fbpx

中国輸入

【中国輸入OEM】アパレル商品の売上が伸びる4つのポイント

【中国輸入OEM】アパレル商品の売上が伸びる4つのポイント

 

今回の動画は「【中国輸入OEM】アパレル商品の売上が伸びる4つのポイントをお伝えしていきたいと思います。

中国輸入にもアパレル分野があります。商品の売上伸ばすポイントについてご説明をしていきます。

動画での解説講義

■アパレル商品を販売するメリット

・市場規模が大きい

・輸入の3定義に該当する(小さい・軽い・壊れにくい)

・差別化しやすい

まず市場規模の大きさというところでいくと2019年のデータになりますがアパレルネット通販の市場規模は1兆9,100億円というデータが出ています。アパレル自体が大きい産業になってきているということになります。

繊維のため輸入が楽

◉差別化しやすい⇒デザイン性商品デメリット

市場の規模はそこそこ大きいであるとか輸入の3定義に当てはまる商品である、差別化がしやすいというところがあります。

◉返品が多い⇒サイズが合わない・汚れ・ほつれ・糸くず等

◉ライバルが多い⇒簡単に参入できる

◉検品が大変⇒コストがかかる

特別検品含めて検品のコストはあらかじめ押さえておく必要があります。

中国もローカル向けの工場グローバル向けの工場があります。

ローカル向けの工場を選ぶと悪かったりします。

中国以外の国と取引している工場を見つけていくというところがポイントになります。

そのショップのトップページなどで海外と取引しますよ、など載っているのでそういうところを確認しておくところがポイントになります。

1.バリエーションを増やす

バリエーションとはサイズやカラー展開など。

・サイズは多い方がもちろん良い

・カラーは多くても3種類ぐらいまで(多すぎると購入者が悩む)

・子ASINが増えるとキーワードを多く設定できる

※バリエーション登録についてはこちらの動画をご覧ください。

2.人気のデザインをOEMする

クラウドワークスでデザインをアンケートで確認。

人気のデザインをOEMするという方法があります。

3年以上前のデザインなどであればそれを起こしてやるって事は全然問題ないのでそういう風にしていく方法があります。

クラウドワークスでデザインをアンケートで確認

※詳しくはこちらの動画をご覧ください。

3.季節アパレル商品の販売

例:水着・コート・ダウン・マフラー等

服&ファッション小物のおさえておくべきポイントがあります。

※詳しくはこちらの動画をご覧ください。

4.横展開をする

例:ワイドパンツ メンズ

少し仕様違いの商品を展開ワイドパンツでも形が色々と違ったりしますからその中で一つ出した商品が当たればそのワイドパンツのやつの違うパターンを出していくところもあります。

例えば違うジョガーパンツの方出すなどがあります

結構その展開はしやすいです。

【アパレルの注意点】

※アパレル商品の販売は「洗濯タグ」が必要です。

家庭用品品質表示法で定められています。

ほとんどの場合は中国の方でもついていますので改めて自分でつけるという必要はなですがタグはついているというところが必要です。

洗濯タグもそうですが自分のブランドとして販売するためのブランドの紙タグをつける必要もあります。

※詳しくはこちらの動画をご覧ください。

■まとめ

1.バリエーションを増やす

2.人気のデザインをOEMする

3.季節アパレル商品の販売

4.横展開をする

今回の動画ではアパレルでの売上最大化していくための方法としてバリエーションを増やす、そして今横展開をしていく、しっかり季節を夏向け・冬向けというかたちでそれぞれのシーズンに合わせてしっかり用意しておく。1年間の対応をしていきます。結構バリエーションで在庫管理の部分が大変になってきたりもするのでそのあたりは注意が必要になってきたりもしますが適切な在庫量を常に持ちながらやっていけばアパレルも売り上げを上げていくことができます。是非参考にされてみてください。

 

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top