中国輸入

高額塾が無料!寺田式物販スクール

  • 特典1:商品リサーチツール『TERADAリサーチ』無料版プレゼント
  • 特典2:寺田正信無料物販ビジネス相談
  • 特典3:寺田が登壇する「OEMセミナー」への無料参加権利
  • 特典4:不用品販売から中国輸入OEMまで50時間を超える講義動画
  • 特典5:LINE@で登録者限定で中国輸入セラーのリサーチ情報を配信

※ご登録後、自動返信メッセージで特典をお送りさせていただきます。

最新のセミナーはこちら↓

ZOOMセミナー

2022年

1月22日    (土)  13:30〜17:30

東京セミナー
1月30日(日)13:30~18:00

大阪セミナー
1月23日(日)13:30~18:00

申し込みはこちら↓

https://ex-pa.jp/item/6810

2021年下半期 中国輸入初心者が最短最速で結果を出す3つのアドバイス

2021年下半期 中国輸入初心者が最短最速で結果を出す3つのアドバイス

今回は中国輸入&プライベートブランド販売初心者が、2021年下半期で最短最速で結果を出すための3つのアドバイスをまとめました。

どんな商品を取り扱うのか、それが悪ければ結果は出ません。

稼ぎを得るためには、押さえていくべきポイントがあります。

今回の動画で、そういったポイントを抑えて貰えればと思いますので参考にしてください。

動画での解説講義

始めに

下記のような悩みを持つ方は多いのではないでしょうか?

こういった悩みを持つ方は、是非動画の方を最後までご覧ください。

実際に「飯沢さん」という教え子さんが、月商5500万利益1800万越えを達成できています。

このように結果を残すには、自分だけのブランドを持ち安定した収入を伸ばしていくことが大切になります。

実際プライベートブランドとは、どのような物があるのでしょうか?

身近なものだと、セブンイレブンのセブンゴールド・イオンのTOPVALUといった商品もプライベートブランドに該当します。

商品と中身は一緒ではありますが、ブランド名が違うという特徴があります。

アパレル関連を例に出すと、ノーブランドの服にブランドのタグを付けたり、オリジナルデザインの服を作って販売するといった方法が挙げられます。

プライベートブランド販売8つの特徴

プライベートブランド販売の特徴としては、下記のような特徴があります。

会社とは違い全て自分のアイディアで働くことができる上、場所を選ばないので自分の好きなスタイルでの仕事が可能。

ブランドが有名になれば、知名度も付き社会的信頼度も上がるため、人生の幸福度が高まりストレスフリーな生活を送れるようになるということです。

寺田式プライベートブランド販売で稼ぐための3つのアドバイス

プライベートブランド販売にも、やり方は色々あります。

今回は寺田式プライベートブランド販売のアドバイスをしていきましょう。

前述のとおり実際に実績者が多数いるので、業界でも屈指の方法だと自負しています。

1商品利益10万円/月を狙っていく

1か月で利益を10万稼げる商品を狙っていきましょう。

売上ではなく、実利益で10万円です。

更に長期的に販売可能な、ロングテールとなる商品を探すことが大切です。

できる限り1年以上販売していくので、年の利益が1商品120万ということになります。

こういった販売方法を少数精鋭販売と呼んでいます。

商品数を絞ることで、サラリーマンなど副業に多くの時間が取れずにいる人でも始めやすいといったメリットが。

やることが多すぎるとキャパオーバーしてしまい、結局始められないという問題が起きかねません。

そして、そのキャパオーバーの原因の多くは、商品を大量に扱ってしまうことが原因です。

少数精鋭販売のメリットとしては下記の通り。

2~3か月で売れなくなってしまうような商品を扱うと、商品探しに時間がかかり結果売り上げ低下にも繋がります。

そのため、目標としては長期で月10万利益をだす商品を探していくことが大切です。

単利500円/個以上

一個売った時の利益が500円以上の物を探しましょう。

目標としては月利10万円ですが、単価が安いとそれだけ多く売らなければなりません。

1個100円なら1000個売って10万ですが、1個500円なら200個売るだけで達成できてしまいます。

また、セールや広告を打つ場合にも影響があります。

何故なら単価利益が安すぎると、利益が取れない状態になってしまう恐れがあるからです。

そのため、単価利益500円以上になる商品を探していきましょう。

デザインが違う商品

Amazonで商品を購入する際、例えば下記のバッグの画像を確認してください。

それぞれ別の商品ですよね?

バッグというカテゴリではありますが、カテゴリ以外はすべて違います。

後出しで商品を出す場合、先に出したライバルの方がレビューがついていて、SEOの表示位置も高いので不利になります。

しかし、後出しで出した商品でも、デザインを変えることで商品の差別化を図ることが可能です。

ライバルの商品よりも、こちらの商品のデザインを気に入って貰えれば、それだけで購入されたりするケースもあるでしょう。

逆にいうとデザインが同じ商品の場合、非常に販売が困難です。

折り畳み傘を例に出していきましょう。

折り畳み傘は奇抜なデザインもないですし、傘の形も同じ。

そういった商品は、差別化を付けることが難しいので初心者には不向きです

差別化しにくいからといって、商品が売れない訳ではありませんが、難易度が上がるので初心者の方は差別化しやすい商品を狙っていきましょう。

アドバイスまとめ

この3点を意識するだけでも、どういった商品を選ぶべきなのか。

それを絞り込むことができます。

やみくもに探すのではなく、基準を明確にすることで商品のリサーチ速度も上がるというメリットも。

もちろん、早くリサーチが終われば早く販売できるので、最速最短で販売できるという証明になります。

大切なことは単発の収益で終わらせるのではなく、継続的に安定した収益を生み出してくれる商品を探すことが大切です。

上級者になれば50万、100万といった利益も目指せますが、まずは確実に売れる商品を探して実績を積んで行きましょう。

Amazon OEM/ODM販売5つのステップ

Amazonでプライベートブランド販売をする上で、大切な5つのステップがあります。

特に重要なのはリサーチと、販売になります。

商品を選んだ時点で、後々成功するかはほぼ決まります。

どんな販売テクニックを使っても、売れない商品は売れません。

実際に安定した収益を作るためには、2つのスキルを身に着ける必要があります。

  • リサーチ力
  • 販売力

この2つを身に付ければ、結果を残すことができるでしょう。

実績者の例をあげると、現在は自分のブランドファンまでできている「青木さん」

この方も2つのスキルをしっかりと身に着けた結果、実績を残すことができました。

他にも様々な実績者がいて、やはり全員しっかりと正しい知識を学んだことが大きいです。

我流で適当にやって成功できるほど、プライベートブランド販売は甘くありません。

ただ実際に動画を見ている方は、この寺田式プライベートブランド販売を学んでいるということになるので、我流とはいえないかもしれません。

リサーチ力と販売力を身に付ける4つのポイント

リサーチ力と販売力を身に付けるためには、下記の4つのポイントがあります。

このどうすればといった点がパッと頭に浮かばない場合は、知識が足りないという証明ですのでしっかりと学ぶ必要があります。

寺田式プライベートブランド販売では、下記のような内容をお伝えするセミナーを定期的に開催しています。

プライベートブランド販売に興味があり、これから自分の収入を伸ばしたいと考えている方は是非参加してみてください。

まとめ

今回は2021年下半期に、初心者の方が結果を伸ばすための3つポイントを解説しました。

リサーチ力と販売力を身に付けるのは、プライベートブランド販売においては必須技能です。

その2つの力は独学で学ぶことは、非常に困難な道のりになってしまいます。

しかし、それらは人から知識を受け継ぐことで、独学で学ぶよりも簡単に成長させることが可能です。

これから先、会社の給料だけに頼らず自分の力で稼ぎたい。

脱サラをして、本格的にプライベートブランド販売の世界に参入したい。

そう考えている方は、是非セミナーへの参加を検討して頂ければと思います。

それでは、今回も動画のご視聴ありがとうございました。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top