fbpx

フリマアプリ転売

メルカリアカウント停止対策とこれから継続するために必要なこと

メルカリアカウント停止対策とこれから継続するために必要なこと

今回のこの動画では、メルカリなどのフリマアプリのアカウント停止という問題と、これからも稼ぎ続けるために必要なことについて解説をしていきます。

メルカリなど様々なフリマアプリがある中で、今話題になっているのが転売に対する規制です。

そして、こういった問題が起きることでアカウントが停止され、それ以降収入が途絶えてしまうといったところで壁にぶち当たってしまう方が多いのではないでしょうか。

その壁を突破し、3年後5年後10年後も稼ぎ続けられるために何をしていくべきなのか?その事についてしっかりとお話をしていきますので最後までご覧ください。

動画での解説講義

メルカリ転売の現状

フリマアプリも現在は数多くありますが、中でも有名なメルカリについて今回は触れていきたいと思います

このメルカリは本来、不用品などを売る、シェアすると言った目的で始まったサービスです。

ですが、転売目的で利用する人の増加に伴い、2016年末ごろからメルカリでの転売規制が厳しくなり始め、転売目的の利用者に対し、空前絶後のメルカリアカウントバン祭りとなっているのです。

バン祭りが何を指すのかと言いますと、
メルカリアカウントの削除
売上金が無かった事に
次のアカウントが作成しにくい環境
といったところです。

ですので、メルカリ転売ビジネスの現状はとても厳しいものとなっており、未来がないと言い切っても過言ではありません。

メルカリ転売ビジネスに未来がない3つの理由

メルカリでの転売ビジネスに置いて未来がないと言いましたが、それには

  1. 転売規制の強化
  2. 出品アカウント作成時に求められる本人確認の強化
  3. ツール規制の強化

この上記の3点の理由があります。

これらを認知しているのかいないのかで、これからのアクションが変わってきます。ですので今現状、こういった問題を改めて認識する必要がありますので、詳しく解説していきたいと思います。

1.転売規制の強化

先も述べたように、2016年の12月から無在庫販売商品や、サイトなどからの画像の引用などを地ようした明らかな転売のものに対して取り締まりが厳しくなりました

過去にメルカリ上で、領収書を現金化する為に販売していたり現金そのものが販売されていたりといった悪用されているケースがありました。

転売というところがメルカリを上場させた面もあると思いますが、現在まで段々と取り締まりが厳しくなってきました。

2.出品アカウント作成時に求められる本人確認の強化

最近ではメルカリでアカウントを作成する際に今までの入力に加え、本人確認身分証明書の提出が求められるようになりました。

そのようになった事で1つのアカウントを丁寧使うことや不正利用しないなどといった意識付けを行わせることができます。

それに加えて、次のアカウントを作るのが難しくなるため、複数アカウントの作成や停止したアカウントの作り替えなどが行いにくい環境になってしまったのです。

3.ツール規制の強化

最近では、自動化された出品ツールや取引ツールが無くなってしまいました。

そのため、出品や取引などの作業を自身で行わなければなりません。

ということは、出品するということ自体に時間や労力が必要になってくるということです。

以上3つの観点からしてもメルカリでの転売は、

いつそのアカウントが停止されてしまうのか?
販売する物がなくなったらどう稼ぐのか?
規制をいつまで逃れられるのか?
時間の余裕は生まれるのか?

などの不安要素が拭いきれず、

一時的に稼げても、安定的に稼ぐことは不可能なのです。

これからも継続するために必要な事とは

いつ潰れるかわからない単純転売からあなただけのオリジナル商品へシフトしましょう。

自分だけのオリジナル商品を作るからこそ、規制などを気にせずに稼ぐことができます。

メルカリだけに限らず、Amazonや楽天などのプラットホームで稼ぎを得ることに関して共通として、

このような流れがあります。

見て分かる通り、最終的にプライベートブランド販売に辿り着くのです。

それでは今あなたは

単発収入を稼ぎたいですか?
それとも
継続収入を稼ぎたいですか?

これによってやり方がだいぶ変わってきます。

単発収入

旅行に行く予定があるや友達の結婚式があるなど、一時的にお金が必要になった時に、

手持ちの不用品を売ることで臨時収入を得ることができます。

こういった一時的な収入を単発収入と言います。

継続収入

脱サラして、ネットビジネス・物販などで収入をあげ続けたい、

そして家族を養ったり、自分のやりたい事をしたいという場合は継続的に稼ぎ続ける必要があります。

こういった継続的な収入を継続収入と言います。

ただし、そのように収入を得るためにはその為のやり方をしなくてはなりません。

誰もが同じ商品を同じ様に販売しているのではどこかで限界が来てしまうという訳です。

継続収入は、自分しか仕入れができない、自分しか販売できない状態を作る差別化が重要であり、

尚且つ、その商品を欲しいお客様、いわゆる需要がある商品を販売することが出来れば得ることができます。

他の人に真似できないという事も必要です。

ということは、今メルカリでの壁にぶち当たっている方は、

継続収入を得るために、周りとの差別化を図る必要があるということです。

プライベートブランド販売

あなたが周りとの差別化をして稼ぐ方法としてプライベートブランド販売があります。

プライベートブランド販売は転売と違い、自分の商品を自分で販売する方法であるため、

規制などに掛かる心配もなく本物の物販で稼ぎ続けることが出来るのです。

プライベートブランドの販路

プライベートブランドのオリジナル商品を販売していくにあたり、

1つの販路だけでなく、複数の他販路で展開することで、

より多くの収入を得ることが出来るようになります。

例〉
 ・楽天
 ・Yahooショッピング
 ・Amazon  など

ですがその場合、どこの販売サイト、プラットホームから攻めるのか?ということが重要になってきます。

初めから3つ同時に手を出すのは管理面などを考えるとオススメ出来ません

そこでわたしは、まず初めは〈Amazon〉から始めることをオススメします。

時間がなかなか取れない、現在サラリーマンや主婦の方が副業として始めようと考えているのであれば、他のプラットホームより始めることが出来ると思います。

その1番の理由として、楽天やYahooなどで出品をしていく場合には、他のプラットホームでの販売実績などが必要になります。

ですが、Amazonであれば実績不要誰でも始めることが出来るのです。

また、メルカリなどとも違い、納品作業は必要になりますが、1つ1つの梱包作業、発送作業も必要がないのです。

寺田の実績

ここで、わたし自身も現役のプレイヤーとしてやっておりますので、実際の実績というところを簡単にお見せしたいと思います。

上記のように、実際に13商品だけでこの売り上げ1,800万円を作りました。

これが転売となると、100商品では利かないほどの商品数になってくる訳です。

ですが、それをプライベートブランド販売にするとこで10数商品だけで売り上げを作ることが出来るのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回のテーマはフリマアプリアカウント停止のリスク

そして現在、転売に対する規制の問題が多くなってきているなかで「やっぱり、このまま転売をやり続けていいのか?」という壁にぶち当たっている方へ、

ここからどのようにして周りから一歩抜け出して、次にどういったステップを踏むべきなのかというところを解説してきました。

お分かりいただけましたでしょうか?

わたし自身も転売経験を経て、今、このプライベートブランド販売に辿り着いています。

皆さんにもご参考いただけましたら幸いです。

では、これからも共に頑張っていきましょう!

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top