OEM・ODM戦略

これだけで月に100万円レベルで利益が変わってきます

これだけで月に100万円レベルで利益が変わってきます

こんにちは、寺田です。

今、中国・上海の近くの浙江省紹興市に来て

自社OEM商品の最終打ち合わせを進めています。

ここは国語の漢文の教科書で出てくる魯迅が

住んでいたところで非常に観光が賑やかです。

臭豆腐が名物との事で食べてみましたが、

臭すぎて2回ぐらい吐きそうになりました。

久しぶりの食レポートの動画も撮ってみたので

またアップしようと思います!

さて、

今回の僕の出張のテーマは、

【安く品質の担保されたものを作る!】です。

いわゆる中国輸入を普通の人がやろうとすると、

工場の言い値、展示会で交流のあった代理店の言い値に

なってしまって、

確かに品質は担保されているのだけれど、

仕入れ金額が高いために

仕入れリストから外れてしまう

というケースが一定確率で発生します。

ですが、

しかも、それがライバルと差別化されている商品が、

安く作れたらどうでしょう?

僕は、この秘密を知っていて実践しているから、

より簡単に、

より素早く、

より効率よく、

仕入れることができてしまいます。

これだけで月に100万円レベルで

利益が変わってきますね(笑)

展示会やアリババを通じたさらに一歩先の

限界まで安く作るOEMを実践しているから、

にわかの日本人OEMセラーでは

到底僕に勝つことは不可能です。

この絶対に負けない戦いをする方法は

明後日に行う7月の東京の有料会員さん

向け勉強会で徹底して伝授します。

メンバーの皆さん、楽しみに待っていてくださいね!

結局のところ、

OEMはなんとなく稼げそうだから」

という情報発信者から学んでいるのと、

本物のOEMの実践者からノウハウを学び、

実践している人とではどんどん差が開いていきます。

例えばですが、

https://amzn.to/2NaVWdf

こうした商品を、1500円以下で作れるのと、

2000円以上でしか作れない人では、

500円ほど1商品で差が出るわけです。

300個注文すれば、1回の発注あたり、15万円の差。

6商品、7商品扱えば、これだけで月に100万円の差。

さらに、1500円で仕入れられれば、

仮に4199円で販売したとして、

FBA料金シュミレーターで

利益約1300円、利益率32%でますが、

2000円でしか仕入れられないと、

FBA料金シュミレーターで

利益約800円、利益率20%しか出ません。

つまり、

500円原価を落とすことで、

相場が下がってもその分耐えられるし、

広告費としての予算も余裕を持って

勝負することができます。

ただ、この仕入原価を落とすのは

普通の中国輸入のやり方では無理で、

本当にOEMを実践して知っている人だけ

知っているという部分です。

僕は、僕を信じてついて来てくれた人を

しっかりと引き上げるための使命がありますので、

彼らにしっかりとこの方法を伝授して

自らが実践し、より稼ぎやすい環境を提供していきます。

自分が上手くいっているからといって、

決してあぐらをかくことなく、

ノウハウ、テクニックを極限まで進化させて

これからも彼らのために全力を尽くそうと思いますので、

しっかりとついて来てくださいね!

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top