fbpx

Amazon販売

Amazon×中国輸入OEMで商品レビューを集める3つ方法

Amazon×中国輸入OEMで商品レビューを集める3つ方法

今回のテーマでは、Amazonの商品レビュー(OEM)を簡単に集める3つの方法についてご紹介をしていきます。

実際に今、販売している商品というものは「商品レビュー」を集めたほうが絶対に売上は上がりますし、成約率も上がります。

しかし、レビューはなかなか付きにくいという所があるので、レビューをなるべく早く簡単に集める方法を今回はまとめてみました。

最後までご覧頂くことで「参考になったな」「良かったな」と思って頂ける内容ですので、ぜひ参考にしてみて下さい。

動画での解説講義

商品レビューとは

こちらの画像のように実際に商品を購入する際、商品レビューの「星」が出ていると思います。

お客さんは商品の画像や説明文も参考にしていますが、先に購入者のレビューの星をチェックして購入するかを判断する人が非常に多いです。

やはり、レビューが多い商品は信頼されやすく、商品が多く買われている証拠ですし、声が多いことが売上向上に繋がっていきます。

また、レビューが多ければ、Amazonの評価のユーザーが見る場合、「レビュー数順」や「評価の高い順」で並び替えると見つけやすくなる(上位表示される)のも特徴的です。

Amazon商品レビューを獲得する3つの方法

方法①:Amazon Vine

Amazon Vine(アマゾン・バイン)はあまり聞き慣れないかもしれませんが、こちらは「Amazonが選定したVineメンバー(Amazon公認のレビュアー)に商品サンプルを無料配布する」というシステムです。

無料サンプルを配布することにより、そのVineメンバーがレビューを書いてくれるという信頼できるプログラムになります。

メリット

メリットはすごく大きく、レビューは通常付きにくいものですが、販売開始後すぐにレビューが付くようになります。

商品の出したては中々売れていかないものですが、そんな中で無料サンプルが30個分あり、「1商品最大30レビューまで狙える」のが特徴です。

これがあるのと無いのでは全然売上が変わってきますので、使用するのは大きな売上に繋がるものとなります。

デメリット

デメリットとしては、「Amazonブランド登録が完了したブランドのみ」が利用可能です。

こちらのAmazon Vineを使うためには、ブランド毎にこちらのVineが使えるのですが、各ブランドでこちらの「Amazonブランド登録」を完了させておく必要があります。

それ以前に商標登録などもする必要があり、Amazonブランド登録方法は以下の「Amazonブランド登録 4つのメリット申請方法」で説明をしております。

Amazon Vineを使用したい方はこちらの概要欄を見て頂ければと思います。

Amazonブランド登録 4つのメリットと申請方法

方法②:早期レビュー取得プログラム

早期レビュー取得プログラムとは、「Amazonが購入者に対して少額のギフト券(300円程度)を渡し、商品レビューの記載依頼・収集をしてくれるサービス」になります。

メリット

メリットとしては、単純にお客さんがレビューをしてくれる確率が高くなります。

ただでさえお客さんは、Amazonでレビューを書く動機・理由というものがあまりないので、商品が届くだけで満足される方・忘れてしまう方が多いです。

そこでAmazon側がギフト券を渡すことで動機が生まれて、お客さんもレビューを書きやすくなるという仕組みがあります。

デメリット

デメリットとしては、1商品につき6000円掛かるということなので、無料で使用できるわけではありません。

また、「販売価格1500円以下は使えない」という特徴もあるので、1500円以上になるような商品を選んで頂く必要があります。

なお、この早期レビュー取得プログラムにつきましては、以下の概要欄にコンテンツを紹介しておりますので、ぜひ合わせてご覧頂ければと思います。

方法③:レビューリクエスト機能

このレビューリクエスト機能とは、「注文管理画面から購入者に対して、”レビューを促すメール”を送ることができるサービス」になります。(レビュー用のリマインドメール)

以前まではレビューを促すために「サンクスメール(ありがとうメールを送る)ツール」を使う必要がありましたが、今はAmazonの注文管理画面1つ1つ毎に「レビューリクエストボタン」というものが実装されました。

ですので、サンクスメールを使わなくてもAmazonにデフォルトで付いている「レビューリクエスト機能」を使うことで対応できるようになりました。

メリット

メリットとしては、無料で購入者会員にメールを送ることができます。(あくまでも購入者のみ)

そして、レビューのリクエストもこちらからプッシュすることが出来るので、レビューを一定数の方が書いてくれる(レビューが付く確率が高まる)という点が良い所です。

デメリット

デメリットとしては、”手動で1件ずつ”メールを送る必要があるという点になります。(手間が発生する)

レビューリクエストは無料で送ることが出来ますが、自動で一気にメールを送るということは出来なくて、自分で購入された画面毎に1つずつポチポチと押す必要がある点がネックです。

100件注文があったら100回ボタンを押す必要があるので、売れる毎に面倒になってくるのですが、それを解決するツールを見つけることが出来ました。

レビューリクエストツール

現在、レビューリクエストツールというものがGoogle Chrome(グーグルクローム)の拡張機能でどんどん増えてきています。

Chrome拡張機能のストアにて、「Amazonレビューリクエストツール」と検索すると色々なツールが出てきます。

これを使うと無料で自動的にレビューリクエストを送ってくれて、1度ポチっとボタンを押せば機械的に処理してくれるので、作業時間が短縮できます。

おすすめツール「ARequesty」

「Amazonレビューリクエストツール」にて、Chrome拡張機能のおすすめは「ARequesty」(エーリクエスティ)という無料ツールです。

英語のツールですが、Chromeであれば日本語に翻訳が可能なので、翻訳機能を使いながら説明書を読みながらご活用下さい。

こちらのAmazonレビューリクエスト機能の使い方に関しても、具体的な使用方法を以下のリンクでご紹介しています。

こちらの「Amazonレビューリクエスト機能の使い方と注意点」もぜひ合わせてご覧ください。

まとめ

  • ①Amazon Vine(アマゾンバイン)⇒先にブランドの「商標登録」⇒「アマゾン限定ブランド」を登録して、Amazon Vineを使用(なるべく早く登録するのがおすすめ)
  • ②早期レビュー取得プログラム⇒1500円以上の価格帯の商品にしか使用できないので注意
  • ③レビューリクエスト⇒手動でポチポチとボタンを押す手間が省ける

1番早くレビューが付くのは1つ目のツールの「Amazon Vine」で、過去に500件・1000件とレビューを書いている「ベストレビュアー」さんも書いたりするので特に使って頂きたいです。

そして、3つ目の「レビューリクエスト機能」は無料なのに使いやすいツールがあり、1つの作業が1秒も掛からなくなる便利なツールです。

こちらの3つのレビューの集め方を工夫して頂き、どんどんとレビューが付きやすくなるような工夫・仕組みづくりをしていって下さい。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top