fbpx

中国輸入

9月11-12日の東京リサーチ強化合宿で得られた収穫

こんにちは、寺田です。

9月11-12日の2日間、

僕が運営している中国輸入OEM/ODMに特化した

スクールのメンバーさん向けに

東京でリサーチ強化合宿を開催しました。

 

現在、2ヶ月から3ヶ月に一度のペースで実施しておりますが、

毎回、内容が進化しており、

参加者のリサーチ力の伸び率も

よくなっていることを実感しています。

リサーチ強化合宿のアンケートでは

「今回のリサーチ強化合宿についての満足度について5段階評価で評価してください。」

という質問では大阪のリサーチ合宿と同様の

94%の人が「満足」「とても満足」とお答えいただきました!

東京リサーチ合宿に参加された方の感想をアンケートで

取りましたのでこちらご覧ください。

「ニッチな商品のニュアンスが分かったり、話し合いながらリサーチをできたことで新たな視点を得ることができた。 リサーチ管理表をどうやって埋めていくのかがあまり分かっていなかったが、今回埋めることができたので、自分の商品リサーチにも役立てられそう。」

「いままではスルーする商品(ブランド商品)でも販売できることを知りました。」

「具体的なリサーチの進め方を体験できた。」

「商品の分類や差別化の観点が広がったと思います。
合宿前はYouTube観て覚えて試しにやってみるだけでしたのできちんと最後までリサーチしたのは初めてだったのでリサーチの仕方がわかりました。」
 
「ニッチというのがどんな商品であるのか腑に落ちて分かった。これまで一人で進めてきたリサーチの方法がおおよそ合っていたので安心した。」
 
「参加する前はリサーチする上での根拠が分からなかったが今回の参加でどういったものが売れるかなど何となく分かってきた。」
 
「自身のリサーチでは参入対象としてなかった市場も、視点を変えれば参入が可能ということがわかった。」
 
「他の人のリサーチを見る、聞くことで、参入選定の基準の理解を深めることができた。競合の捉え方、強いブランド、ニッチの定義・・・・などなど」
 
「仲間に教えていただいて、1688.comの検索も上達しました。 一番感じたのは、管理表作ることの大変さです。まとまった時間が必要ですね。」
 
 
 

この合宿には、南は九州、北は北海道からご参加いただきました。

こうした熱意に溢れ、僕を信じてついてきてくれた方を

確実に引き上げるために最善の努力をしていきたいと

改めて思いましたし、

 

彼らに対する僕からの答えの1つ

このリサーチ強化合宿でもあります。

 

ほとんどのスクールやコミュニティー

が塾代とは別で20万円から60万円で合宿を企画している中、

僕のスクールでは、

より確実に初心者のメンバーさんを引き上げるため、

原価でこの合宿を提供しています。

 

もちろん、中国輸入のOEM/ODMに特化した

スクールはビジネスとして運営させて頂いています。

 

ですから、その価格の対価に相応しい価値を

対価として提供させていただき、運営しています。

 

ですが、教えているビジネス自体が物販である以上、

どうしても仕入れ資金が一定程度必要になってきます。

 

だからこそ、

其れ相応の覚悟でスクールやコンサルティングに

ご参加いただいたからには、

まずは、僕自身ができる限りの努力をして、

しっかりと結果を出せるところまで引き上げ、

確実に、結果の出せる基準値まで

具体的な指導できる場を通じて還元していきます。

 

そうすることで、

僕を信じてついてきてくれるメンバーさんが

より結果を出してもらいやすくなり、

より確実にビジネスで成功し、

より豊かな人生につながる

と確信をしています。

 

世間では、

「やるだけで稼げるから、とにかくやるだけ。」

というマインド論だけスクールだったり、

オモテ側の見栄えばかりを気にして

具体的なノウハウを学ぶ講義動画すらない

スクールもあるようですが、

 

僕は、僕を信じてついてきてくれるメンバーさんを引き上げるため、

できる限りのソリューションを考え、意見を拾い、

メンバーさんがより「結果が出せる」サービス

を目指して運営していきますので、これからもよろしくお願いします!

PS

リサーチ強化合宿にご参加いただいたメンバーの皆様へ

先日は、合宿にご参加いただきましてありがとうございました。

 

今、頂いたアンケートを1つ1つ拝見しています。

 

頂いたご意見やご感想を元に、より結果につながるサービス、より結果につながるコンテンツを再考させていただきますので、

 

ご参加された皆様も、今回の学びを活かし、ガンガンリサーチして、結果に繋げていきましょう!

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top