fbpx

Amazon販売

Amazon’sChoiseはどうすればつくのか?その仕組みは?販売者目線でズバリ解説します

Amazon’sChoiseはどうすればつくのか?その仕組みは?販売者目線でズバリ解説します

こんにちは、寺田です。

今回は「Amazon’sChoise(アマゾンチョイス)はどうすればつくのか?その仕組みは?販売者目線でズバリ解説します」というテーマで解説します。

アマゾンチョイスはご存知でしょうか?

amazonベストセラーの1位の帯の中にアマゾンチョイスと言う帯マークがついています。

  • これはなんなのか?
  • どうすればこのamazonチョイスがつくのか?

こちらを解説をしていきたと思います。

動画での解説講義

Amazon’sChoiseはどうすればつくのか?その仕組みとかですねついてご説明をしていきいま。

Amazon’sChoiseとは?

画像にありますように、黒の帯がつきます。

Amazon’sChoiseの定義としては

他社の商品と比較してすぐに発送ができて、評価が高くお求めやすい価格の商品の事です。

いかにもamazonらしい商品がAmazon’sChoiseとして選ばれています。

商品画像の下に「モバイルバッテリー」と書いてありますが、Amazon’sChoiseの隣に表示してあるキーワードに対し、他社の商品と比較しても転換率が高く購入件数が多い商品です。

いわゆるamazonのおすすめ品と言うことを、アマゾンが分かりやすいように設けてきたと言うことです。

注意点

注意点としては、Amazon’sChoiseはamazonのおすすめであって、一番売れている商品ではございません。

あくまでもオススメであり、エビデンスがある訳でもございません。

ベストセラーの1位でもないと言うことです。

Amazon’sChoiseがつくと、全く帯がないより売れやすくなります。

ベストセラー1位との違いは?

ベストセラー1位の商品がですと、このようにベストセラーの帯がつきます。

そして小カテゴリーランキング1位というものが、いわゆるベストセラーというものになります。

ですので、アマゾンチョイスはこのランキングに関係なく、amazonがそのキーワード中で他の商品に比べて転換率が高くおすすめですと言う形です。

いわゆるスーパーの特売品、おすすめ品でと言うようなイメージです。

amazonランキングの評価ポイント
  • 販売件数(販売個数ではない)
  • 売上金額を中心に総合的に評価している

つまり、一人が10個購入するよりも、10人が1個ずつ買ったと方が販売件数が伸びていますので、そちらの商品の方がランキングが上がります。

同じ個数ですが、買ってくれた人の数が多い方が良いという判断をamazonがしてくると言うことです。

販売単価×数量になるのですが、他社の商品と比較して総合的に評価されているものでランキングが変動しています。

販売個数が多いからランキング上位になるわけではないということなので、こちらは注意していただきたいと思います。

注意点
  • 販売個数が多いから必ずしもランキング上位になる訳ではない
  • 販売件数が少なく販売個数が多い
  • (例)一人で10個まとめ買い
  • 単価が安い

一個ずつでいいので、たくさんの人に購入してもらうように、ポイントをおさえておきましょう。

どうすればAmazon’sChoiseがつくのか?

こちらは4つのポイントがあります。

1.すぐに発送ができる。

primeで発送(FBAまたはマケプレプライム)

自己発送をされる場合はマケプレプライムを使っておきましょう。

2.お求めやすい価格設定

特定のキーワードで表示される・商品群の相場価格から高すぎない

相場から逸脱しない、あくまでも相場ベースですが、買いやすい価格ということです。

3.評価が高い

最低1つ以上の星4〜5のレビューがついている

amazonのレビューを稼いでいく方法は動画コンテンツがありますので、是非ご覧ください。

4.一定程度ですね検索されているキーワードで、他社に比べて転換率が高く販売件数が多い

商品力の強化、リサーチ段階での分析

転換率のアップ、商品画像の工夫

販売件数のアップ、SP広告を駆使する

基本的には売れないとアマゾンチョイスもつきません。

そのためには商品力の強化、転換率のアップをして、しっかり商品力のある良いものを届けることができれば、ちゃんと売れて行きます。

商品力のアップについても動画コンテンツがありますのでご覧ください。

商品の強化系についても、11のコツを解説しているコンテンツがございますので併せてご覧ください。

転換率の評価ですが、すぐに売上をアップできる転換率、見に来てくれたお客さんの購入を上げるためのテクニックがございますので、是非併せて覧ください。

スポンサー広告でどんどん露出をして、販売件数を伸ばす。

その広告の内容をお伝えしております、是非ご覧いただければと思います。

まとめ

Amazon’sChoise4つのポイント
  • FBAでprime発送にしておく
  • 価格設定は相場より高すぎない
  • 星4〜5のレビュー評価がある
  • 特定のキーワードで他社より転換率と販売件数が多い

まとめとしてはこの4点です。

特に相場から高くしすぎてしまうと販売点数も伸びなくなってしまいますので、相場よりちょっと安い状態で販売できると良いです。

キーワードについては、当然ながら他社の売れ行きにもよりますが、自分が狙ったキーワードでしっかりと転換率の向上に繋がるようにしていくというところがポイントになってきます。

アマゾンチョイスがついたのであれば、このようなところがクリアできたと認識していただければと思います。

今回のテーマ、アマゾンチョイスについて解説しました。

狙ってつけるものではなく、勝手に付いていたというところが結構多いです。

アマゾンがお勧めをしてくれることはありがたいことなので、商品力があるということですから、どんどん販売を加速させて頂ければと思います。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top