Amazon販売

【2022年最新版】 売れるキーワードの見つけ方と効果的に使うポイント徹底解説!!

【2022年最新版】 売れるキーワードの見つけ方と効果的に使うポイント徹底解説!!

今回のテーマは、2022年最新版 売れるキーワードの見つけ方と効果的に使うポイントを解説いたします。

商品を販売していくためには、SEO 検索を上位に表示させることが大事ですが、どのようなキーワードでSEOを狙っていくべきなのか、その商品キーワードを自分の商品カタログのどこに反映させていくべきなのかをお伝えしていきます。

関連性を強化していかないとSEOはなかなか向上しませんので、自分の商品の売上を向上させたい方、SEOを上げていきたい方はお役に立てるのではと思いますので、ぜひ参考にされてください。

動画での解説講義

Amazonの検索エンジンについて

Amazonの検索結果は勝手に表示されているのではなく、AIがこのキーワードについてよく売れていてお客さんが望んでいる商品だという関連性が高まるほど上位に表示されます。

ですので、検索結果での表示位置が売上に大きく影響してきます。

その際、使用されるキーワードは何なのか?検索されたときにどの商品が最適なのか?検索キーワードを効果的に使うことが重要になってきます。

売れるキーワードの使う場所

よく検索されるキーワードで自分の商品を表示させることが大事ですが、この関連性を高めていくために、次の3か所を必ず設定してください。

1.商品名(商品タイトル)

商品タイトルは特にSEOに大きく影響するところなので重要なキーワードを入れましょう。

外部検索エンジンからの検索も対象となるため、しっかりと埋めていきましょう。商品タイトルは50文字までに抑えましょう。

2.検索キーワードフィールド

新規出品の際に入力する検索キーワードフィールドには商品タイトルに入れていない関連キーワードを入力しておきます。

例)折りたたみ傘関連キーワード:折りたたみ 軽量 自動開閉 メンズ レディース 日傘 コンパクト UV 頑丈 etc.

3.商品仕様・商品紹介コンテンツ

商品仕様にも売れるキーワードを自然な文章で入れていきます。これで、売れるキーワードの関連性をアップさせることで表示されやすくなります。

商品の魅力をお客さんに伝える意味でも商品仕様には入れておいた方が良いでしょう。

売れるキーワードを狙うポイント

お宝キーワードを使う

お宝キーワードとは、売れるキーワードなのにライバルが少ないキーワードのことです。

お宝キーワードを狙う4つのメリット

お宝キーワードを狙うメリットには次の事項が挙げられます。

  1. SEO対策がしやすい
  2. ライバルが少ない
  3. 広告の入札単価が低い
  4. 商品が長生きしやすい

お宝キーワードを探す前にやるべきこと

お宝キーワードを探す前に次の3つを行いましょう。

  1. 商品市場の選定
  2. 市場分析
  3. レビュー分析

狙うべき市場

参入余地ののある市場で売れる商品が前提条件として必須になります。狙う市場は販売単価が安く、市場がニッチな④がやりやすいです。

お宝キーワードを見つける方法

1.ツールで関連キーワードを調べて検索ボリュームを調べる

まず、ツール(Seller Spriteなど)を使うことで自分では思いつかないキーワードを洗い出すことができます。

そして、検索ボリュームを調べることができますので、検索数は多いがライバルが少ないキーワードを見つけることができます。

お宝キーワードを見つけ方を実演で解説している動画がありますので、良かったらこちらも参考にしてみてください。

関連キーワードを調べる方法

Seller Spriteのキーワードマイニングがありますので、ぜひ活用してください。

使い方の解説動画はこちらをご覧ください。

検索ボリュームを調べる方法

お客さんがAmazon上でどれだけその検索をされているのかという調べる方法で、Seller Spriteの逆引きリサーチというのがあります。

こちらの解説動画もぜひ参考にされてください。

キーワードマイニングを使うメリット

Seller Spriteでのキーワードマイニングを使うことによるメリットですが、思いつくことができないキーワードを洗い出すことができます。また、月間検索数や販売数が分かるので、どのキーワードがどのくらい売れているのかを知ることができます。

キーワード逆引きリサーチを使うメリット

こちらの場合は、ライバルと関連性が高いキーワードを洗い出すことができます。

Seller Spriteを使用した売れるキーワードの見つけ方はこちらの動画で解説しています。

2.ライバルのタイトルを分析する

ライバルも同様、出品前にキーワードを分析しています。そのため、ライバルが付けているタイトルが参考になるということです。

まず、商品タイトルに重要なSEOキーワードを入れており、共通する部分がありますのでしっかり見ていきましょう。

また、タイトルキーワードを洗い出せば、お宝キーワードがある可能性がありますので、ぜひ複数のライバルを見て、そこにも注目してみてください。

終わりに

今回は、商品のキーワードというところでお宝キーワードを狙っていく、そしてその設定方法を解説させていただきました。

あとは広告の回した運用レポートからキーワードを洗い出すこともできますが、やはりアップロードしていくことによって自分のカタログ商品は強くなっていきますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top