インターネットビジネス

不安に思っている方も多いと思うんです。

不安に思っている方も多いと思うんです。

こんにちは、寺田です。

僕がせどりを実践していた時期は、

この11月の時期に大量に商品を仕込んで、

ひたすら仕入れを行なっていました。

現在は、完全にプライベートブランド販売に

移行したので、

10月、11月に資金のある分だけ店舗を駆けずり回る

ということはなくなりましたが、

ときどき、昔のことを思い出します。

さて、

中国輸入OEMODMの場合の年末商戦は

通常商品を中心に、売上が2倍から3倍程度あがります。

中国輸入の通常商品というのは、

1年間通年売れる商品で、その季節にあまり左右されにくい

商品のことを指すのですが、

この通年商品は、

この通年商品の積み重ねの結果、

「先月も今月も売り続けて、

年末商戦ではいつも以上に売れる」

というイメージです。

もちろん、季節商品たとえば、

レディースファッション系

も1つの季節系の市場です。

暑くなったり、寒くなったりすれば一気に売れるので

秋口から仕込んで、2月くらいまでで捌ききる

イメージで取り組むのも1つの戦略です。

ポイントとしては、通年商品を中心に揃えつつ、

スポット、スポットで季節商品や商戦の商品を

扱っていくというところがポイントです。

あくまでもバランスよくということが

重要ですね。

ただ、この話をすると、

結局初心者はなにをすればいいんだよ!?

と思われるかもしれませんが、

僕としては、季節商品でも通常商品でも良いので、

「1商品販売までして流れを経験する」

ということをおすすめします。

1商品経験することで、

一通り流れがつかめますし、

1商品経験すれば、

「もう少しこうすればもっと売れたはず!」

だとか、

「次は、〇〇をすることでより良い結果が出るんじゃないか?」

と感覚として、掴めるんですね。

ただ、「この1商品経験する」というのが意外と

ハードルが高くて、

難しいように感じてしまう方も多いのも事実。

全くのゼロの初心者からスタートして、

「本当に自分のもできるのか?」

不安に思っている方も多いと思うんです。

僕もせどりから中国輸入に初めて切り替えたときは

不安でしたし、

はじめて淘宝網やアリババの画面を見たときは

「なんじゃこりゃ!」とまではいけないですが、

ヤバイサイトにきたんじゃないか?という印象を受けました(笑)

ですが、徐々に経験を積むうちに、

慣れていって売上を伸ばし、

利益を稼いでいけるようになって

今があります。

だからこそ、1つ1つの学習の積み重ね、

1つ1つの経験の積み重ねを大切にして

レベルアップしていただくために、

寺田式転売スクールで基礎を徹底してお伝えしています。

そしてもし、「まずは1商品」経験してみて、

さらにそのあとの利益30万、100万円を

目指していこうとするならば、

実践するための基礎を全てモーラしている

寺田式転売スクールをフル活用するとともに、

AmazonOEM1dayコンプリートセミナーに参加して、

実践のスピードを加速させてください。

結局、行動できない人は、

実践を加速させるための学び、

行動を加速させるための学びに

時間を投資できない人です。

本気でこれから取り組むべき

無理やりにでも時間を割いて行動できる人でないと

結果を出すことは不可能です。

学生時代本気で県大会や全国大会に

出場したいなら「部活優先」の生活をしなければ

不可能だったと思います。

それと同じで、これから本気で取り組むのであれば、

「ビジネス優先」の思考に切り替えていく必要があります。

たとえ、副業だったとしてもそれは同じで、

本業以外の時間をしっかりとビジネスに投資していく必要があります。

ですので、もしあなたがその必要性を感じて

これから本気で取り組みたいと思っているのであれば、

僕もあなたに全力で向き合いますので、

これからともに頑張っていきましょう!

今すぐセミナーに参加する

URL
TBURL

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは昨日はオンライン勉強会を見てました。ありがとうございました。昨日はjanコードを申請しました。毎日、継承プログラムの動画を見せていただいています。PCにエクセルがなく、coreもi5以上を推奨されているので、パソコンを買おうかなと思ってます

    • 1つ1つ丁寧に進められていますね!素晴らしい行動力だと思います。やるべきことを1つ1つこなしていくことで結果はついてきますので引き続き頑張っていきましょう!

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top