中国輸入

高額塾が無料!寺田式物販スクール

  • 特典1:商品リサーチツール『TERADAリサーチ』無料版プレゼント
  • 特典2:寺田正信無料物販ビジネス相談
  • 特典3:寺田が登壇する「OEMセミナー」への無料参加権利
  • 特典4:不用品販売から中国輸入OEMまで50時間を超える講義動画
  • 特典5:LINE@で登録者限定で中国輸入セラーのリサーチ情報を配信

※ご登録後、自動返信メッセージで特典をお送りさせていただきます。

売れる商品が見つかる!!リサーチスキルを飛躍的に上げる考え方・行動4選

売れる商品が見つかる!!リサーチスキルを飛躍的に上げる考え方・行動4選

今回はリサーチスキルを飛躍的に上げる考え方・行動4選を紹介していきます。

実際に商品を販売するにあたり、中々商品が売れなかったり、どうすれば商品が売れるようになるのか。

そういった悩みを持つ方は多いのではないでしょうか?

今回は4つのポイントから、解説していきたいと思います。

リサーチスキルでお悩みの方は、是非参考にしてください。

動画での解説講義

売れる商品を見つけるための考え方・行動4選

自分のプライベートブランドを作るに当たり、転売に比べると難しいと考えている方は多いのではないでしょうか。

主な悩みの内容としては、売れている商品以上のデザイン、機能が思いつかないという点があると思います。

しかし、実際には商品リサーチでクリエイティブな要素は、一切必要ありません。

何故ならライバル商品から弱点を絞り出すのが、リサーチの基本だからです。

そのため、この世にない物やデザインを新たに作る必要もありません。

難しく考えている方は、少しハードルを下げても問題ないでしょう。

そのための方法を4つ紹介していきます。

①既に売られている商品のデメリットを改善することで売れる商品になる

具体的にどうデメリットを改善するか。

それは、ライバル商品のレビューを見ることです。

レビューには購入したお客さんの意見が多数あります。

レビューの中で良い評価の箇所はそのまま取り入れ、悪い評価の箇所を改善した商品を探す。

これだけで、ライバル商品よりも優れたアイテムを見つけることができます。

②同じ商品でも付加価値を提供する

仕入れ先によっては、デザインや機能性での差別化が難しい場面もあります。

そういった時にどう差別化するかというと、セット販売を利用しましょう。

例えば、ライバルがノートを2000円で売っているなら、こちらはノート+ペンを2000円で売りましょう。

そうすることで、プラスの付加価値が生まれてライバルに差を付けることができます。

こちらより詳しく解説している動画があるので、参考にしてください。

③客観的にみて売れる根拠のある商品が売れる

何故売れているのか、そこを意識していきましょう。

売れている商品には必ず理由があります。

単価なり、機能性なり、デザインなりと売れているポイントが必ずあるはずです。

そして、購入している人はどういった層なのか。

何処に需要があるのかを、調べることも大切です。

セラースプライトなどのツールを利用して、数字で売れる商品の根拠を明確にしていきましょう。

分析する箇所としては、商品の特徴、売上、価格、レビューなどが挙げられます。

④データに基づいて判断する

前提としてライバルが売れていない商品は、やる意味がないです。

売れていない=需要が無い証明になります。

まずはライバルの1か月の販売数を調べていきましょう。

1か月にこだわらず、期間は長ければ長いほど正確なデータを取ることができます。

目安としては売上100万円以上あれば、需要があると判断できます。

ライバルの販売数を探す方法は下記の動画を確認してください。

 

データリサーチには下記の動画2種類ありますので、そちら参考にしてください。

実績者のご紹介
  • 片桐さん

  • あやのさん

  • 宮井さん

皆さん初心者から始めていますが、ポイントを抑えていくことでしっかりと利益を出せるようになっています。

まとめ

まとめに関しては下記の画像を参照してください。

販売前に売れる根拠を作って、出していけば間違いなく売れます。

逆を言うと売れない商品というのは、絶対に売れない理由がある訳です。

まず、売る前に売れる状態を作ることが重要になります。

しっかりとリサーチをして、売れる商品を見つけていきましょう。

今回も動画のご視聴ありがとうございました。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top