中国輸入

中国輸入ビジネスで関税はどうやって支払えばいいのですか?

中国輸入ビジネスで関税はどうやって支払えばいいのですか?

それでは、関税の支払いについてお話していきます。

関税は実際に商品が通関を通った時に支払われる税になります。

中国輸入でかかる関税の税率について

関税は商品によって異なってきます。実際に種類が多すぎるので僕も覚えているわけではないのですが、関税のホームページ、税関のホームページを見て頂ければどの科目のものがどれだけかかるのか、というものが書いてありますので、検索して頂ければと思います。

 

ただ、商品によってかからないもの、よくかかるものっていうのはあるので、必ず見ておいてほしいです。たとえば、アパレルの場合はほとんどかかってきます。

 

では、関税が発生するとなったときにどうやって支払うのかということをお話していきます。支払いに関しては商品に添えているインボイスを元に計算されます。その商品が国際発送するときに、箱の中には一体どんなものが入っているのか、というのを、商品名、数量、金額っていうのを記載している明細書のようなものがインボイスです。

 

その明細書を入れておく必要があるのですけれども、それは仕入れの代行業者が代わりに記載していただけます。そのインボイスに基づいて関税というものが発生します。

 

中国輸入ビジネスで関税の支払う方法

では、これから実際にどのように支払うか?についてお話していきます。通関後、その通関でこれとこれは関税がかかるもの、となった場合ですが、こっちの日本に届いて、だいたい佐川急便とかが日本の空港から例えば僕たちの自宅とかオフィスとか倉庫に届けてくれる場合は、ほとんどの場合佐川とかが代行してくれます。

 

EMSであれば、郵便局なのですけれども、ほとんどの場合佐川急便がやってくれまして、佐川急便の方が一旦関税を立て替えてくれます。そのまま僕のところに持ってきてくれたときに、「関税が生しています」というように言ってきます。

 

そのときに、荷物が届いたと同時に関税を支払うということになります。

 

事前に、「もうすぐ日本に届くよ」というのが追跡番号で追跡していただければ分かるのですが、そのときに佐川に問い合わせしていただけると関税がどれくらいかかるのか、というのが分かりますので、聞いていただければと思います。

 

ですので、関税は実際に商品が手元に届いたときに、佐川のお兄さん、届けてくれたお兄さんに支払う、というだけです。

 

したがって、どこかに支払いに行くなど非常に面倒な手続きというものはないので、ご安心していただければと思います。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top