中国輸入

【中国輸入ビジネス】コンサルって本当に必要? 裏側に隠された闇と騙されないための5つのポイント

【中国輸入ビジネス】コンサルって本当に必要?  裏側に隠された闇と騙されないための5つのポイント

今回は中国輸入ビジネスでコンサルタントって本当に必要なのか?

必要なケースと必要で無いケースやコンサルをもし頼む場合はどのような人を選べば良いのかを僕なりの視点でお伝えします。

これからプライベートブランド販売をやっていこうと思っている方、
ネットビジネスを本格的にやっていこうと思っている方の中には
僕の動画で学んでいただいたりもしている方も多くいらっしゃいます。

その中でもしっかり教わってやっていきたいというニーズがあります。
そんな方向けにコンサルを受けるメリットをお伝えします。

コンサルを受けるメリット

  • 知見を持った人に意見を聞くことができる。
  • 客観的な意見を聞くことでリスク回避や売上アップに役立つ
  • 情報を整理・可視化できる
  • 経験の時間を買うことができる(タイムマシン法)

自分は何も分からないため知っている人から教わることで地雷を踏むリスクが小さくなります
また、自分でやっているとどうしても主観になってしまいます。
自分が選んでいるけれども、それが本当に正しいのかというところの助言をもらうことができます。

コンサルのメリットとして最も大きいのが経験の時間を買うことができるということです。
タイムマシン法というのですが、自分が本来であれば10年かけて得られるはずの経験値を半年、
1年など(人にはよりますが)で得ることができます

コンサルの方が茨の道を進み最終的に辿り着いた答えを教えてくれるということです。
そのおかげで無駄な失敗をすることなく、本来かかっていったものを1年以内に達成することができれば9年分得しているということになります。

コンサルを受けるデメリット

  • 費用が高額な場合が多い
  • ニーズに合うアドバイスを受けられない場合がある

コンサル費用は高額なことが多く数十万から数百万かかる場合もあります。
また、受けてみないと分からないことが多いため自分のニーズと合うかどうか、
欲しいアドバイスがもらえない可能性もあります。

コンサルタントはあくまでも助言者であり、実際に稼ぐのは自分です。
あなたの売上を上げる代行をしますというわけではありません。
あくまでサポートをする存在です。
家庭教師を思い浮かべていただけるとわかりやすいかと思います。

自分の持っていない視点・知見からリスクを回避し、効率よく売上をアップすることで
自分の目標となる売上を達成することがコンサルを受ける目的になります。

今までに頂いた相談内容

「コンサル費用を支払ってやってみようと頑張っているが、質問しても納得できる回答がもらえない…」

「コンサルしてくださった方が中国輸入を始めたのが1年前で、態度が悪くサポートをしてもらえない…」

「コンサルしてもらって販売してみた商品が全然売れなくて在庫を抱えて困っている…」

このような相談をたくさんいただきます。

コンサルには様々あり一概には言えませんが、高額なお金を払ってもサポートが疎かで
全然結果が出ないと言ったケースやそもそも経験が浅すぎてコンサルタントの知見が追いつかず、
アドバイスをもらっても結果を出さずにコンサル期間が過ぎるケースもザラにあります。

コンサルは必要なのか?

必要がないケース

コンサルを受けるメリットの内容を受けられる環境を自分で作り出せるのであれば必要ありません。

自分で知見を持った人と交流し、最新の情報共有や意見を聞くことでリスク回避や売上アップすることで、
自分の目標が達成できるのであれば必要ありません。

ただ経験したことを何でもかんでも話してくれるのかというとそうではありませんし、
信頼関係を構築するっていうところができない限りそう言った細かいところの状況っていうのはできないのではないかなと思います。

必要なケース
  • 自ら知見のある人との交流ができない
  • 初心者だができる限り失敗するリスクを減らしたい
  • 売上をある程度上げることはできたが自分の目標まで届いていない

自分の力では目標達成できないと判断した場合は、
コンサルに相談した方が目標達成までの時間を短縮できる可能性は高くなります。

コンサルタントを選ぶときに参考にすべき5つのポイント

1.信頼できる人間か?

顔出ししたくないというブロガーさんもいたりしますが、顔出ししているかどうかも1つポイントになってきます。
自分がこれから学ぶ人なので、相性やどういう人間性なのかをしっかり見ていく必要があるのではないかと思います。

不安要素があればコンサル費用を支払う前に不安要素を取り除くようにした方が良いです。

2.論理的思考力があるか?

説得力があるか?根拠があるのか?
成功事例やデータをもとにして判断することで目標達成に近づきます。

感情での好き嫌いではなく、根拠を持ってなぜ自分の目標がこの人だったら達成できそうなのか?
を考えた上で誰から教わるかは判断した方が良いです。

3.話がシンプルでわかりやすいか?

難しい言葉を使われると、自分が学ぶ際もちょっと壁があったり自分の中で話がストンと入りにくくなります。
自分に合わせてわかりやすく話をしてくれる、目標達成に近づく助言をしてくれる人から学ぶことが重要です。

4.コンサルタントが実際に結果を出している

実績が無いもしくは浅いコンサルタントが非常に増えています。

実績を積んでいるコンサルタントから学ぶ方が経験に基づいた失敗例・成功例を数多く持っているため、自分が成功する確率も上がります。
最新の情報でないと対応できないことも多いので、今稼いでいる人がベストです。

5.コンサルタントが教えた生徒の中で実績を出した生徒数が多い

教えた生徒さんが実績を出している例が多ければ多いほど再現性は高くなります。
そのため、コンサル本人が稼いでいることプラス教えた生徒さんが何人実績を出しているのかで判断すると成功確率は上がります。

まとめ

コンサルを受けるメリット

  • 知見を持った人に意見を聞くことができる
  • 客観的な意見を聞くことでリスク回避や売上アップに役立つ
  • 情報を整理・可視化できる

コンサルを受けるデメリット

  • 費用が高額な場合が多い
  • ニーズに合うアドバイスを受けられない場合がある

ポイント
自力でコンサルを受けるメリットを生み出せるのであれば
コンサルは不要!!

コンサルを選ぶ条件

  1. 信頼できる人間か?
  2. 論理的思考力があるか?
  3. 話がシンプルでわかりやすいか?
  4. コンサルタントが実際に結果を出している
  5. コンサルタントが教えた生徒の中で実績を出した生徒数が多い

 

今回は自分がコンサルを受けるべきかどうか?また、受けるのであればどのような指導者を選べば良いのか?を解説いたしました。

ネットビジネスを行う上で指導者となる方はたくさんいるため、自分でしっかり判断していく必要があります。
コンサルをお考えの方はぜひ以上の点を参考にしてみてください。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top