中国輸入

【中国輸入OEM】あなたが第2の「Anker」になる5つの秘訣!売れてるプライベートブランドの特徴とは?

【中国輸入OEM】あなたが第2の「Anker」になる5つの秘訣!売れてるプライベートブランドの特徴とは?

今回の動画では第2の「Anker」になろうということで売れているプライベートブランドの特徴についてご紹介させていただきます。

「Anker」とは?

Amazonを中心に主に電子機器を販売している中国の有名メーカーです。

聞いたことがある方も多いのではないかと思います。
コンビニ等でも販売していますし、実店舗も現在はございます。

元々はAmazonで販売を開始したプライベートブランドなのです。

創業者は元Googleエンジニアで深圳に拠点を置いている中国メーカーです。

代表商品としては

  • モバイルバッテリー

  • 充電コード

  • 充電アダプタ

このようなスマートフォン関連商品をAmazonはもちろん楽天、ヤフーショッピング、
そして自社ECでの販売も力を入れています。

安い」×「高品質」の商品が人気で、今ではコンビニやデパートでも商品を販売しています。

2020年の売り上げは200億円以上と言われています。

Ankerの何が凄いのか?

Ankerのすごいところはたくさんあるのですが、5つ挙げさせていただくと、

  • 数年前はごく普通のプライベートブランド
  • 低単価だけど質が良い
  • 全ての販路を網羅している
  • 世界中で販売している
  • ブランドを確立できている

このようなことが挙げられます。

Ankerになるための5つの秘訣

1.販売する市場を絞る

まずブランドの認知度を上げるためには、そのブランドが「何を売っているのか」をはっきりさせる必要があります。

Ankerの場合でいくと

最初はスマートフォン関連機器に特化して販売していました。

  • モバイルバッテリー
  • 充電ケーブル
  • 充電アダプタ
  • イヤフォン 

などが挙げられます。

ブランド力を強めるのであれば市場を選んで「専門店」を作るのが一番の近道になります。

「なんでも屋」はブランド力を確立させるのが難しくなります

ブランドがブレている例として、例えば一つのブランドで

  • モバイルバッテリー
  • ハンカチ
  • スニーカー
  • ドッグフード

このようなものを販売していたら、購入者からは「???」と思われてしまいます。

どの商品も単品をみると売れているのかもしれませんがブランドを強くするという意味では戦略が甘くなります。

ブランドを確立させるためには市場を絞って販売してみると良いです。

2.とにかく質にこだわる

どのブランドにも当てはまることなのですが、「良いブランド」は商品の質が良いことが大前提です。

中国輸入OEMのプライベート販売にもこれが当てはまります。

質が悪いまま販売を続けると「あのブランドは質が悪い」というマイナスなイメージが付いてしまいます。

特に最初はブランドが有名ではなく購入者も半信半疑で購入することが多いので、
高品質にこだわって良い意味で購入者の期待を超えられると良いかなと思います。

3.販路を展開する

最初は1つのプラットフォームでの販売に集中した方がいいが、
ある程度売上が伸びると他の販路に進出してブランド認知度を高めます。

数あるプラットフォームの中でも最初はAmazonでの販売がおすすめになります。

Amazonは

  • 販売しやすい
  • FBAを使える
  • 自動化がしやすい

このようなメリットがあります。

その後の展開として

  • 楽天
  • ヤフーショッピング
  • フリマアプリ

に展開してより多くの人に知ってもらうと良いです。

プラスで今後自社サイトも持った方がブランドとしての価値が上がります。

  • BASE
  • Shopify
  • スクエア

などの自社サイト構築サイトもあるので活用してみてください。

4.顧客満足度を上げる

これはブランドのファンになってもらう人を増やすための施策になります。

ファンになるとリピートして購入してくれるので、広告費を抑えて売上を上げることができます。

この顧客満足度を上げる3つの方法として、

  • 保証を充実させる

保証期間を長く設定し、商品ページでの説明を分かりやすくし商品に保証説明書を同封します。

  • インシップ導入

サンクスレターのように感謝を伝える文章を作成します。
レビューを書いてもらうようお願いすることも可能です。

カスタマーサポート

商品の不具合や欠品に対するサポートを徹底します。
電話やメールでの対応が王道ではありますが、最近ではLINE@でのサポートも定評があります。

5.ブランドロゴイメージを刷り込む

ブランドを確立させるためにロゴのイメージはかなり大切です。

例えば

黒い瓶を見たら何を思い浮かびますか?
→コカコーラ

黄色の文字を見たら何を思い浮かびますか?

マクドナルドですよね。

Ankerであれば水色の文字で「Anker」と書いてあります。

このブランドはこの色のイメージ」が購入者にはっきり伝わるとブランドイメージが出来上がります。

ブランドのロゴや色を販売商品にできるだけ近づけてイメージしてもらいましょう。

まとめ

第2の「Anker」になる5つの秘訣

  1. 販売する市場を絞る
  2. とにかく質にこだわる
  3. 販路を展開する
  4. 顧客満足度を上げる
  5. ブランドロゴイメージを刷り込む

一歩ずつ進んで第2のAnkerを目指しましょう!!

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top