インターネットビジネス

【ゴールデンルールセミナー講座】紙直樹さんの神セミナーもう見ました?

【ゴールデンルールセミナー講座】紙直樹さんの神セミナーもう見ました?

こんにちは、寺田です。

今回から無料でご案内している

ゴールデンルールセミナー2016

セミナーに沿って、

僕が補足講義をお届けする

【ゴールデンルールセミナー講座:(略称:GS講座)】

を開始します。

ですので、これから数回のメールマガジンは

このゴールデンルールセミナー2016

登録していることを前提に講座を進めていくので、

必ず登録してください。

ゴールデンルールセミナー2016に登録し、講座を受講開始する

では、第一回目の紙さんのセミナーについての

GS講座をスタートしたいと思います。

輸出の神・紙直樹のセミナーを徹底解剖

今回の講義は、初回に送られた紙さんのセミナーですね。

紙さんは「輸出」の方ですが、

今現在は、欧米輸入もやられているそうで、

リサーチが非常に上手な方だという印象があります。

情報発信をはじめて28日で1,000万円達成

したという凄腕の方ですが、

今回のこのセミナーでは私たち

メルカリ販売を実践するプレイヤーにとっても

多くの学びのある内容じゃないかなあと思います。

たとえば、

今回紙さんのセミナーでお話されていた

初期の段階で簡単に稼げる方法として

「限定品」のお話があったと思います。

この限定品というものは、こういうやつ。

せどりスマップのCD

スマップ解散で稼ぐためのCD

前々回のメルマガで取り上げた解散騒動で盛り上がっているSMAPCDですね。

先日、本当に仕入れてきたんで、

この機会に公開しましたが、

こういう今現在プレミアが付いている商品です。

ただ、今回の情報はYahooニュースでも、

テレビでも大々的に取り上げられたから

トレンド商品だ!プレミア商品だ!

とわかるんですが、

それって、頻繁にわかるものではないじゃないですか?

すぐに見つけろ!って言われてもわからないはずです。

ただ、

そのやり方として、ノウハウを公開してもらったのが、

Twitterがいいよ。

というお話なんですね。

紙さんのセミナーの30分手前くらいから

お話されているので、

詳しくはもう一度そこを見て欲しいのですが、

「限定品を紹介するTwitterのボット」だとか、

「メーカーさんの公式Twitter」をフォローしておいて、

その限定品を会社や学校から帰ってリサーチする

ことで限定品を見つけることができるということです。

これは、僕もやっていなかったので、

早速やってみようと思いましたね。

メルカリ転売を実践しているメンバーは、

基本的には、

  1. 中国輸入
  2. 国内せどり

のどちらかで仕入れを実践されると思いますが、

今回の「限定品」については

2:国内せどり、メルカリ販売

で使えるノウハウだと思います!

また、

紙さんのセミナーで「外注化」のお話がありましたね。

外注化4ステップ

  1. 募集する
  2. 採用する
  3. 教育する
  4. 任せる

という部分です。

ここの部分なんですけど、

軽く触れただけでしたので、

ゴールデンルールセミナー講座ということで

詳しく補足させていただくと、

#外注化4ステップ

  1. 募集する
  2. 採用する

というのは、基本的には

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • シュフティー

というクラウドソーシングサイトを使います。

これを使えば、

  • 出品データ作成
  • リサーチ代行
  • 翻訳作業

などなどタスクを細かく振り分けて

依頼することができますし、

作業量単位での発注もできますので、

リスクを最小限に抑えながら、

外注に発注することができる

というわけです。

ただ、その作業を普通の人に

教えないと作業をしてもらえないので、

3:教育する

というところで、

スカイプを使ってやりとりをしたり、

マニュアルのPDFや動画を作って

それを渡して覚えてもらうということを

やるわけですね。

これは非常に面倒といえば面倒ですが、

1回作ってしまえば

使い回しができるので非常に楽です。

最初は面倒かもしれませんが、

作る価値はありますよ。

ということで、

第1回ゴールデンルールセミナー講座は以上です。

次回も、ゴールデンルールセミナー講座を

メルマガで配信する予定ですので、

必ず登録しておいてくださいね!

ゴールデンルールセミナーセミナーに登録して寺田のGS講座を学ぶ。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top