fbpx

中国輸入

知らなかったじゃ済まされない「PL保険」

知らなかったじゃ済まされない「PL保険」

今回はPL保険を説明していきたいと思います。

中国輸入・プライベート販売にあたり、トラブルが起きた時カバーできる保険がPL保険です。

何かあった時、非常に重要になるので是非覚えていって下さい。

動画での解説講義

PL保険とは

PL保険が具体的に何なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

PL保険の詳細な説明に関しては下記の画像にまとめてあります。

簡単にまとめると、販売した商品が原因の怪我をしてしまった場合。

損害賠償を受けたときに、その損害をカバーしてくれる賠償責任保険となっています。

例を挙げると、電源を取ってくるような製品で発火してしまった場合。

ベビーカーの車輪が壊れて、ブレーキが利かなくなってしまった。

そういった事例が挙げられます。

アパレルなどの場合は、洋服が原因で重大な事故につながる恐れは考えにくいので、取り扱う商品にもよります。

何故PL保険が中国輸入ビジネスで必要かというと、まずは下記の画像をご確認ください。

上記の通り、海外輸入で販売をする場合、輸入者に責任があります。

そのため、扱う商品によっては自分を守るためにも、中国輸入OEMビジネスには必要になっていきます。

中国の製造者には責任がいかないのか?

そういった疑問もあるかもしれませんが、中国の製造者には一切責任を負いません。

日本の法律では、販売者が製造物責任を負うことになっています。

実際の事例

言葉だけだと、ピンと来ない方もいると思うので下記に具体的な事例を挙げています。

責任を問われたらキリがないんじゃないか?

そう感じる方もいると思いますが、指を切った程度で訴えられることはほぼありません。

実際の保険適用例を見ていきましょう。

上記のように、大きい事故・またはそれにつながるような事案で、適用されることが多いです。

また、本来の目的外で使用していた場合でも、責任を負わなければなりません。

例えば、椅子を脚立代わりに使用中に、足が折れて骨折した場合。

こちらも販売者の責任となってしまいます。

理由としては、製造物責任法適用になる可能性が高いからですね。

PL保険に入っていないと、全て実費負担となってしまうので加入することをおすすめします。

おすすめの契約方法

PL保険に当たっておすすめの契約方法ですが、下記の2種類の方法があります。

上記のように、それぞれメリット・デメリットがあります。

手続きが面倒なら、大手の保険会社。

コストをとにかく下げたいのなら、商工会議所経由での加入がオススメです。

PL保険の対象となるには簡単に分けて3つの条件があります。

  1. 業種が小売業
  2. 資本金:5000万円以下
  3. または従業員が50人以下

個人で運営している場合、条件をクリアできる方が殆どでしょう。

保険料は年間売上によって、金額が異なります。

年間売上2000万円以内で、年に1万円程度。

月に換算すると1000円程度の支出になります。

支出としては微々たるものなので、お守りとして入っておくと安全です。

基本的には取り扱う商品に合わせてPL保険は、加入するか決めるのが無難になります。

ハンモックを例に挙げてみましょう。

ハンモックは紐の部分が切れて怪我につながる恐れがあります。

そのため、損害賠償になるケースが考えられるので、PL保険に加入した方が無難な商品です。

まとめ

中国輸入販売において、売上は攻め

保険は守りとなっています。

売上をいくら出しても損害賠償などの、予期せぬトラブルでマイナスになると意味がありません。

万が一に備えて、PL保険の加入を検討することが大切です。

今回はPL保険について、まとめました。

売上を上げること以外にも、身を守る知識を養うことも大切です。

今回も動画のご視聴ありがとうございました。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top