fbpx

【継承】続々と継承プログラムにご参加頂いております

こんばんは、寺田です。

本日ご案内させていただきました
「継承プログラム」WEB説明会限定募集ですが、

せどりや中国輸入の相乗りを経験してそれに限界を感じ
これからプライベートブランド販売に
シフトしていきたいと考えている方、

初心者でこれからの副業として
OEM・ODMの本物の力を身に着けて
継続した安定収入を構築しようと意気込んでいる方、

自営業や会社経営をしていて
2つ目の事業として物販に取り組もうと
強い意志をもっている方など、

多くの意識の高いメンバーが続々とご参加
頂いております。

継承プログラムにご参加頂いている
メンバーさんは様々な方がいらっしゃいますが、

メンバーさんに共通して言えるのは

「単純転売」

に対する危機感です。

あなたも少なからず不用品販売は経験していたり、
少しせどりやフリマ転売をやっていた経験
ことがあると思いますが、

結局、自分しか仕入れなれない商品、
市場にニーズのある商品を

自分のちからでリリースして販売することができないと
結局頭打ちで、ジリ貧になっていくんですね。

継承プログラムのメンバーさんは
その危機感があって今このタイミングで
「次の手」を打っているわけです。

「簡単そうだから・・・」という理由で
せどりや無在庫転売に飛びつこうとしている
甘い気持ちがあるのであれば、

こうした危機意識のあるメンバーさんとの差は
どんどんと開いてき、

半年後にはもう追いつけないような差を
つけられてしまうことでしょう。

実際に、メーカー品のAmazon出品規制や
無在庫転売の規制はその典型例ですよね。

安易なせどりや無在庫転売などの単純転売に
飛びついた結果、ジリ貧になって結局
プライベートブランド販売だよね!?

となるのであれば、

そして、

あなたが単純転売に
危機感を感じているのであれば、

「今このタイミングで」OEM・ODMに舵を切るべきです。

仮に現在単純転売で多少なりともまわっているのであれば、
舵をきりはじめるくらいのアクションは取り始めるべき。

その決断があなたの危機感・不安感を
払拭してくれることになりますし、

その決断こそがあなたが3年後、5年後、10年後も
生き残り続ける選択肢だと薄々わかっているはずです。

今の現状に甘んじるべきなのか?
あるいは、今このタイミングで打開策の手を打つべきか?

その決断はあなた次第ですが、
もしあなたがこれからプライベートブランド販売に
シフトしていきたいと考えているのであれば、
このタイミングでご決断されることを強くおすすめします。

もしあなたがシフトするという強い決断をされたのであれば、
僕があなたの思いを受け止め全力でフォローします。

▼継承プログラムはこちら▼
https://teradamasanobu.com/keisyoprogram03/

Return Top