OEM・ODM戦略

鼻がやられてしましました。

鼻がやられてしましました。

こんにちは、寺田です。

最近は暑いですね!

今はクーラーが必須ですが、

先週、訪れた中国では、

こんな感じで暑さをしのいでいました。

とても合理的な発想ですね!

「暑かったら服を脱ぐ」

という確かにその通りなのですが、

日本でこの光景が見られるのは

通天閣の周りくらいでしょうか?

 

先週は、中国・上海の近くにある

浙江省義烏・紹興に行って、

提携先とのOEM製品の最終的な打ち合わせや

コスプレ工場の視察、

秋冬物の商品の視察を目的に行ってきました。

OEMについては慣れてきたこともあり、

OEMで差別化をしながらも、

原価を抑えて価格競争力をつけるか?

という部分まで、

「あるノウハウ」を使ってしっかりと詰めて

行えたことが大きな収穫でした。

「通常は2000円のところを1500円で

仕入れるために何をすべきか?」

7月の有料会員さん向けの勉強会では

この部分を講義としてお伝えした通り、

「ある部分」は今は検索すればわかってしまうので、

相手はごまかしようがないはずなんです。

そこをうまく利用して交渉できると

仕入原価をOEMで落とすことができますね!

さて、

工場を回る途中に少し時間ができたので、

浙江省紹興の観光スポットへちょっと寄り道。

1900年代初期の小説家で

国語の教科書にも出てくる

魯迅の家の近くを少し観光してきました。

そこで、

ある食べ物がなかなか強烈な臭いで、

鼻がやられてしましました。

その食べ物がこちら

中国・浙江省OEM視察レポート動画

臭豆腐という食べ物らしいのですが、

本当に臭いんですよ。

動画では臭いが伝わらないので、

「また、寺田は大げさだな!」

と思ったかもしれませんが、

YouTuberのヒカキンさんも

「異次元に臭かった」と臭豆腐の動画をあげています。

ヒカキンの動画はこちら

帰国して、次の日に会員向けの勉強会があったので、

中国人の会員さんにこの話をしたところ、

「いやいや、臭豆腐は美味いですよ!」

とおっしゃっていました。

やはり、これも文化の違いなんですね。。。

みなさんはこの文化の違いを含め、

このレポート動画で少しでも中国の雰囲気や

中国商品が生産されている様子を

感じ取って頂ければ良いと思います!

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top