Amazon販売

アマゾンセラーセントラル の見方と概要

アマゾンセラーセントラル の見方と概要

今回のこの動画では、初心者向けの初心者講座として、アマゾンセラーセントラル の見方と概要について解説させて頂きます。Amazonでこれから販売していこうという方も多いと思いますが、一番はじめによく使う部分がアマゾンセラーセントラルです。

多くの動画では、「セラーセントラル は使えるもの」として解説されていますが、おそらく初心者にとってはわからない部分も多いと思います。ですので、そうした初心者の悩みをフォローさせていただくためにこの動画をご参考にしていただき、セラーセントラル の概要を掴んでください。

セラーセントラルとは?

セラーセントラルとはAmazonの出品アカウントの管理ページです。出品・販売用アカウントのトップページと思っていただければ良いです。

したがって、セラーセントラル に入る前に出品アカウントを用意する必要があります。

セラーセントラル へのアクセスの方法

もっとも簡単な方法としては「セラーセントラル 」とGoogleで検索すると出てきますが、もう1つの方法として、まずAmazonのトップページから、

アカウント&リストをクリックしてください。

出品サービスアカウントをクリックしてください。

すでに、出品アカウントの作成を終えているのであれば、こちらのセラーセントラルのトップページに移行します。

セラーセントラルの画面の見方

 

続いて、Amazonのセラーセントラル には8つの管理タブがあります。

上記の画像の部分になります。これからこの8つのタブについて解説をしていきます

 

カタログ

あなたのAmazonの商品ページを作るページへ移行します。

 

この在庫の部分では現在の在庫を管理したり、FBAのみの在庫を管理したり、あるいは、FBA納品手続き、商品紹介コンテンツの作成などをおこないます。

FBA納品手続きはよく使いますので、こちらのページで解説させていただいているFBA納品手続きのコンテンツを視聴してください。

価格

価格の部分では価格の管理や価格の修正で行えます。

注文

注文管理や注文状況を確認することができます。

注文状況の確認方法

続いて、注文状況の確認方法について解説します。この注文状況の確認はよく使いますので、必ず確認してください。

注文の「注文管理」から詳細検索をクリックしてください。

続いて期間を指定し、注文のフルフィルメントで保留中を選択肢、「検索」ボタンをクリックしてください。

保留中の商品を確認することができます。この保留中=受注状態で注文が確定しているわけではないです。

注文確認時の規定値として設定する」をクリックしていただくと、「詳細検索」の条件を固定することができます。

広告

続いて、こちらのページから広告をクリックしていただくと、Amazonの「セラー広告」「タイムセール」「クーポン」という4つの機能を利用することができます。

この中で、「セラー広告」とは、スポンサープロダクト広告のことです。このスポンサープロダクト広告についてはこちらの再生リストにて解説をしております。

 

ストアフロント

Amazon内でブランドストアの作成をすることが可能です。

例えば、下記のようなページにてブランドストアを作成可能です。

マーロのブランドストアの例

ただし、ブランドストアを作成するには、ブランド登録が必要です。そのブランド登録には、商標が必要です。

つまり、このブランドストアを作るためには、

  • 1:商標を取得する
  • 2:Amazonでブランド登録をする
  • 3:ブランドストアを作成する

という流れになります。したがって、商標の取得についてはこちらのページを参照してください。

アマゾンセラーのための相乗りを防止する商標権登録の5ステップ

レポート

続いてレポートです。ビジネスレポートなどはよく確認する部分になります。

パフォーマンス

パフォーマンスについては、顧客満足度指数や購入者からの評価が確認できる部分になります。また、Amazonが公式で提供している「Amazon出品大学」もAmazonの使い方についてはよく学べますので、一度ご覧いただくことを推奨します。

 

以上が、概要になります。こうしたAmazon販売の情報だけでなく、中国輸入のリサーチから仕入れなどのビジネスの全てを体系的にお伝えしている「寺田式転売スクール」という無料のスクールを公開しています。

こちらのページからLINE@または、メールマガジンの登録で受講を開始できますので、登録して無料受講を開始してください。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top