全解説&ポイント3選

今回は売れる商品紹介コンテンツの解説がテーマとなります。

商品紹介コンテンツとは、自分の商品ページをより良く見せるためのものとなっています。

ただ実際どういうコンテンツが売れるか分からない、そういった悩みを持った方に向けた内容となります。

お悩みの方は是非動画を最後までご視聴してみてください。

動画での解説講義

Amazon商品紹介コンテンツはどの部分?

実際Amazonにおける商品紹介コンテンツとはどの部分が該当するのか。

amazonの商品ページを下にスクロールしていくと、商品の説明やメーカーよりといった画像が出てくる場面があります。

下記の画像を見るとより分かりやすいのではないでしょうか。

このように、自分の商品をより良く見せる部分を指します。

ここを良く見せることで、成約率・購買率を上げるための尺をあげることができます。

商品紹介コンテンツの枠の一つをモジュールと呼びます。

モジュールは5~7個作成できるので、モジュールを組み合わせることで綺麗な商品紹介コンテンツをつくることができます。

商品紹介コンテンツと商品画像の違いとしては下記の画像内でまとめています。

商品画像では見せられないような大きい画像や、より詳細な部分を商品紹介コンテンツでは可能になります。

商品紹介コンテンツの画像の要件

実際にどんなモジュールがあるのか、画像と一緒に紹介していきたいと思います。

1枚目はブランドロゴです。

600×180サイズを挿入できます。

2021/06/18の時点ではモジュールは16種類あり、その中から自由に7種類まで選ぶことが可能です。

商品コンテンツモジュール一覧(画像サイズはピクセル)

次からは商品紹介コンテンツモジュールの一覧を紹介していきます。

1.商品の比較表

商品比較表は自分の商品を並べて、比較できるモジュールです。

クリックすれば商品に飛ぶように設定も可能です。

2,スタンダードプロダクト説明テキスト

説明分だけのシンプルなモジュールです。

画像の挿入はできないので、キーワードを文章中に盛り込みたいときに利用します。

3,テキスト付標準画像ヘッダー

ヘッダー画像という横長で一番大きいサイズで、挿入ができます。

商品画像だとこのサイズは作ることができません。

そのため、テキスト付標準画像ヘッダーを利用して商品を綺麗に見せたいときに使えます。

更に商品の説明文も付け加えることができるので、おすすめのモジュールです。

4,標準4つのイメージとテキスト象限

4つの画像を差し込めるモジュールで、1枚1枚は小さい画像を差し込むことができます。

複数の画像を差し込みできるので、バリエーションを持たせて商品のアピールが可能です。

5,標準のイメージと明るい色のテキストオーバーレイ

名前が少し分かりにくいですが、利用シーンや特徴を端的に説明するような場面で利用します。

6,標準テキスト

画像無しのテキストだけのモジュールです。

文字が中央揃えになっているので、LPっぽく文書を入れていきたいときにモジュールを組み合わせて活用します。

7,標準的な3つの画像とテキスト

画像のバリエーションが3枚あるとき。

特徴の良さを見せるときに組み合わせて活用していきます。

 

8,標準的な4つの画像とテキスト

画像的には一番多く使えるモジュールだと考えています。

細かい見せ方をしたいときに、向いているモジュールです。

9,標準的なイメージおよび暗いテキストのオーバーレイ

比較的大きい画像サイズを差し込みできるモジュールです。

レイアウトとしては5番目と同じレイアウトになっています。

活用方法としては下記の画像のような、使い方がおすすめ。

文字よりも画像を中心に見せたい時に使用していきます。

10.標準的な単一のイメージとハイライト

左に画像が挿入できて、右側に文章を入力できるタイプのモジュールです。

11,標準的な単一のイメージと使用詳細

10番とほぼ変わらないモジュールなのですが、文章入力欄に若干の違いがあります。

12,標準的な単一の右の画像

10番のモジュールと違い、右側に画像が挿入できます。

同じモジュールが違うと飽きやすいので、デザインに変化をつけたいときに利用します。

画像が1枚だけであればこのモジュールで充分といった判断が可能です。

13,標準的な単一の左の画像

12番の画像が左になったモジュールです。

14,標準的な単一画像・サイドバー

画像と箇条書きでテキストを打ち込める場所があるのが特徴のモジュールです。

あまり使用している場面を見たことがない。

珍しいモジュールになります。

15,スタンダードマルチイメージモジュールA

こちらカーソルを合わせると商品の色が変わるモジュールです。

カラーバリエーションがある際などに使用できます。

16,標準技術仕様

デジタル機器などの技術系商品の説明に使用するモジュールです。

普通の商品だとあまり使用の機会がないモジュールでもあります。

モジュールについて

モジュールの数はどんどん増えており、今後も増えると予想できます。

基本的には大きいバナーの使えるモジュール画像が複数挿入できるモジュール。

その辺りを組み合わせることの方が多いです。

売れる商品紹介コンテンツにするための3つのポイント

1つ目は画像に文字を詰め込みすぎないという点です。

文字を画像に詰め込みすぎると、文字が読めないといったことも起こってしまいます。

細かい説明は説明文でするといったことにして、画像には用途やデザインといった重要な点のみにするなどの工夫が必要です。

あまりにも文字が多いと商品紹介コンテンツの審査ではじかれるという危険性もあるので、注意して行きましょう。

2つ目のポイントは商品画像のデザインと同じタイミングで、商品紹介コンテンツ分の制作もデザイナーに依頼していきましょう。

同じデザイナーに依頼することで、デザインに統一感がでて印象アップにもつながります。

またまとめて依頼することで、制作単価を下げることができる。

そういったメリットもあったりします。

ポイントは商品紹介コンテンツ用のサイズを、正確に伝えることです。

外注を頼むときのポイントは下記動画でまとめていますので、外注前に参考にして下さい。

3つ目のポイントは制限項目を守るという点です。

amazonのヘルプに載っているのですが、使用できる文言に制限があります。

こういった言葉を入れすぎると商品紹介コンテンツの審査で引っ掛かり、修正を求められる可能性も。

原則的に自然な文章で作成することを求められるので、文章作成時に意識していきましょう。

エンディング

よくある質問として、商品紹介コンテンツにgifファイルという若干動く画像を挿入できるのか?

そういった質問がありますが、amazonの規約的には基本的には追加できません。

しかし一部では修正のリスクを負って掲載しているところもあります。

ただ将来的には、動画を差し込めるようになってくるのではないかと考えています。

魅力的な商品紹介コンテンツは、お客様に商品に関して分かりやすく商品の良さを伝えることができます。

成約率に繋がる面でもありますので、是非素敵なコンテンツを作って頂ければと思います。

今回の動画もご視聴ありがとうございました。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top