fbpx

Amazon販売

Amazon SEO×楽天SEOを最速で攻略するための3つの共通点と違いを徹底解説

Amazon SEO×楽天SEOを最速で攻略するための3つの共通点と違いを徹底解説

今回のテーマは「Amazon SEO×楽天SEOを最速で攻略するための3つの共通点と違いを徹底解説」になります。

Amazonでしっかりと実績をあげた後、スムーズに楽天でも立ち上げて、早い段階で売り上げを作っていくためのそれぞれの共通点・違いが存在します。

それを押さえておくことによって、楽天でもスムーズな立ち上げが出来るようになります。

こちらの記事をしっかりご覧頂くことで“販路展開”も非常にやりやすくなりますので、ぜひ最後までご覧下さい。

動画での解説講義

3つの共通点

  1. 商品タイトルのキーワード選定
  2. キーワードに対する転換率/販売件数(ユニットセッション率)
  3. クリック課金型の広告を運用

AmazonSEOと楽天SEOの3つの共通点ですが、「商品タイトルのキーワード選定」「キーワードに対する転換率/販売件数(ユニットセッション率)」「クリック課金型の広告を運用」があります。

こちらの3つが主な共通点であり、Yahooショッピングなども一緒になりますが、共通するSEOの部分なので覚えておくことが大切です。

Amazon SEOと楽天 SEOの違い

  • クーポン広告の有無

次にAmazon SEOと楽天 SEOの違いですが、Amazonの方で使える「クーポン広告の有無」が主な違いになります。

ここからは先程の「3つの共通点」について、1つずつ紹介をしていきたいと思います。

1.商品タイトルのキーワード選定

1つ目は「商品タイトルのキーワード選定」ですが、お客さんが商品を探すためにキーワード検索をした時、しっかりと需要のあるポジション(商品ページ)を陣取っておく必要があります。

Amazonでも楽天でもそうですが、SEOにおいて「商品タイトルに入っているキーワード」は非常に重要です。

Amazonの場合
・Seller Spriteの活用
・検索のサジェストキーワード
・ライバルのタイトルキーワード

Amazonでは「Seller Sprite(セラースプライト)の活用」を使って、キーワードをピックアップすることが重要です。

後は「検索のサジェストキーワード」を使って選定し、「ライバルのタイトルキーワード」から“共通キーワード”を拾っていくというやり方があります。

楽天の場合
・ライバルのタイトルキーワード
・検索のサジェストキーワード

楽天では「ライバルのタイトルキーワード」「検索のサジェストキーワード」を使ってのキーワード選定のみとなります。

例えば「おねしょズボン」というキーワードの場合、Seller Spriteを使って実際に“キーワード需要”をチェックしてみました。

「どのキーワードが検索ボリュームがあり商品が売れているのか?」、そういった部分をSeller Spriteで見ていくことが出来ます。

基本的にAmazonと楽天では購入する層が似ている(ニアリーイコール)ですので、Amazonで需要があるものは楽天でも需要がある可能性があります。

実際に商品を検索すると、このような「おねしょズボン」が商品ページに出てきます。

Seller Spriteで調べた「需要のあるキーワード」でAmazonで販売しているライバルを確認していきましょう。

Amazonの方が詳細なキーワード分析が可能
→原則はAmazonでキーワード分析を行い
楽天など他のプラットフォームに転用する形式で良い

AmazonではSeller Spriteを使うことによって「詳細なキーワード分析」が可能となります。

ですので、まずはAmazonでキーワード分析を行い、Amazonで需要のあるキーワードを楽天などに応用するということです。

楽天ではライバルのキーワードの検索ボリュームなどが出せないので、Amazonという媒体を使って“擬似的に確認”をして、需要のあるキーワードを楽天でも応用する形となります。

2.キーワードに対する転換率(ユニットセッション率)&販売件数

2つ目は「キーワードに対する転換率(ユニットセッション率)&販売件数」です。

自分の商品のSEO、商品ページの表示位置を高めるためには「転換率(CVR)」「販売件数」というのは非常に重要になってきます。

キーワードに対してユーザーが検索した後に「他の商品と比較して、どれだけクリックされるか?」が1つの評価指標になります。

また、Amazon同様のキーワードに対する販売件数も1つの指標となります。

自分の商品のSEOを上げていこうと思う場合、見られてから購入に至った割合が大きいほうがSEOに大きな影響があります。

そして、「1人の人が10個買った」という販売個数ではなく、「10人の人が1個ずつ買った」という販売件数の方がAmazon上では評価されます。

転換率と販売件数を上げるポイント
  • 1枚目の商品画像にこわだる
  • レビューが1つ以上ついている(平均3.5以上を目指す)
  • 検索結果で表示されるお得なマークを全て攻略する

ここで「転換率と販売件数を上げるポイント」ですが、まずはお客さんに商品をクリックしてもらわないと売れるという所に繋がりません。

ですので、「1枚目の商品画像にこわだる」ということで、定期的に差し替えをして「どの画像が1番クリック率が高いか?」の“A/Bテスト”をしていきます。

あとはなるべく「余白を少なく、商品画像が大きく写るもの」を選ぶようにしましょう。(スマホの画面に最適化した画像を意識)

あとはレビューが最低でも1つ以上は付いておく必要があり、レビューを増やしながら「平均3.5以上」を目指すようにしていきましょう。

あとは「検索結果で表示されるお得なマークを全て攻略する」ということになりますが、これは例えば「プライムマーク」「クーポン」などです。

楽天の場合は「39ショップ」「あす楽」「ポイント付与」「送料無料」などがお客さんにとって1つのわかりやすい“指標”になります。

お得なマークが付いていることで「これはすぐに届くんだな」「これは送料無料なんだな」などが分かるようになっていますので、この部分を攻略していきましょう。

3.クリック課金型の広告を運用

3つ目は「クリック課金型の広告を運用」になりますが、Amazonには「スポンサープロダクト広告」があります。

一方の楽天では「検索連動型広告(RPP)」というものがあります。

検索連動型広告(RPP)とは?

予算を設定するだけでユーザーの
検索に適した商品が自動で露出される広告

≒Amazonスポンサープロダクトの
オート広告

この「検索連動型広告(RPP)」というのはAmazonの「スポンサープロダクト広告」の「オート広告」に近いものです。

予算を設定して、ユーザー検索に適した商品を楽天が自動的にキーワードをピックアップし、そのキーワードに合う“自分の商品”を出してくれる広告になります。

ポイント

商品ページに検索対象キーワードが
入っていないと表示されない
→商品ページ(特にタイトル)の
キーワード選定をしっかりと行っておく必要がある

ポイントですが、検索連動型広告(RPP)の場合は「商品ページに検索対象キーワードが入っていないと表示されない」という特徴があります。

オート(自動)で商品ページに含まれるキーワードを自動ピックアップするので、狙うSEOキーワードは「商品ページ(特にタイトル)」にしっかりと入れるようにしましょう。

●デフォルトの設定
店舗内全商品のCPCは
同一個別設定で商品ごとに
キーワードとCPCを設定することができる

≒Amazonスポンサープロダクト広告の
マニュアル広告

あとは「デフォルト設定」の場合ですが、店舗内の全商品のCPC(クリック率)は「同一個別設定」で商品ごとにキーワードとCPCを設定することが出来ます。(入札単価のようなもの)

これはAmazonスポンサープロダクト広告の「マニュアル広告」と同じような形になります。

RPP広告 商品・キーワード設定方法

検索連動型広告RPP広告>
商品キーワード設定

最後に「RPP広告 商品・キーワード設定方法」については、「検索連動型広告RPP広告」というカテゴリがあります。

そして、「商品キーワード設定」という所から、RPP広告の「商品・キーワード設定」をするようにして下さい。

まとめ

3つの共通点
・商品タイトルのキーワード選定
・キーワードに対する転換率/販売件数(ユニットセッション率)
・クリック課金型の広告を運用

・Amazonと楽天では同じ要領や考え方で
攻略できるポイントが多い

→Amazonで商品ラインナップを揃えることを優先し、
その後に多販路展開をすることで短期間でも爆発的に
売上をあげていくことができる

今回は「Amazon SEO×楽天SEOを最速で攻略するための3つの共通点と違いを徹底解説」をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

楽天からいきなり最初の段階で入るというよりも、Amazonを最初に優先して、売り上げの土台を築いてから販路展開した方が両方のSEOを学びやすいです。

AmazonSEOと楽天SEOは非常に似た所があるので非常にスピーディーに立ち上げることができると思います。

ですので、まずはAmazonで商品のタイトルをしっかりと決めて、需要のあるキーワードで広告などを使いながら、販売件数・転換率を上げていきましょう!

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top