フリマアプリ

フリマアプリ(メルカリ、フリル、ラクマ)での取引連絡の流れを徹底解説!

フリマアプリ(メルカリ、フリル、ラクマ)での取引連絡の流れを徹底解説!

ここではフリマアプリの取引の流れについてご説明していきます。

基本フリマアプリ、どのフリマアプリも、基本的な流れは同じなので、すべて介助が一つで大丈夫だと思います。

取引の流れなんですけれども、基本的にはフリマアプリは、そこの例えばメルカリ、フリル、ラクマそれぞれのプラットホームの運営会社が間に入ってお客さんと自分たち、販売者のやり取りを仲介してくれるという形式になっています。

出品したものが売れたというときに初めてこの取引というのが始まりますが、まず取引の大きな流れでいくとまず運営会社です。それぞれメルカリとかフリル、ラクマというのがあって、販売者そして購入者というのがいます。

実際にお客さんが購入するという形で購入したら、お客さんは実際に、まず運営会社の方にその商品の代金を支払うとここから、実際に売れましたよ、後に、今度お客さんが支払いましたよという風になるので通知が行くわけです。

販売者は実際にお客さんから支払われたということで「発送」で発送します。発送して、お客さんの手元に商品が届きましたとなったら、今度絶対に、このフリマアプリの場合は購入者が販売者、お互い、お互いに評価し合うというのがあります。なのでお客さんは、ちゃんと商品が届きましたよということで、受け取りのまず通知をします。

受け取り通知しましたと、受け取り通知されたら今度運営会社の方から販売者にちゃんと評価されましたよという風に来ますので、最後に、販売者が購入者の方に、これで取引が完了しましたよという完了通知を出して、一つの一連の流れの取引が終わるという形になります。

それぞれ、まず商品が売れたときに商品のお客さんが支払い待ち状態になって支払いが済んだら発送待ち、販売者が発送する状態になります。発送したら今度お客さんが、受け取り待ちという形で受け取ったよということで、今度受け取り通知を押すと運営会社の方から販売者の方に、完了通知、お客さん押してくださいということで完了通知を流して、終わるということになります。

 

具体的に、時系列で先ほどの内容をもう少し、わかりやすいようにご説明させていただきます。今回は事例として、Tシャツ、Tシャツが、1つ売れたという仮定でお話ししていこうと思います。

Tシャツをお客さんが、買ってくれましたということで始まると、まず最初に銀行振込、その支払い方法によりますが、お客さんが購入したら、まず入金待ちという状態になります。この場合、今クレジットでお客さんがこのTシャツを払った場合はこの入金待ちというのは飛ばしてこの発送待ちというステータスに変わります。

発送待ちって、それぞれのフリマアプリの、ツールとかでもそうなんですけどもステータスが変わります。変わった、自分が発送しないと、こちらの番、こちらの番なので、発送待ちをしないといけません。発送したら、発送しましたよという風にこの発送通知ボタンっていうのを押します。

発送通知というのを押して発送通知と押すと、ステータスが今度受け取り評価待ち、今度お客さんの番、お客さんの対応に変わります。商品が大体、2日とか2、3日でお客さんの手元に届いたら、今度お客さんはその商品がちゃんと届きましたということで、受け取り評価、一応特に内容も問題無かったということで受け取り評価というところでボタンを押していただきます。受け取り通知を押します。

受け取り通知を押すと基本的に取引は完了して、お客さんの方からされたのであとはこの取引自体を完了させることでこちら側が完了通知を押します。完了通知という言い方は評価待ちというこちらの最終評価待ちということもありえますので、かっこでちょっと書いています。

こちらが完了通知というのを押すと、一通りこのTシャツが、の、一連の取引が完了したということになります。

万が一、この発送した商品がお客さんの手元に届いたけれども、商品が不良だったという場合は通知されずに購入者、販売者の方に連絡行って、もう一回商品を送り直す、キャンセルの対応をするという形になります。特に問題なければ発送通知、そしてお客さんからの受け取り通知、最後に自分が完了通知をするということなので、やらないといけないのはこの2つと発送という形になります。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top