中国輸入

〇〇をすると失敗する2022年の副業の選び方5選

〇〇をすると失敗する2022年の副業の選び方5選

今回のテーマは2022年で抑えておかないと失敗してしまう
副業の選び方を5つご紹介いたします。

2022年の予測

2022年は感染症が落ち着いて経済活動が再開し、「リバウンド消費」が予想されます。また、EC市場がかなり加速する年になるのではと思っています。

  • 今よりも酷くならない限りは
  • 人が集まるイベント
  • 国内外の旅行
  • 飲食店での飲食
  • スポーツ レジャー
  • 映画館、遊園地などの娯楽施設

が徐々に復活していくだろうと予想できます。

また、2022年〜2023年はビジネスにおいてもチャンスの年になりやすいため、本業をいくつも持って収入源を増やしていく人が多くなるのだろうと思います。

2022年の副業の選び方5選

1.自分が働いていなくてもお金を生み出しているか?

2020〜2021年はほとんどの人が家にいる時間が長くなり時給労働型の仕事と頭脳労働型の仕事がはっきり分かれるようになりました。

そんな中で時間を生み出すために自分が働かなくても仕組みで収入を増やしていける
そういうものが重要視されるようになりました。

例えば

  • 時給労働型:ウーバーイーツ、アルバイトなど
  • 頭脳労働型:ネットショップ運営、インフルエンサーなど

<自給労働型の特徴>
自給労働型の特徴として、決まった金額をもらえるという確実性はありますが、自分が働かないと報酬がありません。

これからは自分が働いてなくても売上を立てる副業をやることがおすすめです。

2.自分の商品を持つ

他人の商品を売っても一時的な売上になるだけで短期的に終わってしまいます。
また、自分の実力でもないので、スキル・能力が身につきません。

例えば、転売では
メーカー品やブランド品に価格を上乗せして販売します。

メルカリやAmazonで販売することが多いのですが、プラットフォーム側の規制が強くなり売上を立てるのが、年々難しくなってきています。

3.始める難易度が高くないか?
  • 初期費用に数百万円かかる
  • 売上を立てるのに1年以上かかる

などのようなものが事業を始めるとかかるものが多くあります。

例えば実店舗を開業する場合は初期費用が高額です。
初期費用で数千万円とかかるような事業はキャッシュフローも悪く、回収にも時間がかかるためリスクが大きいです。

4.将来性があるか?

短期的に稼ぐ方が注目されがちですが、「長期的に稼げるかどうか」もポイントとなります。

これから収入源を増やして頑張っていこうという時に短期的にしか稼げないものと長期的に稼げるものでは、将来的に大きく差が開きます。

せっかく時間を投資するのであれば、将来性のあるものに時間とお金を投資しましょう。

仮に始めて2,3ヶ月派稼げなかったとしても長期的に安定して利益を出せるのであればその副業をやることをオススメします。

5.資産性があるか

これからの時代の副業で一番大事な要素である「資産性」。

形にできる有形資産と無形資産とありますが、

基準としては「あなたのビジネスを売れるか?
こちらがポイントとなってきます。

例えば

  • 投資
  • アフィリエイト
  • 転売

などはそのビジネス自体を売ることができませんが、

  • フォロワー5万人のインスタアカウント
  • 月商1,000万円のネットショップ

などは資産となり自分が働かなくても売上を作ることができます。

これから副業を始める際は「資産になるか」を考えて始めてみてください!

 

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top