中国輸入

高額塾が無料!寺田式物販スクール

  • 特典1:商品リサーチツール『TERADAリサーチ』無料版プレゼント
  • 特典2:寺田正信無料物販ビジネス相談
  • 特典3:寺田が登壇する「OEMセミナー」への無料参加権利
  • 特典4:不用品販売から中国輸入OEMまで50時間を超える講義動画
  • 特典5:LINE@で登録者限定で中国輸入セラーのリサーチ情報を配信

※ご登録後、自動返信メッセージで特典をお送りさせていただきます。

最新のセミナーはこちら↓

ZOOMセミナー

2022年

1月22日    (土)  13:30〜17:30

東京セミナー
1月30日(日)13:30~18:00

大阪セミナー
1月23日(日)13:30~18:00

申し込みはこちら↓

https://ex-pa.jp/item/6810

副業禁止でも怖くない!!副業バレの原因と対策5選 徹底解説

副業禁止でも怖くない!!副業バレの原因と対策5選 徹底解説

今回は副業禁止の会社や、副業したいけどバレるのが不安な方向けの動画になっています。

何故副業がバレてしまうのか。

バレないためにはどうすれば良いか。

その原因と対策をまとめているので、気になる方は是非参考にしてください。

動画での解説講義

副業について

副業自体はどの会社でも禁止とはいえません。

何故なら、日本国憲法第22条第1項「職業選択の自由」の法律があるためです。

ただ実際には、会社規定などがあるので副業が禁止になっている会社は多くあります。

企業が副業を禁止する理由としては、下記の画像を参照してください。

副業がばれる原因

副業がばれる原因として、自分で社内の他人に話してしまいそれが広まってしまう。

本名を公開して仕事をしていたり、働いているところを見つかってしまう可能性もあります。

特に流行りのウーバーイーツは、外で働くという性質上バレる可能性は高い方の副業と言えるでしょう。

また、住民税でばれてしまう可能性も充分にあります。

理由としては源泉徴収の金額に起因します。

源泉徴収とは

源泉徴収とは何か分からない人もいるでしょう。

分からない方は下記の画像を参考にして下さい。

  • 源泉徴収方法
  • 会社勤め~会社が従業員の給与から毎月税金を天引き
  • 副業(アルバイト)~アルバイト先の会社の給与から毎月税金を天引き
  • 個人事業主~確定申告で前年の所得を申告して税金を納める
  • *年間所得が20万円を超える場合は、必ず確定申告を行う

日本の法律上副業は禁止されていませんが、脱税は違法です。

そのため、個人事業主として副業をしている場合、必ず確定申告は行わなければなりません。

会社勤めと副業を掛け持ちしている場合、住民税は給料の多い会社がまとめて払うことになります。

そのため、カフェやコンビニなどでアルバイトをしている場合、その金額を含めた分の住民税が会社に請求されるため副業がばれてしまうきっかけになる訳です。

であれば、会社勤めと個人事業主であればどうでしょうか?

個人事業の確定申告の住民税の払い方には、2種類の方法があります。

  • 特別徴収:会社の給料から天引き←会社に連絡がいくためバレる。
  • 普通徴収:自分で納める

そのため、確定申告の際には普通徴収を必ず選択しましょう。

この時点で、会社に連絡がいくことは無くなります。

・良くある質問

こちらは勘違いしている人が多い可能性があるので、注意しましょう。

副業バレの対策について

副業は自分の事業で収入を得る方法がおススメです。

理由としては確定申告で、普通徴収を選べるので住民税からのバレが無くなるからですね。

そして社内では副業の話は誰にも話さないようにしましょう。

また、同じく本名を隠せる事業であれば、本名を公表しないようにしましょう。

そして裏技として、妻名義で行うという方法があります。

妻名義であれば、あくまで妻の手伝いをしてるだけなので、問題にならない場合が多いです。

副業で実績を出している方

実際に副業で実績を出している人もいます。

下記の画像の皆様は、副業で実績をしっかりと上げている方々です。

脱サラを最終的に目指すのであれば、プライベートブランドは実際に利益出している方もいるので、おすすめになってきます。

まとめ

今回は副業バレ対策の原因と対策を解説していきました。

副業をしていて、会社にばれてしまうのではないか。

そんな不安を持っている方の悩みが解消出来たらと思います。

今回も動画のご視聴ありがとうございました。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top