中国輸入

2022年最新版【中国輸入OEM】30分のリサーチで見つけたおすすめ穴場商品2選

2022年最新版【中国輸入OEM】30分のリサーチで見つけたおすすめ穴場商品2選

今回はわずか30分で見つけたニッチなおすすめ商品を2つご紹介いたします。

これだけ短い時間でも2商品見つけることができます。また、この商品で十分利益を出していく
可能性があります。

  • そういったニッチな商品は何なのか?
  • 短時間リサーチでは何が必要なのか?
  • どういった観点が自分と違うのか?

このような点が学べるポイントとなっています。
穴場の商品も分かりますのでぜひ参考にされてください!!

穴場商品とは何なのか?

言い換えると穴場というのはニッチな市場になります。

ニッチとは?

ニッチとは「隙間」という意味で大手セラーが参入しないような比較的小さい市場・商品のことを
ニッチ市場やニッチ商品と呼んだりします。

寺田式商品戦略マップというものがあります。
これは世の中の商品、市場を4つのセグメントで分けています。

左側がマスで大衆向けの商品(スマホケースなど)になります。
逆に右側がニッチで特定の人が購入する商品(バタフライナイフ練習用など)です。

また、縦軸が販売価格で上に行くと高くなり下にいくと低くなります。中央値は3,000円としています。
この表でいくとまずは④を狙ってスモールスタートで経験を積んで②③の商品を扱うことをお勧めしています。

なぜ初心者にオススメなのか?ニッチ商品の3つのメリット

1.市場が小さいため大手セラーが参入しない

大手セラーは大きい売上を狙うため、大きい市場(マス市場)に参入します。
小さい市場だと利益が10万、20万となり100万利益を出そうと思うとマス市場の方が大きい利益が期待できます。
また、大手セラーは戦略に長けていて予算もあるため個人で戦うのは厳しいです。

2.強豪ライバルが少ない

ニッチ市場は強豪ライバル数が少なくしっかり差別化ができれば市場のシェアが取れます。
特に小さい市場で差別化できているOEM商品を販売できれば勝つチャンスが上がります

3.広告費を抑えられる

ニッチ市場はライバルが少ないことにより商品数が少ないです。
商品数が少ないと広告費を抑えて1ページ目に上げることができて広告費をかけずに
売上を伸ばすことができます

初心者にオススメのニッチ商品2選

1.アクアリウム水槽ヒーター

アクアリウム内の水温の調節をするための専用のヒーターです。

市場のデータとしては

Amazon検索結果数:840
売上市場規模:100〜150万円
利益見込み:10〜30万円

市場の特徴:
観賞用・熱帯魚に特化
淡水海水両用
50W〜300W
機能性特化型商品で
商品耐久性が重要

このデータから50W〜300Wの間で価格帯がばらけるため、どのワット数で自分が参入するのか?
また、機能性商品のためデザインの差別化ではなく機能性でどうライバルと差別化するのかを考える
必要があります。

2.溶接メガネ

溶接をするときに必ず使うメガネ・ゴーグルになります。

市場のデータとしては

Amazon検索結果数:2000
売上市場規模:150〜300万円
利益見込み:10〜50万円

市場の特徴:
遮光度の度合い
自動遮光機能の有無
付属品の有無(ケースや予備防護シールドなど)

この商品は遮光度、どれぐらい光を遮ってくれるのかが重要になります。
また、自動遮光機能がついているのか付属品がついているのか?何をつけるのか?
これによって価格帯が変わってきます。
またただのゴーグルタイプなのかフルフェイス防護してくれるものなのかでも変わってきます。

紹介した商品の共通点
  • 大衆向けではなく特定の方向けのニッチ商品である
  • リサーチ所要時間15分/商品
    (2商品で合計約30分)

ニッチな商品であり30分で見つかった商品です。
また、元々知っていたのかというと知らなかった商品です。

自分の知識にない商品が見つかるということがポイントです。

一生稼げない人の思考

今回お伝えした商品をそのままやってしまう。
溶接ゴーグルやってみよう!!
このような考えは一生稼げない人の思考なので捨ててください。

これは釣った魚をただ与えられているだけです。

釣った魚は食べてしまったらなくなります。

一生稼げる人の思考

一生稼げる人はリサーチのやり方、売り方の本質を理解しています。
要は魚の釣り方をマスターするということです。

なぜ15分程度で商品を見つけることができるのか?

ということですが、それは
人と違う見方をしているからです。

その本質を理解することで短時間で稼げる商品を見つけることができます。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top