中国輸入

高額塾が無料!寺田式物販スクール

  • 特典1:商品リサーチツール『TERADAリサーチ』無料版プレゼント
  • 特典2:寺田正信無料物販ビジネス相談
  • 特典3:寺田が登壇する「OEMセミナー」への無料参加権利
  • 特典4:不用品販売から中国輸入OEMまで50時間を超える講義動画
  • 特典5:LINE@で登録者限定で中国輸入セラーのリサーチ情報を配信

※ご登録後、自動返信メッセージで特典をお送りさせていただきます。

【中国輸入Amazon】月商1,000万以上のセラーが絶対やっている5つの施策中級編

【中国輸入Amazon】月商1,000万以上のセラーが絶対やっている5つの施策中級編

今回は売上1000万以上稼げているセラーさんの施策を紹介していきます。

実際に売り上げを上げていくための秘訣。

自分の商品ページのSEOを高める施策を5つ、今回は紹介していきます。

紹介した方法を取り入れることで、売り上げにつながり、ライバルからの妨害も防ぐことができます。

売り上げに直結して頂ければと思いますので、ぜひ最後まで動画の方ご覧ください。

動画での解説講義

中級者の目安

中級者の目安として、月商の売上が50~100万程度を安定して稼げる方を指します。

詳細は下記の画像を参考にしてください。

実際に中級者が行っている5つの制作として、下記の5つが挙げられます。

  • スポンサープロダクト広告の利用
  • 商品紹介コンテンツの作成
  • 商標登録
  • 季節商品の取り扱い
  • ODM商品を販売

一つずつ順に説明していきましょう。

1.スポンサープロダクト広告の利用

スポンサープロダクト広告とは、簡単に説明すると自分の商品を露出させる広告を指します。

大まかに下記の2種類に、分けられているのが特徴です。

  • キーワードターゲティング
  • 商品ターゲティング

キーワードターゲティングとは、お客様が検索してくるキーワードを狙って広告をかける方法です。

長所としては、自然SEOに関係なく上位表示が可能なので売上の向上が見込めます。

ただ、予算がないと上位表示が難しいので、予算がある方向きです。

狙ったキーワードで広告をかけられるので、予算を集中的に運用できるメリットも。

キーワードターゲティングで表示されると、商品の下に「スポンサー」と表示されます。

下記の画像の〇で囲っている箇所が、広告枠になっています。

商品ターゲティングは、ライバル商品に対して広告をかけていく方法です。

類似商品で広告を打ちたいときに効果的で、ライバル商品を見ている人に自分の商品も見てもらえます。

広告に関しては別動画のまとめを、作成していますので参考にして下さい。

2.商品紹介コンテンツの作成

商品紹介コンテンツとは、商品ページの下部にあるアレンジ可能な商品説明文です。

画像だけでは伝えきれなかった商品の良さを補足し、購入率をアップさせる効果があります。

下記の画像のように商品の使用事例や、詳しい部分を説明することが可能です。

 

 

この画像を使って、情報量を増やすことで購入者を増やし売上向上につながります。

より詳しく、商品紹介コンテンツについて知りたい場合。

下記の動画を参考にして下さい。

3.商標権を取得(商標登録)

商標権に関しては下記の動画内切り抜きを参照してください。

何故、商標登録が必要なのか。

それは以前Amazonで、偽物商品の販売が多発し問題になったケースがあるからです。

同時に相乗り販売でのトラブルが増加した背景もあったため、Amazonは「プライベートブランド販売」を推奨しています。

以前は、何でもありな部分もあったAmazonですが、現在では徐々に整備されてきています。

登録するメリットとしては、大きく分けて3つ。

  • ブランド価値の向上
  • 相乗り防止
  • Amazonブランド登録が可能

ブランド登録・商標登録することで、ブランドストア・スポンサーブランド広告といった施策をとることも可能になります。

商標登録に関してはメリットしかない。

そう断言しても良いぐらいですので、参考にして下さい。

もっと詳しく知りたい方は、下記の動画でより詳細な解説動画を挙げています。

 

4.季節商品の取り扱い

売上が伸びているセラーさんは、バランスよく商品をラインナップしています。

春夏秋冬、季節で需要が高い商品に絞って販売することで、大きな利益を上げることが可能です。

特に3大商戦は、大きな利益を挙げられるタイミングの一つ。

下記の動画で詳しく説明しているので、参考にして下さい。

5.ODM商品を販売

ODMとはアリババ上にあるノーブランドの商品に、ロゴを付与して自社ブランド商品として販売する方法です。

メリットとして、オリジナル商品として販売できるので、独占販売が可能になります。

こちらも、入門セミナー動画を出しているので、参考にして下さい。

まとめ

中級者が行っている5つの施策、紹介していきました。

スポンサープロダクト広告をかけるのは、販売件数を伸ばすことができるからです。

2種類の方法がありましたが、まずはキーワードターゲティングの使用をオススメします。

商品紹介コンテンツは必ず利用しましょう。

商品画像の7枚にない情報を詰め込むことが大切。

違う画像や文章で、商品の魅力を紹介していきましょう。

商標登録は、ブランド名と商品が決まった後で行います。

季節商品を取り扱うことで、売り上げと利益を大きく底上げ可能です。

ODM商品を販売すると、オリジナルブランドを持つことができます。

成功すれば、独占販売で利益が得られるので、先ずは1商品出してみましょう。

その後、経験と流れをつかんで、自分のオリジナルブランドを形成していく流れがオススメです。

どの施策も、1000万以上売り上げているセラーさんは利用しています。

効果も高いので、必ず利用していきましょう。

今回も動画のご視聴ありがとうございました。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top