フリマアプリ転売

フリマアプリ無在庫転売を実践してみよう!

フリマアプリ無在庫転売を実践してみよう!

この動画では、メルカリで無在庫販売、フリマアプリで、無在庫販売をしていこうステップです。

いきなり無在庫販売、在庫を持って販売するというよりも、まずは実際にリスクのない無在庫販売元手の要らない無在庫販売をおすすめしています。

不用品販売の次に無在庫販売をして、更に稼いでいきましょうというステップです。
僕も、2016年メルカリでやってきた訳なんですけれども、無在庫販売をやってきました。

その無在庫販売、どれだけ凄いのかっていうエピソードをちょっと交えながら、お話しようと思います。

当時、メルカリのアカウントを500個抱えて運営をしていました。
基地外な数字ですけれども、500個管理していました。

当時メルカリがまだ流行り出して、一気に伸び出してきたまだ最初の段階で、1日大体20万点、20万点ぐらいが当時2000万ダウンロードしたというところで、1日の出品量が20万点といわれていたのですが、

じゃあ商品件数に直したら何品くらい出品出してるの?という質問をよく受けます。当時は、なんと5万点出してました。

この部屋というか、今お話している会場ですら、この部屋で収まらないぐらいの、大仰な倉庫を持たないといけないぐらいの量です。毎日出品していたんですが、

1日に全国のメルカリを使っていたユーザーさんが1日に出すのが20万点と云われていた中で、僕はその4分の1の5万点を一人で出していました。

という気持ち悪いエピソードがありまして、どの商品を何処の商品を出してたのかですが、Amazonの商品です。

Amazonの商品を、5万点もツールで集めて、データかき集めて出していました。それでめちゃくちゃ売れていた訳です。

ですので、実際にメルカリの無在庫販売なんですが、Amazon×メルカリ、フリマアプリという形で実際に販売していく事が出来るんです。

ですので、その無在庫販売の概要について、ちょっとお話しようと思います。

無在庫販売なんですが、無在庫販売はどういう事かというと、おさらいになりますが

先に販売して、売れてから商品を仕入れる。

そして、お客さんの所に送って、入金されるという事です。

売れないかもしれない。でも利益は大きくとれる、在庫を持つのは嫌だなって商品があります。特に高額な商品はなかなか扱いずらいです。普段から売れてない商品ってのは在庫で持つってなると資金を圧迫する訳です。

そういった商品は、まずは無在庫で販売するという事なんです。
無在庫で販売して、売れてから仕入れをする事が出来れば、ノーリスクで、売れたのが確定した段階で仕入れをする事が出来ます。

例えば、またTシャツで例えますけれども、Tシャツが今回5000円だったとします。これが仕入れ値で5000円。

そしたら5000円買う事が出来ない訳です。

でも1万円で売れるのがもう分かっていたんであれば、5000円、仕入れる事は出来ないのですが、先に販売してみて売れてから、仕入れる事はできます。

これぐらい価格差が出てるのが分かってて、やっぱり在庫で持つのは嫌だという商品は、まず無在庫で販売しとけばいい訳です。

売れて利益が出るのが分かっていて、売れたことが確定した段階で仕入れをすれば怖くないわけです。これが無在庫販売の考え方です。

無在庫販売、何処の商品を出すのかというと、Amazonネットショッピングの中でも商品件数が多いし価格も安いAmazon、そして、Qoo10です。

ただし、僕が当時やっていたのがAmazonになります。

このAmazon、何故良いのかというとですが、まず売ります。
売れて、実際仕入れるとき、Amazonから買う訳です。

Amazonを使った無在庫転売で発送をする方法

もしその商品をみたいという場合は自分の手元に届けて、確認してから送ってもいいんですけれども、Amazonとかはね、代わりに買ってお客さんの住所を入力する事によって直接、お客さんの手元に届ける事が出来る訳です。

5万点引っ張ってきたといってもも数十万点、数百万点販売されているのがAmazonの世界なので、全然商品切れを起こす事がなく大量に販売する事が出来るというのが、Amazonの強みです。

Amazon本体もやっぱり出してたりしますし、非常に商品のバリエーションが多いという事です。

このAmazon、商品データ、例えば水着とか、夏のシーズンの水着、浮き輪、サンダルは夏の季節に非常に売れやすい商品があります。

水着で検索して、実際にAmazonが出てきます。その出てきた商品を全部コピペしていきます。そこで出てきた水着が、例えば1000円なんであればですね、1000円の物を実際にメルカリとかフリマアプリで出した時に、1500円とかにして出す訳です。

で、これで売れたら、フリマアプリとかの販売手数料があれば、差し引きとして、500円は単純に利益が出るという事です。

こういった形で、実際にフリマアプリで、プラットフォーム、Amazonとかその他ネットショップから出してフリマアプリで販売していくという事です。

この概要を、ご説明させて頂きましたが、こういった形でホワイトボード、パワーポイント、スライド動画で実際にセミナー等で話される講師の方は沢山いると思います。

実際に、今からどのように、口頭だけ聞いても分からないと思いますので、実際に僕が実演したいと思います。今から、実際にAmazonの商品を、メルカリに一回出してみるという事を実演します。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top