Amazon販売

Amazonの各種手数料と大口出品・小口出品の違い

Amazonの各種手数料と大口出品・小口出品の違い

これからAmazon販売をはじめていくにあたり、出品者として登録していく方法について解説していきます。この記事を学習することによって、あなたはAmazon販売をスタートすることができるようになりますので、必ずこの記事を学んでAmazon販売をスタートさせてください。

1:Amazonセラーセントラルに登録する

Amazonでは出品し、販売したい方向けにセラーセントラルという出品者が管理できるシステムが提供されています。そのAmazonのセラーセントラルにまず出品者として登録していくことが必要になります。

したがって、まずGoogleやYahooで「Amazon 出品サービス」と検索していただき、出品者として登録するページに飛んでください。

大口出品と小口出品

Amazonの販売者登録には月額4900円の基本成約料が固定されている大口出品、1商品を出品するごとに100円の基本成約料がかかりかつ様々な制約のある小口出品というものがあります。つまり、1ヶ月50商品(50個)以上出品するのであれば、大口出品の方が有利ということです。

主な違いは以下の通りです。

  基本成約料 販売手数料 カテゴリー成約料 出品カテゴリーの制限 新規出品 分析ツール
大口出品 月額4,900円固定 本、DVDなどのみ 申請が必要
小口出品 1商品出品するにつき100円 本、DVDなどのみ カテゴリーによって出品不可  相乗りのみ  ×

詳しくはこちらのAmazonの公式ページを確認してください。

中国輸入ビジネスをこれから本格的に進めていくのであれば、1ヶ月50商品(50個)以上は出品すると思いますので、出品大口出品に契約をしてください。

販売手数料

販売手数料とは、Amazonでそれぞれのカテゴリーごとに売れた際に発生する手数料のことです。メルカリでは一律10%ですが、Amazonの場合は、それぞれのカテゴリーによって手数料が異なります。

販売手数料の詳細についてはこちらのAmazonのページを確認してください。

カテゴリー成約料

カテゴリー成約料とは本、DVD、ビデオ、ブルーレイなどのメディアの商品がうれたときに、販売手数料と別に発生するものになります。

2:早速、大口出品者として登録しよう

では、基礎的な違いを理解したところで、早速大口出品者としてAmazonに登録していきましょう。こちらで紹介したページから「今すぐ登録する」をクリックしていただければ、下記のようなページが出てきますので、ページの指示にしたがって情報を入力していってください。

大口出品者として登録を進めるにあたり以下のものが必要になります。

大口出品者として登録するときにはクレジットカードと電話番号が必要

大口出品として登録する際には、クレジットカード(デビットカード、プリペイドカード)が必要になります。したがって、諸事情でクレジットカードを作れない方もいらっしゃると思いますが、そういった方はVプリカなどのプリペイドカードをお使いください。

また、電話番号については、050番でも大丈夫ですが、将来的には、090、080、070番のみとなる可能性やSMS認証が必須になる可能性あります。

Amazonの指示にしたがって、手続きを進めていただければ問題なく出品者として登録することができます。

既に小口出品のアカウントを持っていて大口出品へ切り替える場合

既に小口出品のアカウントを持っている場合は一度セラーセントラルへログインをし、その後、先ほど紹介したページの「今すぐ登録する」をクリックすると、こちらのページが出てきますので、「大口出品」に切り替えれば、大口出品者へ切り替えることができます。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top