補講

ネットビジネスでお勧めのブラウザと拡張機能・アドオンについて

ネットビジネスでお勧めのブラウザと拡張機能・アドオンについて

ネットビジネスを実践するためのブラウザについて説明しています。インターネットエクスプローラーでは不便な部分があります。したがって、この動画でお話しているようにFirefoxかGoogleChromeについてお話しています。

おすすめのブラウザと拡張機能・アドオンについて

この動画では、ブラウザのついてお話していきます。

インターネットで何からしら検索するときに、例えばグーグルとかで検索するとき、検索するアレはブラウザと呼ばれているものです。ブラウザも色んな種類があります。あるんですけども、僕が推奨しているブラウザが、2つあります。

その二つを必ず入れておいて下さい。非常に、使いやすいブラウザになってますし、拡張機能とかアドオンとかいった追加のブラウザを使いやすくするためのアプリケーションがあるので、これを使います。

例えばリサーチがしやすくなるという事だったりしますので、必ずですね、この二つのブラウザは入れておいて下さい。
という事で、今から説明していこうと思います。

必ず入れて欲しいGoogleChromeについて

色んなブラウザありますけれども、必ず入れておいて欲しいものが、Google Chromeです。カタカナでグーグルクロームと検索して頂くとGoogleクロムのページが出てきます。

インターネットエクスプローラー、safariなどだったりすると思うのですが、こういったブラウザを使って、まずGoogle Chromeと検索してください。

また1個がFirefoxです。これもカタカナでもいいですし、英語表記でもいいんですが検索して下さい。するとGoogleChormeとともに、この二つのブラウザを、必ずインストールしてください。

Googleが提供しているものですが、比較的速いですので、Google Chromeをメインに使って頂いていいかなっと思います。

その上で、このブラウザには更に拡張機能というものがあります。

拡張機能というものはいわゆるこのGoogle Chromeに追加するアプリケーションです。そのアプリケーションを入れる事によって、例えば操作性が良くなるものとか、色んなアプリケーションがあります。

後でこの拡張機能の入れ方についてご説明していきたいと思います。こういった拡張機能、Firefoxで行くとですね、アドオンって奴です。言い方が違うだけで、同じような意味です。

こういったものを追加で入れる事によって、よりFirefoxが丁度使いやすくなったりするという事です。

このGoogle ChromeとFirefoxがあるんですけれども、拡張機能とかアドオンとかっていうのはアプリケーションがあるのですが、

アプリケーション、まぁ非常に使える奴もあれば、使えない奴もあります。後ですね、入れ過ぎるとブラウザを開くのが重くなるので、必要最低限の機能とかアドオンだけを入れて欲しいです。

Google Chromeの方で、拡張機能の入れ方と無効の仕方とか、そういった事についてお話して行きます。

例えば、Google Chromeを開いています。既に僕の方で拡張機能入れているものもあります。
今回は、Amazonで商品リサーチをする上で、あった方が良い必ず入れて置いてもらいたいツール、拡張機能があります。
それがkeeperと呼ばれる拡張機能です。

keeperについて

拡張機能とかっていう風に検索して頂ければ、Google Chromeの拡張機能が出てきます。

今回はkeeperを使って、実際に拡張機能を入れて行きます。他の拡張機能も入れ方は同じですので、同じ様に見て頂ければ良いかと思います。

まずですね、Google Chromeでクロームウェブストアと検索して頂ければですね、こういう風にChromeの拡張機能が入ったサイトに飛びます。

ここで、keeperと入れて下さい。

そうすると、Amazonでその商品が発売されてから、要はAmazonに登録されてから現時点までの商品の価格の変動であったりが見れるものが、このkeeperだったりします。

押して頂いて拡張機能の追加をするとですね、こういった形で今追加されましたという風に出ました。

このGoogle Chromeのここのボタンを押して頂いて設定って押すとですね、ここに拡張機能ってのが出て来ます。

この拡張機能押して頂くとですね、現在入れている拡張機能の一覧が表示されます。今入れたですね、keeperがこおに表示されています。

追加を押すとですね、そのまま有効になっています。
例えば、要らない拡張機能、入れてみたけども使わなくなった、要らないという場合ですね、ここのチェックボタンを外して頂ければその拡張機能が無効になります。
後はゴミ箱に捨てて頂くとかですね、必要な場合は有効にするという形でやって頂くと、このkeeperがAmazon上で作動します。

どういうものかというとですね、入れたらですねこういう風に更新ボタンを押します。すると、先ほどなかったこういった画面が表示されます。これがkeeperです。

その商品が登録されてから新品の価格の動き、そしてランキングの推移ですね、これまでの推移が分かります。
後はAmazonが出してればですね、Amazonが何時、何時までにね、どれだけの単価で販売しているのか。そしてAmazonの販売在庫が何時切れたのかを含めてです。

非常に使い勝手の良いツールになってきますので、こちらを入れて頂くと良いかなと思います。

こういった形で、拡張機能を入れて行きます。必要な拡張機能があれば、Googleのウェブストアから検索して頂いて入れて頂きます。使い方は、先ほど説明した入れ方と同じですので、同じ様に入れて頂ければいいかなと思います。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top