中国輸入

高額塾が無料!寺田式物販スクール

  • 特典1:商品リサーチツール『TERADAリサーチ』無料版プレゼント
  • 特典2:寺田正信無料物販ビジネス相談
  • 特典3:寺田が登壇する「OEMセミナー」への無料参加権利
  • 特典4:不用品販売から中国輸入OEMまで50時間を超える講義動画
  • 特典5:LINE@で登録者限定で中国輸入セラーのリサーチ情報を配信

※ご登録後、自動返信メッセージで特典をお送りさせていただきます。

最新のセミナーはこちら↓

ZOOMセミナー

2022年

1月22日    (土)  13:30〜17:30

東京セミナー
1月30日(日)13:30~18:00

大阪セミナー
1月23日(日)13:30~18:00

申し込みはこちら↓

https://ex-pa.jp/item/6810

【中国輸入】仕入れ金額を抑えて利益を伸ばす極秘決済ツール「ASIA PAY」

【中国輸入】仕入れ金額を抑えて利益を伸ばす極秘決済ツール「ASIA PAY」

今回は中国輸入のコストダウンできるツールを紹介していきます。

商品のコストダウンをすることで、利益率をアップしようと考えたとき。

原価を削るには限界があります。

そこで、国際送料等の手数料に注目していきましょう。

今回はその中でも、買い付け手数料のコストダウンができるツールについて紹介していきます。

これから中国輸入を始める方も、既に行っている方も是非参考にして下さい。

動画での解説講義

・売上重視<利益重視

売上を伸ばすことは大切ですが、最も大切なことは「利益」を出すことです。

売上が月1000万円あっても、利益が0円ならば手元には何も残りません。

逆に売上が月500万でも利益が200万円残れば、次の商品に挑戦したり、貯蓄に回すことができます。

・利益の計算式

簡単に計算すると利益=売上ー経費(コスト)

利益を伸ばすには、売上を伸ばすか経費を削るかの方法があります。

計算式の通り、売上が伸びても経費が高ければ利益は残りません。

今回は経費の中でも、仕入れをする際の代行業者への手数料を押さえるツール「ASIA PAY」(サービス名:epay21)を紹介していきます。

・ASIA PAYとは?

日本で唯一1688専門の決済業者です。

従来であればアリペイは使えましたが、アリペイ自体が日本人が作成するハードルが高くなっていました。

仮に作ることができても、円から元に両替する際に煩わしさがあったりと、デメリットが強い決済方法です。

そこで「ASIA PAY」を使うことで日本人でも、直接購入のような形をとることが可能になります。

日本の金融庁から認可されている「資金移動業者」なので安全性の高い支払いが可能です。
*登録番号:資金移動業関東財務局長第00070号

業界最安値の為替手数料も特徴です。

アリババグループと連携を構築していることもあり、ASIAPAYを通すことで自分でも直接買い物が可能になります。

・ASIAPAYの主な特徴

ASIA PAYを通じて1688のショップから直接仕入れが可能。

例を出すとセブンイレブンでおにぎりを買う時に、クレジットを利用するのか、PayPayを利用するのか。

支払いの選択肢が増えたイメージです。

直接仕入れることで、輸入代行業に支払う様々な手数料を省くことができるので、コスト削減に繋がっていきます。

・向いている人

中国輸入中級者以上の方に向いていると言えます。

逆に、メルカリでの販売や月の売上50万以下の小規模販売の場合メリットはそこまでありません。

仕入金額を減らしたい人や、OEM/ODMで販売している人に向いていると言えます。

・使用の流れ

ASIA PAYを通じて購入したい商品を選択します。

ここは従来のアリババの使い方と変わりません。

商品をASIA PAYで購入し、輸送先を選択する際にいつもの代行業者へ直送も可能です。

ASIA PAYのメリット・デメリット

ASIA PAYのメリット・デメリットは下記の画像にまとめているので、参考にして下さい。

基本的には中国輸入販売や1688の利用にある程度慣れている方、一定以上の売上を出している方向けのサービスとなっています。

特に初心者はまずは代行業者を通じて仕入れをして、輸入販売の工程に慣れておきましょう。

また、あくまで決済のみのサービスなので、輸入可能かどうかは自力で確認する必要があります。

・ASIA PAY利用時の流れ

簡単な流れを下記の画像にまとめているので、参考にして下さい。

詳しい内容はまた、利用の明細・詳細がありますのでいずれ紹介していこうと思います。

・料金設定

外国為替手数料を比較すると、ASIA PAYが一番安いことが分かります。

・ASIA PAY利用イメージ

従来であれば、自分と1688の間に代行業者がいました。

代行業者に頼むと為替レート手数料に加えて、買い付け手数料がかかってしまいます。

しかしASIAPAYを利用することで、為替手数料のみで購入が可能です。

しかもその為替手数料も最安値なので、一気にコストダウンが可能になります。

ただ、デメリットとして何か仕入れ先に質問したいときは、自分でやらなければならないという点があるので、そこは注意していきましょう。

まとめ

ASIA PAYのまとめに関しては下記の画像を参考にして下さい。

ASIAPAYについては動画の概要欄に詳細を貼りつけました。

興味のある方は、是非そこから登録いただければと思います。

今回も動画のご視聴ありがとうございました。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top