fbpx

OEM・ODM戦略

Tool4Sellerを徹底解説!中国輸入OEM×Amazon販売におすすめの3つの機能

Tool4Sellerを徹底解説!中国輸入OEM×Amazon販売におすすめの3つの機能

今回のテーマは「 Tool4Sellerを徹底解説!中国輸入OEM×Amazon販売におすすめの3つの機能」についての解説です。

こちらの「Tool4Seller(ツールフォーセラー)」Amazon公認の”販売管理ツール”になりますが、結構便利なツールになっています。

少し耳にしたことがある方もいるかもしれませんが、プライベートブランド販売・中国輸入OEMに特化した機能という所でもTool4Sellerは重宝します。

オススメの3つの機能をを含めた「Tool4Sellerの使い方」をご紹介していきたいと思いますので、ぜひ最後までご覧いただき参考にして頂ければと思います。

動画での解説講義

Tool4Sellerとは?

Amazon公認の販売管理を効率よく行うためのツール

→セラーセントラルでの確認作業とAmazonビジネスレポートでの確認だけでも
問題はないがより視覚的に販売管理を行っていきたい方向けのツール

まず「Tool4Sellerとは?」についてですが、Amazon公認の販売管理を効率よく行うためのツールです。

「リサーチツール」「メール配信ツール」「広告管理ツール」「出品ツール」などの機能があり、Tool4Sellerは「Amazonのセラーセントラルの画面をより見やすくするツール」です。

また、商品ごとに利益を表示させるなど、主に「販売管理」という部分を見やすくするツールと言えます。

僕もセラーセントラルでビジネスレポートを活用して確認をしたりしますが、少し見づらい部分があり、そういった部分を”視覚的に管理”していくためのツールです。

Tool4Seller 5つの機能

  • ショップ管理
  • 評価管理
  • 商品管理
  • 広告分析
  • 競合製品分析

+αフリーツール

ポイント
→販売管理を行うためのツールであるため
リサーチ段階では原則利用することはない

次に「Tool4Sellerの5つの機能」について解説をしていきますが、主に「ショップ管理」「評価管理」「商品管理」「広告分析」「競合製品分析」の5つの機能があります。

Tool4SellerはAmazonセラーセントラル用の管理ツールになりますが、その中にもこれらの機能が付与されています。

ですので、こういったツールを活用しながら、ライバルのリサーチ分析として使えますし、Tool4Sellerの場合は主に「ショップ分析」という所がメインで使いやすいです。

さらに+αでフリーツールもあり、こちらの5つの機能は有料になりますが、無料で使えるフリーツールも存在します。

ポイントとしては、「販売管理を行うためのツールであり、リサーチで使っていくツールではない」という所です。

Tool4SellerとSellerSpriteの違い
  • Tool4Sellerは「販売を開始後」自社のAmazonの販売管理を行うためのツール
  • SellerSpriteはリサーチを行うためのツール

ここで「Tool4Seller(ツールフォーセラー)とSellerSprite(セラースプライト)の違い」ですが、Tool4Sellerはどちらかというと”販売後”の売り上げの管理などを行うためのツールです。

一方、SellerSpriteは”リサーチの段階で競合分析をしていくためのツール”なので、基本的にはリサーチ段階ではSellerSpriteを使っていくのが良いかと思います。

料金体系

次に「Tool4Sellerの料金体系」ですが、Tool4Sellerの場合は”ドル表記”になっています。

  • 全て月額料金
  • ほしい機能だけを選んで課金する形式

料金体系は「13.3ドルから」となっており、19ドルなどありますが、基本的に価格は「1ツール月額13.3ドル(約2000円)」です。

自分が必要な機能を組み合わせて使うことが出来るので、使いたい機能だけをピックアップして課金していく料金体系になります。

ショップ分析ツールだけの場合は約2000円で運用できるものですので、比較的に安価なツールになっています。

注意

1つのアカウントでグローバルセリングを
適用している場合は1アカウント分の料金で良い

→(参考程度に)サンプル発注前後

例:メインアカウントが日本でそのアカウントに米国、メキシコ、
ヨーロッパのアカウントが紐付いている場合

→Tool4Sellerは1つのアカウントで良い

注意点として、「1つのアカウントでグローバルセリングを適用している場合、1アカウント分の料金で良い」ということです。

例えば、メインアカウントが日本で、アメリカ・メキシコ・ヨーロッパなどが紐付いている場合、Tool4Sellerは1つのアカウントで良いことになります。

→日本で2つのアカウントを持っている場合は、
2アカウント分(それぞれ)に対して課金が必要

例:個人で1アカウントをせどり用として利用しており、
法人で中国輸入OEM用のアカウントを持っている場合

→Tool4Sellerには2つのアカウントをそれぞれ別途登録する必要がある

逆に日本で2つのアカウントを持っている場合、2アカウントを1つのツール管理ができないので、「2アカウントそれぞれに対して課金が必要」です。

例として個人で1アカウントが「せどり用」、法人で「中国輸入OEM用」と2つのアカウントを持っている場合、両方にTool4Sellerを入れる場合はそれぞれ別途で登録する必要があります。

中国輸入OEM用のアカウントのみで良いのであれば、1アカウントで管理していけば良いということです。

実演

では、ここからTool4Sellerが提供している「5つの機能がどういったものなのか?」を見ていきたいと思います。

こちらがTool4Sellerの公式サイトですが、こちらに「5つの機能」がしっかりと紹介されています。

  • 店舗分析

まず「店舗分析(出品商品分析)」についてですが、こちらは「物流」「利益」「在庫」「ランキング」など”既に販売している商品の利益・手数料などの正確な計算をしていくツール”です。

こちらは既に販売している商品の在庫の不足がないような形をサポートしていく機能になります。

店舗の売上は「Amazon店舗販売利益管理」の方で確認をしますが、こちらは料金・広告の運用を差し引いて、ASIN単位で利益を出してくれます。(コストがどうなっているかが分かります。)

あとは「在庫追跡と相乗り出品アラーム」などもあり、もし相乗りされた場合のアラート機能が付いています。

また、「店舗パフォーマンス機能」など、自分のショップ内の評価をグラフを使って可視化することが可能です。

  • 広告分析

次に「広告分析(広告運用管理)ですが、こちらはスポンサープロダクト広告を最適化する機能になります。

広告のキーワードを拾ってきて、適切な「入札単価の調整」や「広告のスケジュール管理」などをしてくれるツールです。

  • 評価管理

次に「評価管理(アフターフォロー)」ですが、こちらは「自動的にレビューをリクエスト」「低評価があった場合の通知」「購入者からの質問のフォロー」という形になります。

「評価依頼メール」を自動的に送ってくれたり、「レビューリクエストを自動送信」が可能です。

あとは低評価が入ったら通知をしてくれたり、購入者からの質問もたまにありますが、このような管理が簡単になります。

購入者の顧客管理などもすることが出来るので、購入した後のフォローがしやすくなるので便利です。

  • 商品管理

次に「商品管理」ということですが、こちらはカートボックスを獲得していくということになります。

ですので、主にはプライベートブランドというよりも、国内転売やせどりなどがメインの機能になってきます。

こちらは価格調整や在庫の連動、そして商品のカートを取りにいくためのツールです。

  • ライバル商品分析

あとは「ライバル商品分析」という機能で、ライバルが「そのキーワードでどれだけ売れているか」や「競合販売の追跡」が可能なツールです。

あとは「ランキング追跡」ということで、競合がどれくらいのランキング変動が起きているのか確認できます。

そして、検索結果・ポジショニングなどが視覚的に分かる機能になっています。

あとはライバルのレビューを収集して、まとめて見ることが出来る機能などもあります。

以上が「Tool4Seller」にある5つの主な機能です。

「無料ツール」については、「キーワードツール」や「利益計算ツール」などがありますので、詳しくはTool4Sellerの公式ページを確認いだければと思います。

最後に料金プランですが、「ショップ分析」の方が16.59ドルで「評価管理」が19ドル、残りの「商品管理」「広告分析」「競合商品分析」が13.3ドルとなっています。

メインは「ショップ分析」になりますが、それ以外をプラスする場合はこれだけの料金が追加される形です。

それぞれ14日間のお試しがありますので、そちらでツールを体験して頂いて、よければその後に導入する形を取ると良いかと思います。

ぜひ、これらの機能を公式ページで一読して頂いて、使ってみて必要だと思えば導入し、いらない場合はその時点で解約するようにしてみて下さい。

よくある質問

ここからは「よくある質問」に答えていきたいと思います。

Q:中国輸入OEM×Amazon販売で利用すると良い機能は何ですか?

A:中国輸入OEM×Amazon販売の場合は

ーショップ分析
ー広告分析
ー(任意で)競合製品分析

Tool4Sellerでは主な5つのツールと無料ツールなどがありましたが、中国輸入OEM×Amazon販売の場合は「ショップ分析」「広告分析」で良いかと思います。

任意で「競合製品分析」がありますが、この機能は「SellerSprite(セラースプライト)」と似ているので、「競合製品分析 または セラースプライト」でOKです。

+α せどりの場合

ーショップ分析
ー商品管理

国内転売・せどりなどをやっている方であれば、Tool4Sellerの「ショップ分析」「商品管理」の2つがあれば良いかと思います。

※評価管理の利用についてはAmazonの規約変更に対して
見解が分かれるため積極的な推奨はしない

注意点としまして、「評価管理」ツールに関しましては、Amazonの規約変更で見解が分かれますので、積極的におすすめはしません。

Q:Tool4Sellerは必ず利用しなければなりませんか?

A:必ず必須というわけではない
→あくまでも補助ツール

セラーセントラル+ビジネスレポートの分析でも事足りる

絶対という訳ではありませんが、商品毎に「セラーセントラル+ビジネスレポート」を見ていくことも可能です。

ですが、それが大変だと感じる方は、こちらのTool4Sellerを使われると良いかと思います。

Q:どのタイミングで利用を検討すれば良いですか?

A:複数の商品ラインナップが出揃ってからで良い

注意 販売開始前に契約する必要はない

あとTool4Sellerを利用するタイミングですが、「複数の商品ラインナップを取り揃えた後」で大丈夫です。

販売開始直後にすぐに必要なのかというとそうではなく、最初はビジネスレポートを使っていけば十分です。

ですので、バリエーションが増えてきて商品管理が大変になってきたというタイミングで、Tool4Sellerを導入していくと良いかと思います。

まとめ

Tool4Sellerとは?
Amazon公認の販売管理ツール

中国輸入OEM×Amazon販売でオススメの機能3つ

  • ショップ分析
  • 広告分析
  • 競合製品分析

料金体系
月額課金方式で使いたい機能を選んで利用することができる

今回は「Tool4Sellerを徹底解説!中国輸入OEM×Amazon販売におすすめの3つの機能」をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

意外にも販売管理ツールというのは多くなく、しかもAmazon公認のお墨付きという所なので、かなり安全なツールになります。

無料お試し期間もありますので、ぜひ1度使ってみて頂いて、そこから導入を検討されてみて下さい。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top