Amazon販売

販売開始直後にBadレビュー!?売れる商品にするための対応・予防策5選

販売開始直後にBadレビュー!?売れる商品にするための対応・予防策5選

今回のテーマは商品を販売している中でBadレビューをつけられてしまった場合
このBadレビューで売上が落ちてしまうということがあります。

そんな場合の対応策予防策を5選お伝えさせて頂きます。

Badレビューによる販売影響

商品を販売開始して序盤でBadレビューがついてしまうとその後の売れ行きが大きく落ち込むため、
Badレビューがついた際はBadレビューの内容を分析して対応することをオススメしています。

良くも悪くもこのレビューを見て購入を決めるため、なるべくBadレビューは避けたいところです。

星マーク3つ以下が基本的なバッドレビューとなり星4以上がグッドレビューとなります。

評価基準で言うと星マーク4つ以上は確保した方が良いです。

Badレビューの内容を分析する

レビューを大きな項目で分類すると

  • 商品の不具合によるBadレビューなのか?
  • 商品には何の問題もなくAmazon側に問題があるBadレビューなのか?
  • 商品にもAmazon側にも問題がない購入者に問題がある理不尽なBadレビューなのか?

このように分けられます。

例えばAmazonの段ボールの箱が潰れていたなど
FBAに問題がありBadレビューがついたと言うものであれば、
Badレビューを削除できる場合もあります。

どういったBadレビューの内容を消すことができるのかにつきましてはこちらの動画をご覧ください。

商品の内容に関するレビューを書かれる方が多いのですが、
商品レビューを書いた人に直接交渉することができれば良いのですが、
商品レビューを書いた人を特定して連絡を取ることは難しいです。

対応策と予防策

レビューを削除する以外の売れ行きを回復させるための対応策と予防策についてお伝えします。

例えばこの名刺ケース

この場合は商品画像と商品自体のカラーが購入者の期待したものとは異なるものだったということが問題でした。

このレビューを分析すると

  • 販売者もしくは購入者に問題があるレビュー

になり、Amazon側にレビューの削除依頼をしても削除してもらえない可能性が高くなります。

また、一発目のレビューでBadレビューがついてしまうと2つ目3つ目の売上に大きく影響してくるわけです。

対応策1

ASINを削除して出品し直すことでレビューをリセットすることができます。

メリットとしては

  • Badレビューが消える
  • SEOへの影響を最小限に抑えることができる

になります。

Badレビューのある状態で全然売れないよりはもう一回リセットして出し直した方が売上を回復させる意味でも良いです。

しかし、デメリットとして

  • Goodレビューも消える
  • Amazonの倉庫から在庫を一回引き出さないといけない
  • ラベルの張り替えも必要
  • 恒久対策をしないと同じことが起こる可能性あり

このようなデメリットもあります。

バリエーションを組んでいる場合は

白と黒の商品を出品していた場合
白にBadレビューが付くと黒にもBadレビューが反映されてしまいます。

レビューの評価が共有されてしまうため、バリエーションを組んでいる場合はBadレビューがついた子
ASINを削除することで他のバリエーションへの影響を回避することができます。

対応策2

Goodレビューで中和させます。

Goodレビューを増やして下がったレビューレートを上げていくやり方です。

注意点として、レビューを書くようにお願いをして意図的にレビューを増やすと、
不審な動きをしていると見なされアカウント停止になる恐れがあります。

非常にリスクが高いためお勧めはしません。
やるのであればリスクを承知の上で最小限に留めた方が良いです。

Goodレビューを増やしたい場合はAmazon Vineを使用することで、
Goodレビューを増やしレビューレートを上げることができます。

このAmazon VineはAmazon公認のレビュープログラムです。
こちらに関しては動画をご用意しておりますのでぜひ参考にしてみてください。

予防策1

品質の良い商品を販売するということです。

  • 壊れやすいものを販売しない
  • Badレビューで指摘されそうなところは改善しておく
  • 品質の良い商品を作ってくれる工場を複数選びサンプル発注の時にしっかり確認しておく

このようなポイントに気をつけるとBadレビューがつきにくくなります。

予防策2

アフターサポートを丁寧にするということです。

不具合があった場合は連絡をしてほしい旨を記載したチラシを商品と一緒に入れておくと、
購入者がBadレビューをつける前にその問題を沈静化できます。

アフターサポートに力を入れておくことも重要になってきます。

このサポートが良ければ購入者がファンになってくれる可能性もありますので、
そうなるとブランド力が上がりメリットも大きくなります。

予防策3

しっかり検品をするということです。

検品項目はサンプル確認時にしっかり把握しておき、代行業者にも確認しておきましょう。

Badレビューが全く着かないようにすることは難しいため、その時の状況に応じて判断して、対応することが必要になります。

また、Badレビューは次回改良した商品を販売する際の参考にもなります。
その学びも次に活かしていくとブランド力向上につながりますのでデメリットだけでなくメリットにも目を向けてみてください。

まとめ

Badレビュー対応・予防策5選

暫定対策として

  • ASINを削除する
  • Goodレビューで中和させる

恒久対策として

  • 品質の良い商品を販売する
  • アフターサポートを丁寧にする
  • しっかり検品をする

今回はBadレビューがついた際の予防策・対応策についてお伝えしました。

Badレビューは今後避けられないものではあるのでついてしまってメンタルが不安定になってしまうと大変です。
しっかり学んで対応していきましょう。

URL
TBURL

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top