中国輸入

知られたくないアマゾン転売業界の真実

知られたくないアマゾン転売業界の真実

こんにちは、寺田です。

昨晩、こそっとあげた最新の動画ですが

いい感じで低評価で荒れています(笑)

その動画がこちら

 

実はこの動画、現在の転売業界の真実を

お伝えしている動画なんです。

この動画でお伝えしているのは、

Amazon無在庫転売

(特に海外アマゾン仕入れ日本アマゾン販売)

・家電量販店仕入れ→Amazon販売

(店舗せどり)

という2つのビジネスが

抱えている問題点をお伝えしています。

どういうことか?というと

現在・Amazon無在庫転売

特に海外アマゾン仕入れ日本アマゾン販売

を実践している方のほとんどが

真贋調査をクリアできないことが原因で、

アカウントBAN、いわゆるサスペンドが

かなりの確率で起こっており、

また、

家電量販店仕入れ→Amazon販売

いわゆる店舗せどりでは、

メーカー規制が現在厳しくなっており、

正規商流からの仕入れか否かの確認が

求められるわけですね。

ただでさえ、価格差を見つけることが難しいのに、

その仕入先が正規商流限定であれば、なおさら

難しくなってきています。

真贋調査については、

先日公開したこちらの動画をご覧いただきたいのですが、

 

いわゆる、正規の商流から扱っていないことが

原因で発生してくる問題なわけです。

これは、業界全体が品質保証できない

非正規商流の利ざやで儲ける転売ビジネスを

規制しにいっているということ。

つまり、こうした状況から

どうしなければならないか?というと、

Amazon、私たち販売者、購入者三方よし

のビジネスにシフトしていく必要があるということ。

それを実現することができるのが、

プライベートブランド販売なんですね。

これは、寺田式転売スクールでも

数年にわたりお伝えしていることなのですが、

やはり結局のところ行き着く先、

遅かれ早かれ、

自分自身がメーカーとなり、

自分自身がお客さんのニーズにしっかりとお応えていく

ビジネスだけが生き残っていけるわけです。

お前が言っていることは

「ただのポジショントークだろ!」

と言われればそれまでかもしれませんが、

僕が言っていることが真実かどうか?

あなたの目で確かめてみてほしいと思います。

2019Amazon無在庫・有在庫転売の未来とその行く末~2020年以降も稼ぎ続けるために必要なこと~

 

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top