中国輸入

中国輸入をするなら知っておきたい関税について

中国輸入をするなら知っておきたい関税について

中国輸入をするうえで外せない関税の税率・費用・計算方法について、この動画でお伝えしていきます。

ぜひしっかりと学んでいってください。

動画の講義

中国輸入をするなら知っておきたい!関税の税率・費用・計算方法

いまいち関税の計算方法がわからない、荷物が届いたら費用をかなり請求されてしまったということもあるのではないでしょうか?関税がどのくらいかかるのかを知っておくことによって事前の利益計算の狂いがなくなってきます。

中国の税関で発生する4種類の費用

関税としてかかってくる4種類の費用について説明していきます。

・税関手数料

・中国輸出通関手数料

・関税

・消費税

これらの費用がどのくらいかかってくるのか、仕入れをする前に調べておくといいでしょう。

税関手数料 一律200円/箱

中国輸出通関手数料 一律4元/箱(約80円)

関税 変動 税率によって変わる

消費税 変動 税率によって変わる(消費代金+国際送料+関税からの掛け率)

関税の分類と税率

関税に関することや、仕入れていいのかなど疑問に感じていることは税関に問い合わせることもできます。また、税関に問い合わせることが嫌な場合には、貿易機構に問い合わせても良いでしょう。

2種類の関税

簡易税率(総額20万円以下の輸入)

日本以外から仕入れる商品はすべて輸入になります。個人であっても輸入になる。仕入れる商品の合計が20万円を下回っていれば簡易税率が適用されます。

一般関税率

商業目的など商品の合計が20万円を超える場合、関税率が適用になります。

上記のような形で関税はどの程度なのかが載っています。

上記の関税率は「主な商品の関税率の目安」より引用しています。

動画の下に関税表のリンクを貼っていますので、そちらをご参照ください。

続いては簡易税率です。

簡易税率も、下の方にリンクを貼っておきますので、ご参照ください。

商品によって無税のものもあれば、関税が高いものもあり、商品によって全然違います。

例えば本革と革のように見せかけたピールレザーであれば、税率が変わってきます。さらにレザー製品であっても靴、バッグなど、製品によっても異なるのです。

ここで、商品を輸入すればどの程度の関税がかかってくるのかをしっかりと把握しておきましょう。

「個人輸入」と「法人輸入」

個人輸入と法人輸入では税率が変わってきます。

2種類の関税

個人輸入(商品代金×60%)×関税率

個人輸入の方は、10万円の商品代金に6掛けした金額、6万円に対して関税率を10%とすると6000円が関税になります。

法人輸入((商品代金+送料)×100%)×関税率

法人輸入の方は、商品代金10万円に対して送料が5万円だったとします。法人の方は割引が無しなので15万円に完全率10%とすると1万5千円の関税がかかってくることになります。

同じ商品を輸入しても個人で輸入するのか、法人で輸入するのかで関税に差ができてしまうのです。

例外として

例外として

・課税対象額が10,000円以下

・個人輸入で商品代金が16,666円以下

の場合には、関税と消費税が課税されません。

商品を輸入する際にかかる関税などは、調べることで事前にわかることなので、問い合わせをして計算をしておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は関税をテーマにお話をしました。関税は事前にわかることなので、事前にわかることは事前に確認しておくことが重要です。

関税は利益に大きく影響してきますし、個人輸入と法人輸入では同じ商品を同じ額だけ仕入れても、変わってきます。自分の輸入する商品にはどの程度関税が掛かるのかしっかりと調べて利益計算を出していくとよいと思います。

関税を意識したリサーチを避けることなく、頑張っていきましょう。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top