中国輸入

Amazonバリエーション登録の3つのメリットとその登録方法

今回は、Amazonのバリエーション登録について3つのメリットとその登録方法についてお伝えします。今回の内容をしっかりと学んでいただくことで、Amazonであなたの商品ページを作成するだけでなく、

サイズバリエーション・カラーバリエーションなどを利用して1つの商品ページあたりの売上をあげることができますし、管理も楽になります。

最初は手こずるかもしれませんが、1度慣れてしまえば、あとは同じ作業ですので、この動画を学びマスターしてください。

バリエーション登録をする前の準備

 

まず、バリエーション登録をする前、もっと言えば商品ページを作成する前に準備しておかなければならないことがあります。この部分についてこちらの動画で解説をしていますので、まずはご参照ください。

 

つづいて、商品ページを作成する方法についてはこちらの動画を復習してください。

 

そもそも、バリエーションとは?

おそらく、まだAmazonで商品ページを作成した経験がない方は、バリエーションとはなになのか?わからない方もいらっしゃるかもしれません。

そもそもバリエーションとはこちらの商品ページのように、

カラーを3色1つの商品ページに並べたり、サイズを1つの商品ページに並べて販売する商品ページを作成する方法です。これをバリエーションと言います。

この商品ページの場合は、カラーバリエーションにて商品ページを作成しています。

商品ページのバリエーションを作成するメリット

では、Amazonの商品ページのバリエーションを作成するにはどういったメリットがあるのでしょうか?大きくは以下の3つのメリットがあります。

  • 商品管理が楽
  • 登録できるキーワードが増やせる
  • 後からバリエーションの追加が可能

というメリットがあります。つまり、バリエーションができるのであれば、しっかり使っていった方が徳であると言えるのです。

バリエーションの構成

バリエーションの基本構成としては、親の商品ページその下に子ASINという形式になります。

例えば、下記の商品であれば、このようになります。

 

ウィッグの親ASINを作り、その下に子ASINのブラウン、ブラック、ライトブラウンという形式でバリエーションを作成します。

また、バリエーション登録をすることで、それぞれにキーワードを設定して商品ページを作成することが可能です。

もし子ASINにキーワードを設定しなかった場合、親ASINの情報が反映されます。

バリエーション登録の方法

まず、Amazon Seller Centralの商品登録をクリックします。

カテゴリーを選択します。

続いて、重要情報、バリエーション、出品情報、コンプライアンス情報、画像、説明、キーワード、詳細を全て入力していきます。

この入力方法については、Amazonに好かれる販売ページの作り方とは?という動画にて解説していますので、こちらを見て頂きたいのですが、

 

ただし、バリエーション登録の場合は少し入力手順が独特ですので、下記の点に注意してください。

まず、重要情報についてですが、親ASINの時点(最初の重要情報の時点)では、JANコードの入力は必要ありません。

続いて、バリエーションの部分を開き、バリエーションの設定をします。

バリエーションの種類を入力したら、「バリエーションを登録」というボタンをクリックします。この場合、ブラック、ブルー、レッドのカラーバリエーションという形式になります。

なお、商品コードのタイプについては、EANを選択してください。

バリエーションを後から追加する方法

バリエーションを後から追加する方法についてですが、

在庫管理をお願い致します。

バリエーションの親ASINの在庫管理ページより、詳細の編集をクリックしていただき、

バリエーションを追加していただければ、バリエーションを追加することができるようになります。

まとめ:バリエーション登録と活用して売上の底上げを目指そう

今回紹介したバリエーション登録について学んでいただければ、あなたはAmazonの商品ページでサイズ別、カラー別の商品ページを作成することが可能になります。

このバリエーション登録をすることで単色では達成できなかった売上を2カラー、3カラーと追加することで売上の底上げをすることができますので、必ずマスターしてこのバリエーション登録についてマスターしてください。

 

URL
TBURL

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Facebookでコメントする

Return Top