fbpx

中国輸入

中国輸入Amazon 初心者におすすめのカテゴリジャンル3選

中国輸入Amazon 初心者におすすめのカテゴリジャンル3選

今回の動画では、初心者におすすめの中国輸入ジャンルを紹介していきます。

初心者の方からよく、「どういったカテゴリで始めればよいですか?」

そう言った声を多数いただいたのが、この動画を作成するきっかけになりました。

タイトル通り、初心者必見となっていますので、業界の経験が浅い方は是非参考にしてください。

動画での解説講義

初めに

公式LINEや、YouTubeコメントから「どのカテゴリが売れますか?」という質問が多数寄せられていました。

メインの市場となるAmazonですが、カテゴリが非常に多いです。

詳しくは下記の画像を参考にして欲しいのですが、本から始まり楽器やアパレル系など様々になります。

 

おすすめのカテゴリの基準

それではおすすめのカテゴリを紹介する前に、何故そのカテゴリがおすすめなのか。

基準を先に、説明していきたいと思います。

前提としておすすめのカテゴリはありますが、絶対に売れるカテゴリ・絶対に売れないカテゴリというものはありません。

最終的にはカテゴリではなく、選んだ商品が大切になってくるからです。

今回選んだカテゴリは扱いやすい商品基準を参考にしています。

その基準とは下記の3種類です。

  • 商品の取り扱いが簡単
  • 参入障壁が低い
  • 市場が大きい

商品の取り扱いが簡単

輸入は軽い、小さい、壊れやすい物をメインに扱うことをお勧めしています。

この3つは輸入3定義として、覚えておくと役に立つでしょう。

逆に重い商品や大きい商品は送料が高いというデメリットが。

また、機械系などの壊れやすい商品は、輸入時の破損や、初期不良のリスクが付きまといます。

そのため、まだ資産が30万~50万の低予算ですと、効率が悪いです。

こういった事情から、初めは検品が外見だけで判断できるような商品がおすすめです。

参入障壁が低い

参入障壁が低いとは、許可や申請無しで出品できるカテゴリになります。

例を出すと薬事法に関わるドラッグストアの商品

例2はモバイルバッテリーなどの電波を出す商品です。

PSE・Bluetoothの電波法などが絡むので、初心者の方だと参入が難しいカテゴリになるでしょう。

市場が大きい

市場が大きいと、それだけ利益が出やすい証明になります。

需要があるのか判断が容易なのも、初心者におすすめする理由の一つです。

中国輸入OEM初心者におすすめのカテゴリ3つ

結論からいうと、初心者におすすめのカテゴリは以下の3つになります。

  • 服&ファッション小物
  • シューズ&バッグ
  • スポーツ&アウトドア

何故上記3つがおすすめなのか、一つずつ解説していきましょう。

服&ファッション小物

アパレルの特徴として、輸入3定義に当てはまりやすい商品が多いです。

繊維のため、壊れる心配もありませんし、検品も見てすぐ判断できるので楽。

同じ商品でも、デザインで差別化できるので初心者でも参入がしやすいです。

こちらに関しては詳しく説明した動画を、別途あげているので参考にしてください。

また、、成功者の対談動画を上げていますので、そちらもチェックしてもらえると嬉しいです。

 

シューズ&バッグ

シューズ&バッグファッション系の分野に当てはまります。

特徴としては市場が大きく、デザイン性で差別化がしやすいです。

また、服&ファッション小物と異なるメリットとして、機能性でも差別化を図れるという点になります。

デザイン性と機能性。

2つの方向性から差別化を図ることで、ライバルに対して大きな差をつけることが可能です。

ただし、バッグの場合サイズが大きいと送料の問題が出てくるので、商品のサイズに注意を払う必要があるでしょう。

こちらも、詳しく紹介している動画があります。

シューズ&バッグの販売に、興味が湧いた方。

是非ご覧になってください。

スポーツ&アウトドア

スポーツ系全般は商品のジャンルが幅広いのが特徴です。

趣味に関連した商品が多いので、季節を問わず需要が高いことがあげられます。

釣り具のように、ニッチな商品もあるので販売商品が明確になるといったメリットが大きいでしょう。

スポーツ&アウトドアも、詳細に説明した動画が既にあげてあります。

こちらのジャンルで、攻めたいと思う方は下記動画を参考にしてください。

リサーチ方法

おすすめのリサーチ方法としては下記の2つがあげられます。

  • Amazonランキングからリサーチ
  • セラースプライトの商品リサーチ機能

Amazonランキングからのリサーチ方法

こちらはAmazonランキングの、「Amazon売れ筋ランキング」からリサーチする方法です。

スマホ版、PC版両方で100位まで見ることができるので、売れている商品を探すことができます。

こちらに関しては、リサーチの実演動画をあげているので、動画の方を参考にしてみてください。

セラースプライト

セラースプライトにはマーケット商品のリサーチ機能があります。

このリサーチは、かなり細かく条件を指定することが可能です。

始めのおすすめリサーチ条件の設定としては、下記のような設定がおすすめ。

  • 販売個数50個~
  • 販売価格1500円~3000
  • セラー最大数 1

この検索方法にすると、プライベートブランドの商品だけを炙り出すことが可能です。

更に詳しくリサーチ方法に関しては、下記の動画で説明しています。

興味が湧いた方は、是非参考にしてください。

まとめ

今回は初心者におすすめの3つのカテゴリを説明させて頂きました。

共通するものとしては、デザイン性、趣味性で差別化しやすいといった点があげられます。

販売を始めるときは、自分の興味のある分野から始めた方が続けやすいです。

興味のない分野ですと、リサーチの時点で苦痛に感じてしまう恐れがあります。

始めは無理をせず、自分のできる範囲で始めていきましょう。

今回も動画のご視聴ありがとうございました。

 

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top