中国輸入

高額塾が無料!寺田式物販スクール

  • 特典1:商品リサーチツール『TERADAリサーチ』無料版プレゼント
  • 特典2:寺田正信無料物販ビジネス相談
  • 特典3:寺田が登壇する「OEMセミナー」への無料参加権利
  • 特典4:不用品販売から中国輸入OEMまで50時間を超える講義動画
  • 特典5:LINE@で登録者限定で中国輸入セラーのリサーチ情報を配信

※ご登録後、自動返信メッセージで特典をお送りさせていただきます。

中国輸入あるある!?不良品を仕入れないための4つの解決策

中国輸入あるある!?不良品を仕入れないための4つの解決策

中国輸入あるある!?不良品を仕入れないための4つの解決策

よくある不良品トラブルで自分が仕入れた商品が不良品だったらどうしようなど

不良品を防ぐためにはどうすればいいか解決策を4つお伝えをしていきたいと思います。

初心者の方でこういった部分はすごく不安に思ってるはずです。

実際に対応方法やそれを未然に防ぐ方法があるのでこちらの内容は重要になってきます。

まず不良品という考え方、そして対応方法を知っておけば焦らないですし不良品の仕入れを

防ぐことができますので是非ご覧ください。

動画での解説講義

中国に限らず日本でも不用品はあったりするわけです。

よく中国輸入で不用品が多いんじゃないかというイメージ持ってる方も非常に多いかなと思います。

まず昔に比べてはるかに不用品の率は下がっています。

非常に今クオリティーが高いですしやはり中国も1688.comというところで中国国内向けの工場

海外向けの工場の商材で分かれています。

グローバル向けというところに目を向けていくことが非常に大切です。

グローバル向けであり海外と取引をしてますから非常にクオリティーは高いというところがあります。

その中でも当然ながら不良品はいつかは出てきますのでこういった部分は付き合っていくものです。

事前に対応方法を知っておきましょう。

■不良品とは例のようなものが主な不良品と言われているものになります。

■中国輸入商品トラブル解決策4つ

①アリババで優良セラーかを見極める

商品ページのショップ情報が記載されているので確認しましょう。

・過去30日の取引件数

・レビュー件数

・ショップランク

・ショップ歴などを参考にします。

例えばこういった商品があり注目していただきたいのはこのダイヤモンドなどのマークが出ているこちらになります。

ここにダイヤモンドが出ていたりこれの例でいくと業歴が14年となっています。

まずはショップ評価を見るようにしましょう。

詳しい見方につきましてはこちらの動画をご参考ください。

 

■ショップ情報目安

この条件を満たさないから絶対にダメというわけではありませんがもちろん商品の仕入先が

たくさんある中でどこを選ぶべきかというとこちらを基準にしていただくといいのかと思います。

当然ながら商品によってはここまでの基準を満たしていない商品が不良品とは限らないが不良品の可能性は上がります。

②サンプル発注を行う

商品いきなり大量ではなく、まずはサンプル発注を行います。

サンプル発注を行うことで不良品なのかというところや何先か仕入先候補から仕入れますので

その中からどこから仕入れを行うかを選択するためにサンプル発注をして仕入先を見極めるということを行います。

サンプル発注する場合は複数箇所からなるべく仕入れを行いましょう。

できれば最低でも3箇所ぐらいが理想です。

サイズがあれば複数サイズ、自分が仕入れを検討しているサイズ分は仕入れをしてください。

カラーがある場合は全カラー仕入れを行いましょう。

例:アンクルパンツ

こちらサイズとカラーがあります。

カラーのみ違う場合でも素材や質感が違うことがあるので必ず全カラー、全サイズ仕入れを行い

ご自身でしっかり確認する必要があります。

③仕入れる前に返品可能か聞く

事前に返品可能か聞くことで不良品を送る抑止不良品だった場合の保証をすることができます。

自分で確認するよりも代行業者の方で確認していただいて聞くことをおすすめしています。

⑤仕入れ代行業者に特別検品を依頼する

細かく丁寧に検品を依頼していくといいです。

実際に代行業者の検品も特別検品を依頼しない限りはだいたい外観のパッと見の外箱が凹んでないか、

数があってるかとかそういう簡易的な検品しかしません。

洋服であったりより細い実際に中身を見てみないとわからないような部分についてはしっかり検品を

行うようにしてください。

オプション作業の為、有料にはなりますが不用品を送ってBadレビューを受ける、その商品が売れなくなるよりはマシということです

■検品内容例:チャックの部分やポケットの部分など。

◎よくある質問

・中国輸入は不良品が多い印象なのですがそうなのですか?

A.昔は不良品が多かったが今はかなり減っています。

ショップによりますが不良品率1割以下がほとんどです。

・返品対応してくれないショップもありますか?

A.あります。あるからこそ解決策3つ目の「仕入れる前に返品可能か確認する」ことが必要です。

・万が一不良品を仕入れてしまった場合はどうしたらいいですか?

商品が代行業者のところにあれば返品依頼をしましょう。

自分の手元にあれば廃棄または返品せずに訳ありなどでメルカリやヤフオク・フリマアプリで

売った方が国際送料などを考えると費用や手間はかからないです。

・不良品が怖くて中国輸入を始められないです

A.それを恐れてるのであれば物販というもの自体が何も出来なくなってしまいます。

初心者で始めてもしっかり良品を販売出来てるということで結果を出している方はいます。

知らなさすぎてなんとなく漠然と怖いと思ってる方が多いと思いますがちゃんとサンプルを確認する、

検品をするということを行えば不良品はしっかり避けることができます。

納得いかないのであれば自分が検品することもできます。

リスクに対するリターンを考えるとはるかにリターンの方が大きいですし、中国輸入は仕入れ値が

かなり低いのでその分リスクを抑えることができます。

・仕入れ方や商品リサーチの方法を知りたいです。

A.無料セミナーを開催しております。

そのセミナーで中国輸入の全てがわかるのでぜひご参加ください。

■まとめ

今回不良品を仕入れしないための解決策4つということでお伝えさせていただきました。

不良品の対応方法であったりとか実際に不良品を仕入れないためのその前段階の対応方法が分かっていれば

大量に発注したら大量に不良品だったっていうことがなくなりますので事前のサンプル発注は特に重要なので

必ず全ての商品に行ってみてください。

URL
TBURL

コメント&トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] hadmin ブランディング, 中国輸入代行 コメントを残す 中国輸入あるある!?不良品を仕入れないための4つの解決策 […]

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top